【イーサリアム(ETH)】世界最大手EC企業のAmazonがイーサリアムベースのサービスの提供を発表/AWSチームがサービスの開発・提供を行う

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【イーサリアム(ETH)】世界最大手EC企業のAmazonがイーサリアムベースのサービスの提供を発表/AWSチームがサービスの開発・提供を行う

eコマース大手アマゾンのクラウドコンピューティング部門であるアマゾンウェブサービス(以下、AWS)は、Ethereum(イーサリアム)およびHyperledger Fabricプロトコルのすぐに使えるブロックチェーン・ネットワークを提供する新しいサービスを発表した。

水曜日に公開されたブログ記事で、AWSのチーフエ・バンジェリストのジェフ・バー氏は、新たに利用可能な「テンプレート」を使用して、顧客が「クリックだけで(パブリックまたはプライベートな)Ethereum(イーサリアム)または(プライベートな)Hyperledger Fabricネットワークを数分で立ち上げる」ことができると書いている。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

AWSはAmazonのビジネスの中でも特に成長している部門

同氏は以下のように説明を続けている。

テンプレートは、強固かつスケーラブルな方法で、お客様に必要なすべてのAWSリソースを作成・構成します

ブログ記事には、採掘をサポートするEthereum(イーサリアム)テンプレートの設定、ネットワーク・メトリクスを提供するEthStatsページ、元帳に入力されたトランザクションやスマートコントラクトを表示するEthExplorerツールの詳細な手順が記載されている。

AWSは、アマゾンのビジネスの中でも速い成長を遂げている部署で、2016年には55%、2017年には43%の売上増加が見られる。AWSはまた、Microsoft Azureをはじめとする他の大企業のクラウドコンピューティング部門と激しい競争を繰り広げている。Microsoft Azureは2015年にEthereum(イーサリアム)新興企業のConsenSys社と提携した際にブロックチェーンをサービスとして提供することにいち早く興味を示していた。

3月に発表されたBloombergの報告書によると、Googleも同社のクラウドビジネスでブロックチェーン・ソリューションに取り組んでいる。

AWSは2016年に、ブロックチェーンの新興企業と協力して、関係企業に専用の技術サポートとインフラストラクチャを提供することを発表していた。

今日、金融サービスでは、分散型元帳技術がイノベーションに関するあらゆる議論の最前線にあります」

と同社は当時述べている。

「AWSは革新を促し、摩擦のない実験を容易にするために、金融機関やブロックチェーン・プロバイダと取り組みを行っています

参照元

https://www.coindesk.com/aws-making-easier-use-hyperledger-fabric-ethereum/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう