【イーサリアム(ETH)】NASAがイーサリアム・ブロックチェーン技術の研究を開始/アクロン大学にも約3,500万円の助成金を支給

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【イーサリアム(ETH)】NASAがイーサリアム・ブロックチェーン技術の研究を開始/アクロン大学にも約3,500万円の助成金を支給

アメリカ航空宇宙局(以下、NASA)とアクロン大学(以下、UA)の研究員が、宇宙通信とナビゲーションを強化するためにイーサリアム・ブロックチェーン技術の使用を研究している。

UAの声明によると、電気・コンピュータ工学のアシスタント・プロフェッサー、ジン・ウェイ・コチシュ博士がNASAから3年間で約3500万円の早期キャリア学術助成金(ECF)を受領し、スマートコントラクトを支えるブロックチェーン技術を利用した「Resilient Networking and Computing Paradigm」(弾力的なネットワークと計算パラダイム)の研究を主導する。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ブロックチェーン技術を用いた研究はNASA史上初であり、高い期待が寄せられている

このプロジェクトでは、宇宙空間探査を行うための、イーサリアム・ブロックチェーン技術を利用した、分散型の安全でコグニティブなネットワークとコンピューティング・インフラストラクチャを開発します

とコチシュ博士は述べている。

インフラストラクチャーの弾力性を向上させるために、ブロックチェーンのコンセンサス・プロトコルを研究予定です

環境上の脅威を認識し、回避し、自動的に多数の作業を完了できる技術を開発したいと考えています

と博士は付け加えた。

コチシュ博士によれば、この技術をよく研究すれば、宇宙船はより多くの仕事を達成し、より多くのデータを収集でき、さらには科学者に環境脅威に対応する機会を与えると言う。

博士は、NASAに自身の努力を認め、研究に断固たる支援をしてくれたことに感謝を表明している。

この研究について、NASAグレン研究センターの高度通信プログラムマネージャ、トーマス・カピュラ氏は、NASAで初めての研究であり、過去にNASAが宇宙通信とナビゲーションを強化するためにブロックチェーン技術の使用を研究したことはないと述べている。

同氏は、研究は

NASAの宇宙ネットワークノード間の分散処理を安全な方法で支援し、現在および将来のネットワークを一貫した方法で統合できる、より反応が早く、弾力性があり、スケーラブルなネットワークを実現するでしょう

と明かしている。

次世代の宇宙ネットワークに貢献できる可能性は高いと期待しています。また、これらのアルゴリズムの商用システムへの技術移転も可能になるでしょう

と同氏は付け加えた。

イーサリアムは日ごとに浸透しており、イーサリアム・ブロックチェーン技術も幅広いサポートを受けている。最近の注目や提携により、うまくいけば、イーサリアムは21世紀のスマートコントラクト・プラットフォームとなるかもしれない。

参照元

https://ethereumworldnews.com/nasa-begins-research-on-ethereum-blockchain-technology/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう