ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【2017年10月18日】ビットコイン・仮想通貨取引所おすすめ人気ランキング!国内14社を徹底比較!

ビットコインなどの仮想通貨取引所おすすめ人気ランキング!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【5ヶ月連続!】
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)
【3位】Zaif(ザイフ)※取引手数料マイナス0.05%キャンペーン実施中!

▼おすすめ仮想通貨ランキングはこちら
仮想通貨おすすめ人気ランキング<将来性・時価総額>【注目!】

ビットコインの仕組みやおすすめ取引所がわからない・・・

本サイトは、ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)の投資が初めての方やビットコインの仕組み・口座開設・購入方法などを知りたい方の為に作られています!

  • 「ビットコインのメリット・デメリットって何?」
  • 「どの取引所なら安心して購入できる?」
  • 「セキュリティ・詐欺は大丈夫?」

などの疑問にもお答えしていきます!

ビットコインを購入するのが初めての方へ!

特に、このサイトは“ビットコインを購入するのが初めての方”を想定して作られており、学生や社会人の方など若い方だけでなく、主婦からFX・株式取引などの投資経験がある方でも信頼できる情報を掲載しています!

時間がなく全文の記事が読めない!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「Coincheck(コインチェック)」に登録してみましょう!(オススメ!)

また、【厳選】国内取引所ランキングTOP8はこちらになります!

ビットコインってそもそも何?

 

ビットコインとは「仮想通貨(暗号通貨)」の1つで、通貨やコインと言われてるように“お金”の一つです!

「お金」であるということは「円」「ドル」「ユーロ」などの法定通貨と取引することが可能で「通貨単位」も存在します。

ビットコインの単位は、“BTC(ビーティーシー)”と表記され、現在、日本円で「1BTC=50万円台」で取引されています。

下記は、1BTCが50万円だった場合の例です。

  • 「1BTC=500,000円」
  • 「0.1BTC=50,000円」
  • 「0.01BTC=5,000円」

あくまで、ビットコインは、“仮想”でありインターネット上に存在し取引される「バーチャルな通貨」となっています。

しかし、インターネット上の買い物やデビットカードによる支払い(電気代など)にも対応している為、円やドルと全く同じ価値を持っています!

参考記事

ビットコインの価格推移

ビットコイン(BTC)の価格は、2010年5月22日に「ピザ2枚=1万BTC」の取引が成立し、”貨幣”としての価値を持った「ビットコイン・ビザ・デイ」から7年たった今でも高騰し続けています!

ピザ1枚=1000円だと計算すると、2010年「1BTC=0.2円」だった通貨が、現在では「1BTC=50万円台」と“約2,500,000倍”まで価値が上がっています!

そんなビットコインですが、取引所や販売所で簡単に購入することができます!

→今すぐビットコインを購入したい方は国内取引所ランキングTOP8を参考にしましょう!

取引所とは?

ビットコインを初めて購入する人なら「取引所って何?」と疑問を持ちますよね。

取引所とは、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせる場を提供してるサービスです。

「仮想通貨を買いたい!」と思っても、「売りたい人」が居なければ、仮想通貨を購入することはできません。

そこで取引所は、「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせ、取引できる場を提供する代わりに「手数料」を貰うことで成り立っています。

取引所での取引はオークション形式

取引所での取引は、オークション形式が採用されており、「買い手」と「売り手」に売買価格を提示してもらい、最も高く買いたい人と最も安く売りたい人の価格がマッチした時に、取引が成立(約定)する仕組みを取っています。

例えば、「1BTC100,000円なら売るよ!」という売り手と「いや1BTC90,000円じゃないと買わないよ」という買い手がいた場合、いつまで経っても取引は成立しません。

取引を成立させるには買い手が「100,000円でも良いから買う」か、売り手が「90,000円でも良いから売る」しかありません。

つまり、買い手・売り手のどちらかが相手の取引条件をのむこと初めて取引が確定します!

もし、買い手の需要が高ければ、価格は上がり、売り手の需要が高ければ価格は下がる仕組みをとっています。

参考記事

失敗しない!取引所を選ぶ時の5つのポイント

ビットコインや仮想通貨を選ぶ上で重要なポイントは下記5点になります。

1.安全性の高さ

取引所を選ぶ時に、最も重要なのは「安全性の高さ」です。

Mt.Gox社事件や仮想通貨盗難事件など、突然の取引所の倒産や盗難で「自分の大切な資産」が無くなってしまっては問題です。

大切な資産を守るのは、全て自分自身です。「自分の大切な資産」を守るためにも、取引所の「セキュリティの高さ」「倒産リスク」などは考慮しましょう!

また、盗難にあった時も、「補填してくれるか」も取引所を選ぶ上で大切な点です。

2.取引手数料の安さ

「仮想通貨を取引する際にかかる手数料が安いか」も重要な点です。

“数十円、数百円ぐらい”と思うかもしれませんが、取引額・回数によっては、年間10万以上変わってくることもあります!

最初から、手数料が安い取引所を使用していれば、“損をせず”取引することができます!

ビットコイン売買手数料

取引所 買い手数料 売り手数料
bitFlyer(ビットフライヤー)  0.01~0.15%  0.01~0.15%
Coincheck(コインチェック)  0.00%  0.00%
Zaif(ザイフ)  -0.05%  -0.05%

ビットコイン取引で最も手数料がやすいのはZaif(ザイフ)です。マイナス手数料は、ビットコイン売買が成立すると、取引額の0.05%がボーナスとして入る仕組みのことです。

参考記事

3.使いやすさ

日常的に仮想通貨の取引をするなら「使いやすさ」も大切です。

特に仕事で多忙な人なら、空いた時間に「スマホ」で簡単に取引したいですよね。

ほとんどの取引所は、スマホアプリを出していますが、中には使いにくいアプリもあります。

また、トレードする時に、素早い取引できたり、分析ツールが充実していると利益を出しやすくなるため、「使いやすさ」も取引所を選ぶ上で大切なポイントです!

4.取引量の多さ(スプレッド)

スプレッド(Spread)とは、「広がる」「差額」の意味で、仮想通貨取引で使用する「スプレッド」とは、買値(ASK)と売値(BID)の「価格差」のことです。

例えば、買値が1BTC100,000円・売値が90,000円の場合、スプレッドは10,000円になります。

売買差額で利益を出す場合、最低でもスプレッド分の利益を出す必要があり、スプレッドは小さいほど利益を出しやすくなるので、スプレッドが小さく取引量が多い取引所を選択する必要があります!

スプレッドは実質手数料

スプレッドは、実質手数料と同じです。スプレッド差100円と1000円では、売買した際の利益が900円の差が生じます。つまり、1000円のスプレッドが合った場合「1000円-100円 = 900円」の手数料を払っていると同義です。取引手数料が安い場合でも、流動性が少なくスプレッドが大きい取引所は、回避するようにしましょう。

5.取扱通貨の豊富さ

仮想通貨には「ビットコイン」以外にも「イーサリアム」「リップル」「ネム」など600種類以上の仮想通貨(アルトコイン)が存在します。

参考:アルトコインって何?

特に、短期間で資産を数倍~数十倍に増やした人が投資している人達は、このようなアルトコインと呼ばれる通貨に投資しています。

利益が大きい分、リスクも高いですが「資産を大きく増やしたい!」という方は、取扱通貨が豊富な取引所を選ぶことをおすすめします!

一般的に取引所は2~3社登録するのが普通なので、これからご紹介する取引所の中から最低でも2~3社は登録しておきましょう!

全て無料で登録できます!

【厳選】ビットコイン・仮想通貨取引所ランキング【8社】

Coincheck(コインチェック)

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェク登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

コインチェックの登録はこちら!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!今なら、最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

▼bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちら!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

※ビットフライヤーの登録方法がわからない方は「ビットフライヤー口座の作り方」の記事を参考にしてください!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitflyer(ビットフライヤー)経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

ビットフライヤーの登録はこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

▼Zaif(ザイフ)の登録はこちら!

 

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

Zaif(ザイフ)の登録はこちら!

GMOコイン

おすすめポイント

  • 東証一部上場!GMOインターネットグループが運営する取引所!
  • ビットコイン取引量に応じて、最大10,000円キャッシュバック!
  • 入出金・取引手数料が無料!

ビットコイン国内取引所のGMOコイン(旧Z.comコイン)は、“GMOクリック証券”など、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨FX・売買サービスです。

GMOコインは、取引手数料・口座開設が無料であり、本人確認が完了したや、ビットコインFX取引量に応じて最大10,000円のキャッシュバックなどがあります!

また、最近では、「イーサリアム スプレッド50%OFFキャンペーン」や「ビットコインキャッシュ 最大25,000円キャッシュバックキャンペーン」などを開始しており、様々な特典が貰える仮想通貨取引所になっています!

おすすめポイント

▼GMOコインの登録はこちら!

※GMOコインの登録方法がわからない方は「GMOコイン口座の作り方」の記事を参考にしてください!

1.入出金・取引手数料が無料!

GMOコインの1番のメリットは、入出金時や取引時にかかる手数料が「全て無料である」ということです。

特に嬉しいのが「即時入金手数料が無料」である点です。即時入金は、銀行から入金をすると、すぐに口座反映される仕組みですが、手数料が無料なので「口座残高がないけど、今すぐ買いたい!」という時に、すぐにお金を入金して取引することが可能になります!

2. ビットコインFX・現物取引料に応じて、最大10,000円キャッシュバック!

また、GMOコインなら、ビットコインFX・現物の取引量の応じて、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています!

本人確認をして口座アップグレードした後に、普通に取引するだけので、簡単にキャッシュバックを受け取ることが可能です!

3. 口座アップグレードで「30,000Satoshi」プレゼント!

また、GMOコインでは口座プランをアップグレードするだけで、「30,000Satoshi」がプレゼントされます!

「Satoshi」って何?

「Satoshi」というビットコイン単位の大きさは、下記になります。

「1Satoshi=0.00000001BTC=1億分の1BTC」

日本円で言うと“約0.005円”です。つまり30,000Sahoshiとは、約500円がプレゼントされることになります!

ノーリスクで、ビットコインをもらえるので、かなり嬉しいキャンペーンです。

GMOコインの登録はこちら!

bitbank.cc(ビットバンク)

おすすめポイント

  • 50種類以上の高機能の取引ツールを提供。
  • 国内最大級のビットコインメディアをBTCNを運営!
  • 取引手数料マイナスーボーナス0.05%!

ビットバンク(bitbank.cc)は、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所であり、国内最大級のビットコインニュースの「BTCN」を運営する信頼ある取引所です!

また、取引手数料がマナイス0.05%と取引するたびに"ボーナスが貰える"取引所です!

★口座開設も簡単!登録はこちらから!

※bitbank.ccの登録方法がわからない方は「bitbank.cc口座の作り方」の記事を参考にしてください!

ビットコイン取引手数料マイナス0.05%

ビットバンク(bitbank.cc)の最大のメリットは、ビットコインを含む仮想通貨の取引手数料がマイナス0.05%だということです。メイカーとして注文を取引板に並べた際に、手数料0.05%のボーナスを貰うことができます!

50種類以上の高機能取引ツールを提供。

ビットバンク(bitbank.cc)は、プロ向けの仮想通貨取引所です。

50種類以上の豊富なテクニカル分析に対応しており、チャートも見やすく、「トレンド線」「MACD(マックディー)」「ボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」「移動平均線」などにも対応しております!

国内最大級のビットコイン関連メディアを運営!

また、ビットバンク株式会社は、国内最大級のブロックチェーン・ビットコイン関連情報を提供している「BTCN」を運営しており、ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や相場に関する情報などを日々提供しています。

自社でメディアを運営していることは"信頼できる証"であり、取引所だけでなく「BTCN」も参考にすることをおすすめします!

bitbank.ccの登録はこちら!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

おすすめポイント

  • 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!
  • ビットコイン現物取引手数料無料
  • 業界最狭の実効スプレッド!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)」は、ビットコイン・イーサリアムをはじめてとして14種類の通貨ペア数の取引サービスを提供しており、ビットコイン取引手数料無料や、10社以上の海外取引所と接続しており、スプレッド小さいなどの特徴があります!またレバレッジ取引では最大25倍まで取引することが可能です!

おすすめポイント

▼QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録はこちら

1. 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)」では、主な仮想通貨として、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を扱っていますが、売買に関して日本円(JPY)だけでなく、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)など様々な通貨でも取引することが可能です!

2. ビットコイン現物取引手数料が無料!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)」は、ビットコイン(BTC)現物取引をする時の手数料が0.00%と無料になっています!手数料はトレード回数が多くなるに連れて利益に大きな差が生まれる為、メリットとして大きいポイントになります!

3.業界最狭の実効スプレッド

QUOINEX(コインエクスチェンジ)」は、国内・海外含めて10社以上の取引所と提携しており、スプレッドが小さいことが特徴です!

スプレッドが小さければそれだけ利益が出しやすくなるためおすすめです!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録はこちら

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

おすすめポイント

  • レバレッジ最大20倍のビットコインFX!
  • 世界最大級ビットコイン取引所OKCoinと取引!
  • 金利(スワップ)支払いが不要!

ビットバンクトレード(bitbank Trade)は、日本初の追従なし(維持率20%以下で強制ロスカット)のビットコインFXトレードに特化した、レバレッジ最大20倍のビットコイン先物取引所です!

FXトレードに特化していることにより、他の取引所には機能を備えていたり、世界最大級ビットコイン取引所OKCoinの窓口になることで、ビットコイン取引の高い流動性を確保しています!

▼ビットバンクトレードの登録はこちら!

※bitbank Tradeの登録方法がわからない方は「bitbank Trade口座の作り方」の記事を参考にしてください!

レバレッジ最大20倍のビットコインFX!

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の最大のメリットは、先程述べた通り、レバレッジ最大20倍でロングもショートも可能です。少ない資本でも効率的にビットコイン(BTC)を増やすことができます!

金利(スワップ)支払い不要!

ビットバンクトレード(bitbank Trade)のレバレッジ取引”BTCFX”は、他の取引所とは異なり”先物制度”を採用しているため、金利支払いが不要になっています!一般的に取引を開始すると、定期的に金利を払う必要がありますが、BTCFXは、金利が不要でありおすすめです!

国内最大級のビットコイン関連メディアを運営!

また、bitbank.ccも運営しているビットバンク株式会社は、国内最大級のブロックチェーン・ビットコイン関連情報を提供している「BTCN」を運営しており、ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や相場に関する情報などを日々提供しています!

ビットバンクトレードの登録はこちら!

bitTrade(ビットトレード)

おすすめポイント

  • BTC・BCH・ETH・MONAなど多彩な取扱銘柄数!
  • スマートフォンユーザー対応!外出先でも簡単に取引できる!
  • 多彩な取引ツールやテクニカル分析が可能!

BitTrade(ビットトレード)とは、ビットトレード株式会社が運営する仮想通貨取引所で、スマホ対応しているだけでなく、多彩なテクニカル分析ツールや豊富な仮想通貨銘柄を取り扱っており、ビットコインだけでなく、イーサリアム、ライトコインに加えてモナーコインも扱っています!

▼BitTradeのビットコインの登録はこちら!

 

※BitTradeの口座登録方法は「「!BitTrade(ビットトレード)口座の作り方」を参考にして下さい!

1.BTC・BCH・ETH・MONAなど多彩な取扱銘柄数!

BitTrade(ビットトレード)は、ビットコイン(BTC)だけなく、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)に加えて、国内では珍しくモナーコイン(MONA)も取り扱っており、取引通貨ペアも8種類と豊富な仮想通貨取引所になっています!

 

2.スマートフォンユーザー対応!外出先でも簡単に取引できる!

bitTrade(ビットトレード)は、スマホユーザー向けにデザインされた使いやすいデザインを提供しており、外出先などでも簡単に取引することが可能です!

3.多彩な取引ツールやテクニカル分析が可能!

bitTrade(ビットトレード)は、豊富な取引ツールやテクニカル分析に対応しており、チャートも見やすく、「トレンド線」「MACD(マックディー)」「ボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」「移動平均線」などにも対応しております!

トレーディングビューに関しては、他社と比較しても遜色ない使いやすさです!

BitTradeのビットコインの登録はこちら!

3社は絶対に取引所に登録しましょう!

上記が、筆者がおすすめする国内取引所になりますが、最初の述べた通り「2~3社は取引所に登録すること」が一番オススメです。

ただし、全ての取引所に登録するのは大変なので、「Coincheck(コインチェック)」→「bitFlyer(ビットフライヤー)」→「Zaif(ザイフ)」の3社はで登録しておきましょう!

ビットコイン(仮想通貨)についてもっと知りたい方はこちら!

ビットコインは誰が作ったの?

ビットコインは、2008年10月に、ナカモトサイト(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文によって、提唱されました。

しかし、ナカモトサトシ(日本語名:中本哲史)が、本当に日本人なのかどうかは明らかになっておらず、ビットコインの歴史上最大の謎と言われています!

ビットコインを入手方法って?

ビットコインや仮想通貨を入手するには、下記の方法があります。

  • 「販売所・取引所で買う」
  • 「誰から貰う」
  • 「マイニング(発掘)する」

ビットコインを最も安全で一番確実な方法は「販売所・取引所」で購入する方法です。銀行で外貨(ドル・ユーロ)を買うような感覚で、簡単にビットコインを購入することができます!反対に、マイニング(発掘)で入手するのは膨大なマシンパワーと電力が必要になるため、個人での参加は厳しいでしょう。

ビットコインはいくらから買えるの?

国内でビットコインを買う場合、0.0001BTCから買えるので、今なら日本円で500円程度で購入することができます!また、ビットコイン以外にも数多くの仮想通貨(アルトコイン)が存在しており、通貨によっては1円以下で購入できるものもあります!

ビットコイン単位はBTC(ビーティーシー)

ちなみに、ビットコインの通貨単位は「BTC(ビーティーシー)」と呼びます。例えば、現在の価格が「1BTC=100,000円」だった場合、下記のようになります。

  • 「0.1BTC=10,000円」
  • 「0.01BTC=1,000円」

ビットコインは、最終的な発行上限枚数が2,100億枚と決まっており、購入する人が増加するほど価格は上がる仕組みになっています!

取引所の最低取引単位

各取引所には“〇BTC購入してね”という最低取引単位が決まっています!簡単にまとめましたので、参考にしてください!

bitFlyer 0.001BTC
coincheck 0.005BTC
Zaif 0.0001BTC
bitbank.cc 0.0001BTC

ビットコイン価格はどうやって決まる?

ビットコインを含む仮想通貨というのは、株式取引やFX(外国為替証拠金取引)と同じように、取引所を通して仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」の価格(取引レート)で決定されます!

しかし、ビットコイン価格は下記5つような影響を受けやすく、利益を出すためには動向をしっかり抑える必要があります!また、株式取引のように「ストップ高い・ストップ安がない」「トレード未経験者が多い」なども、価格変動に大きな影響を与えています。

  • 国の規制
  • 各国の通貨危機
  • ハッキング
  • 開発者コミニティの意向
  • 半減期

参考:ビットコイン価格はどうやって決まる?

ビットコインのメリット・デメリットは?

ビットコインのメリットは、下記のようなものがあります。

  1. 投資対象として魅力的
  2. 送金手数料が安い
  3. 個人間の「直接」送金が可能

特に、近年ビットコインの価格が高騰してることから、一般的に、①が最も大きいメリットであることは間違いないないでしょう。

しかし、その反面、暴騰暴落を繰り返しており“通貨として使いにくいこと”に加えて仮想通貨関係の法律が整備されていないなどの課題も抱えています。詳しくは下記を御覧ください。

ビットコインおすすめ書籍が知りたい!

ビットコインや仮想通貨を理解する上で、書籍を利用するのはとてもおすすめな方法です!

下記の記事の中では、初級者~上級者までおすすめできる書籍を紹介しています!1番安い書籍だと100円なのでぜひ読んでみて下さい!

【保存版】初心者でもわかる!ビットコイン・仮想通貨おすすめ書籍7選!

ビットコインを購入するのが怖い方へ

仮想通貨を購入する時に、やはり心配なのは「詐欺ではないか?」「盗まれる可能性があるのではないか?」ということです。しかし、こちらの心配は「詐欺を見極める方法」などを理解しておけばリスクはすくないでしょう!

リスクを回避するために抑えておきたい内容を、丁寧に解説していきます。仮想通貨を購入するのが不安な方は、ぜひ読んでおきましょう!

ビットコイン市場時価総額が知りたい!

2017年9月時点で、ビットコインを含む仮想通貨市場規模は、全世界で「約17兆円」まで達しています。

2017年1月時点で1~2兆円だったのが、短期間で約10倍の成長と期待の市場になっています。

また、FX(外国為替証拠金取引)市場の取引金額5,000円兆円であり、それを加味すると最低でも10%の500兆円以上の成長が今後も見込めるでしょう!

仮想通貨時価総額ランキングの調べ方

ビットコインなど仮想通貨の「市場規模」「価格」「時価総額」「流通量」などを調べる際は、下記4サイトを利用することで可能です!

1. Crypto-Currency Market Capitalizations

https://coinmarketcap.com/」は、日本円やドルで、数百種類に及ぶ仮想通貨の時価総額、価格、チャートなどを確認することができます!

2. CoinCap

https://coincap.io/」も、上記と同じく各通貨の時価総額、価格などを確認することができます!「日本語」→「英語」など言語切替も簡単で、「iPhone」「Android」アプリもリリースしてるためオススメです!

3.CoinGecko(コインゲッコー)

https://www.coingecko.com/」は、各通貨毎に「BTC/JPY」「BTC/USD」「BTC/CNY」など法定通貨にあわせて、チャートを表示してる便利なサイトです!

4. Bitcoinchart

https://bitcoincharts.com/」は、あまり日本で使用されていませんが、全世界にある仮想通貨取引所の取引量をランキング形式で表示してくれる為、どの取引所を使用するか選ぶ際に参考にしてください!

参考:【仮想通貨】最新おすすめ人気ランキング<時価総額・将来性>

仮想通貨市場シェア率の調べ方

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどの上位仮想通貨のシェア率は「coinmarketcap.com」から確認できます!

2017年2月以降から90%以上のシェア率を誇っていたビットコインのシェア率は50%まで低下し、イーサリアムを含むアルトコインのが市場シェアが一気にに高まりました。

しかし、2017年7月のビットコインのハードフォークに伴う市場暴落以降、ビットコインのシェアは回復傾向にあります。

上位仮想通貨時価総額ランキングTOP20

ビットコイン以外にも、1000種類以上の仮想通貨が存在しており、各仮想通貨の時価総額はリアルタムで変化しています!

今回は上位20位までの仮想通貨の特徴をまとめておきます!ぜひ、参考にしてください!

順位 名前 特徴
1位  Bitcoin 【ビットコイン:Bitcoin (BTC)】
・世界初の仮想通貨(暗号通貨)
・時価総額ランキング1位!
・2010年から、価格は“約2,500,000倍”にまで高騰!
2位   Ethereum 【イーサリアム:Ethereum(ETH)】
・時価総額は現在2位(約 2 兆 3,500 億)
・2017年だけで1000円→40,000円と約40倍高騰
・スマートコントラクト技術を採用。
3位  Bitcon Cash  【ビットコインキャッシュ:Bitcoin Cash(BCH)】
・時価総額は現在3位
・2017年8月1日にビットコインからハードフォーク(分裂)により誕生
・ビットコインの8倍ブロックサイズ!送金問題を解決!
4位  Ripple  【リップル:Ripple(XRP)】
・時価総額は現在4位
・2017年には1円→55円と55倍まで高騰!
Google(グーグル)が出資したことで有名。
・金融商品の決済・送金システムとして期待(世界60社以上の金融機関が参加中
5位   Litecoin 【ライトコイン:Litecoin(LTC)】
・時価総額は現在5位。2015年から価格は約40倍まで高騰
「第2のビットコイン」と呼ばれている仮想通貨
・ビットコイン暴落時にも、価格を高騰させた唯一の仮想通貨
 6位 DASH 【ダッシュ(DASH)】
・時価総額は現在7位。1年間で40倍以上高騰!
・「匿名性の高いトランザクション形式」を採用。送金追跡不可能!
・ビットコインの10倍の速度で取引可能!送金時間は4秒!
7位  nem 【ネム(NEM・XEM)】
・時価総額は現在6位
・2017年には1XEM=0.2円→39円と100倍以上高騰!
・開発者の1人が日本人であり、国内で人気。
8位   Monero 【モネロ:Monero(XRM)】
時価総額は現在8位。1年間で100倍以上高騰!
圧倒的に匿名性に優れた仮想通貨。
・ブロックサイズに制限がなく、スケーラビリティ問題が起きにくい!
9位   IOTA  【アイオータ(IOTA)】
・時価総額は現在9位。(1年間ほぼ価格変動がない安定通貨)
・IoTに最適化された暗号通貨。送金手数料なしに送金可能
・IoTデバイスで取得したデータを安全に送信ができる!
10位  Etherum Classic 【イーサリアムクラシック:Ethereum Classic(ETC)】
・時価総額は現在10位。1年間で20倍高騰!
・DAO事件によりイーサリアムからハードフォークして誕生。
・イーサリアムと同等の性能を持つ仮想通貨で取引も活発!
11位 NEO 【ネオ(NEO)】
・時価総額は現在12位。3ヶ月で最大50倍まで高騰
・『中国版イーサリアム』と噂され注目!(旧:Antshares・ANT)
・イーサリアムベースのプロジェクトではなく”独自の技術”を採用
12位  

OmiseGo

 

【オミセゴー:OmiseGo(OMG)】
・時価総額は現在11位。3ヶ月から10倍まで高騰
・通貨や資産のタイプを問わない、「次世代の資金転送サービス」
日本人の長谷川潤氏がCEOに就任!
13位   BitConnect  【ビットコネクト:BitConnect(BCC)】
・時価総額は現在13位。6ヶ月間で100倍以上高騰!
・貸付(Lending)することで、月利40%を稼ぐことが可能
・BCCを保有しているだけでも利子が約10%前後貰える(POS配当)
 14位  LISK  【リスク:Lisk(LSK)】
・時価総額は現在15位。6ヶ月間で20倍以上高騰!
・サイド チェーンを用いたDapps構築プラットフォーム
・ネットワークの拡張性や開発の柔軟性が高く、処理速度も速い
15位  Otum  クオンタム:Qtum(OTUM)
・時価総額は現在15位。6ヶ月間で20倍以上高騰!
・サイド チェーンを用いたDapps構築プラットフォーム
・ネットワークの拡張性や開発の柔軟性が高く、処理速度も速い
16位  Hshare  【エイチシェア:Hshare(HSR)
(1年間ほぼ価格変動がない安定通貨)
・DAG(Directed Acyclic Graph)システムを使用しており、システム間での価値情報の交換が可能。
・「ゼロ知識証明」を使用。匿名性の優れプライバシー保護に優れている。
 17位  Stratis 【ストラティス:Stratis(START)】
・時価総額は現在17位。6ヶ月間で70倍以上高騰!
・開発プラットフォーム(DAPPS)であり、コンサル企業名。
・C#言語で開発しており、送金が簡単で速い。
 18位  Zcash  【ジーキャッシュ:Zcash(ZEC)】
・時価総額は現在18位。6ヶ月間で5倍以上高騰!
JPモルガンとの提携により価値が高騰!
・「ゼロ知識証明」を用いており、完全匿名性なのでプライバシー保護に優れている。
19位 Waves  【ウェーブス(WAVES)】
・時価総額は現在19位。6ヶ月間で25倍以上高騰!
・WavesはDEXと呼ばれる”分散型の取引所”で中央取引が存在しない。
・高セキュリティ、ビットコイン10倍の処理速度を担保。
20位 Steem 【スチーム:Steem(STEEM)】
・時価総額は現在20位。3ヶ月間で最大16倍以上高騰!
・SteemはコミュニティサイトSteemit..com優良コンテンツを集めることを目的としており、貢献した人にSteem power(SP)とSteem Dollars(SMD)を支払う仕組み!
21位 Tether  【ティザー:Tether(USDT)】
ドルなどの"法定通貨"を模倣してる通貨(重要)
・1USDT=1USD(米ドル)と同じ価値を持つ。
・香港企業:Tether Limitedが運営!
 22位  Bytecoin 【バイトコイン:Bytecoin(BTN)】
・時価総額は現在23位。3ヶ月間で5倍以上高騰!
・monero(モネロ)同様、匿名性に優れたオープンソースの分散型暗号通貨。
・CryptoNightアルゴリズムを採用。取引証認時間が120秒であり、ビットコインの5倍の速度。
23位 Ark 【アーク:Ark(ARK)】
・「Lisk」からフォークした通貨(改良版)。3ヶ月間で15倍以上高騰!
・8秒ブロック時間で超高速トランザクション生成可能!
・ARKShieldプログラムによる、アークに対する特別な保護層を提供します(持続的な安定供給が可能)
24位  Stellar Lemens  【ステラ:Stellar Lumens(XLM)】
・Rippleを元に開発された通貨!過去3ヶ月で10倍以上高騰。

・新興市場の金融機関や少額決済(マイクロペイメント)をターゲットに拡大。
・ステラ内では、過疎通貨XML(ルーメン)により、国境に関係なく送金などが可能。
25位 MaidSafeCoin  【メイドセーフコイン:MaidSafeCoin(MAID)】
・過去3ヶ月で50倍以上高騰。
・コンピュータの空きリソース利用してクラウドシステム構築を目指す。。シアコインやゴーレムと似たプロジェクト。
・メイドセーフ社とカナダの暗号通貨交換所でウォレットを提供するコインペイメンツ(CoinPayments)社の共同案件。
 26位  EOS イーオーエス(EOS)】
・非同期通信と並行処理を採用し、秒当たりトランザクション何百万が可能。Google5万、Facebook4万より高速。
・分散アプリケーション『EOS.IOソフトウェア』の垂直および水平スケーリングを可能にするように設計
27位 BitShares  【ビットシェアズ:BitShares(BTS)】
・3ヶ月間で最大40倍以上高騰!
・DAC(分散型自立型)の整備と構築を目的
・漫画、音楽、映像など売り手と買い手が直接販売・購入できる。
28位 TenX  【テンエックス:TenX(PAY)】
・VISAまたはMasterCardブランドで発行される暗号通貨デビットカードであるTenXカードを発行!
・使えば使うほど暗号通貨(PAYトークン)が貰える。
・TenXカードの売上の0.5%をイーサリアムで分配
29位 Auger  【オーガー:Auger(REP)】
・「占い師」という言葉が示しているように、未来予測市場のための分散型プロトコル使用!
・公正・公平な未来予測市場を実現。全自動や胴元がいない仕組みを取り入れたギャンブルが可能。
30位   Golem  【ゴーレム:Golem(GNT)】
・3ヶ月間で最大40倍以上高騰!
・余分なコンピューティングパワー(計算能力)をP2Pで取引して分散型スーパーコンピュータの実現
・イーサリアムを使用しており、送金手数料が安くマイクロペイメント(少額決済)が可能。
31位  Komodo  【コモド:komodo(KMD)】
・1年間で100倍以上高騰!
・Bitcoinレベルの高いセキュリティを担保
・アプリケーションに電力を供給し、ピアツーピア決済サービスにおける価格安定性を実現
32位 Basic Attention Token   【ベーシックアプリケーショントークン:(BAT)】
30秒で3500万ドル調達!ICO記録樹立!
・Mozilla前CEO、JavaScript考案者でもあるBrendan Eichが立ち上げた新ブラウザ「Brave」上で使用される仮想通貨!
・「ページの読み込み速度の遅延」「データ通信量の肥大化」「バッテリーの消耗」を回避し「新しいメディアマネタイズ手法確立を目的
33位  Metal   【メタル:Metal(MTL)】
・METALはProcess of Payments Processed(PoPP)と呼ばれるプロセスを通じて公平配布。お金を送金、買い物など1ドルごとにMETALで少しの報酬を配布。
・ステラ(Stellar)プロジェクトの構築に関わったMarshall Hayner率いるオールスターチームが開発。
34位   Nexus   【ネクサス:Nexus(NXS)】
1年間で100倍以上高騰!
・(Nexus Earth)の基盤を構築し、ソフトウェアとハードウェアを使用することで最も分散化されたシステムを生み出すことが目的。
・宇宙から送信するための基盤を構築するなど、航空宇宙産業内の関係を積極的に構築。
35位 Factom  【ファクトム:Factom(FCT)】
・1年間で100倍以上高騰!
・文章・契約書・貸付記録・証券・保険などあらゆる電子データの記録・管理を第三者の存在なしに、ブロックチェーン上で管理することが可能!
・個人情報や機密データが漏洩することがない!
・膨大なコスト・データ漏洩に対するセキリュティ対策が必要な機密情報を、低コスト且つ安全に管理することが可能

仮想通貨のICO(クラウドセール)って何?

ICO(Initial Coin Offering)とは、クラウドセール(プレセール)とも呼ばれており、暗号通貨のIPOのようなもので、企業やプロジェクトを発足した団体が「独自トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行して、販売することで開発費などの資金調達を行うことです!

ICOを実施する主な理由は「資金調達」です。従来、企業やプロジェクト団体が「資金調達」をするう場合、VCや銀行からお金を調達していましたが、ブロックチェーン技術を使用することで、従来のコストより安く「資金調達」をすることが可能です!

また、ICOで独自トークンを安く購入できるメリットもあり、イーサリアムのように数年で価格が2000倍以上まで跳ね上がったり、10~100倍の価格高騰も普通にあるため、数億円の利益を出す可能性もあります!

参考:仮想通貨のICO(クラウドセール)とは何か?

国内取引所の口座開設はこちら!

各取引所の口座開設や本人確認方法を掲載してるページです。随時更新していきます!

アルトコインの買い方を知りたい方はこちら

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の特徴や買い方などを一覧でまとめています!まだ、アルトコインを取引したことが無い方は、ぜひ参考にしてください!