【イーサリアム(ETH)】 カナダの証券取引所が仮想通貨投資ファンドのEther Capital社株の取引を開始/イーサリアムの値段も高騰の兆しを見せる

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【イーサリアム(ETH)】 カナダの証券取引所が仮想通貨投資ファンドのEther Capital社株の取引を開始/イーサリアムの値段も高騰の兆しを見せる

カナダの証券取引所が、仮想通貨投資団体であるEther Capital社の株式の取引を開始した。以前はEthereum Capitalという名称だった同社は、仮想通貨投資ファンドで、2018年4月19日にカナダのNEO Exchangeに上場を果たしている。

同社は資本を、ブロックチェーン新興企業の夢をさらに進化させることに使用すると同時に、Ether(イーサ)の購買蓄積にも利用する予定だ。Ether Capital社はイーサリアム・ネットワークを中心に据えており、イーサリアム・ネットワークの本来の価値を信じている数多くの企業と同様に、イーサリアム・ネットワーク上またはイーサリアム・ネットワーク内で活動を行っている。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

将来有望なブロックチェーン・プロジェクトのための資本提供団体として定着することを目指している

アナリストは、イーサリアム業界におけるこの新しい、貴重な活動により、Ether(イーサ)の価値高騰の可能性もあると述べている。

手続き完了と公的取引の開始は、Ether Capital社の使命において、重要な一歩です

とEther Capital社の会長兼共同執行責任者、ソム・セイフ氏は述べている。

イーサリアム・エコシステムのみに焦点を当てた初めての上場企業に投資し、業界を変える破壊的な技術を推進する機会を、投資家に提供できることを嬉しく思います

同社は約4,200万円を調達することを目指していたが、共同執行責任者ベン・ロバーツ氏によると約3,800万円を調達できた。合計調達資金の約90%がEther(イーサ)を購入するために使われる見込みだ。ロバーツ氏はどれくらいの金額がこれまでに購入されているかは述べていない。

市場がこの価値を本当に理解するまでには時間を要すると思います

と彼は認めつつ、以下のように続けている。

その功利性は2倍です。人々を市場に導き、さらに重要なことに、弊社は共同出資を作成することでコミュニティとイーサリアム・プラットフォームに立ち位置を確保できます。それをスケールアウトすることで、Consereys社のようになれるのです。Consereys社は、イーサリアムの大規模で組織的な利害関係者であり、イーサリアム・プラットフォームを使って価値を創造しています

「第一歩」として、同社はオンタリオ州証券委員会にかけあい、承認を得た。手順の2つめは、銀行と企業価値を議論し、受け入れてもらうことだった。その後、資産を安全に維持することを主な目的として保管契約が取り交わされた。

同社の株式取引開始まで1年かかっている。「企業価値(を創造する)」に尽力すると同時に有望なプロジェクトにも注目すれば、次の1、2年間の資金は確保できているだるう。同社がConsenSys社と競い合える企業になり、必要に応じてEther(イーサ)のブロック・トレーダーになりたいと考えていることは明らかだ。同社はEther(イーサ)の価値を確立すると同時に、将来有望なブロックチェーン・プロジェクトのための資本提供団体として定着することを目指している。

イーサリアム・プラットフォームに対する投資家の感情はゆっくりと確実に固まってきている

イーサリアムはカナダで始まったプロジェクトです

とロバーツ氏は述べている。

(しかし、)実際には世界の主要大都市で開発されています。今回の件は、開発をトロントに戻して技術コミュニティと金融コミュニティのギャップを埋める方法になります

Ether Capital社がアメリカで定義や取引状況など、多くの問題に巻き込まれているのとは逆に、NEO Exchangeへの上場は円滑に行われ、煩雑な規制もなかった。

多くのICOやその他の出来事がイーサリアムのネットワーク・プロトコルを最大限に活用するになるにつれ、イーサリアム・プラットフォームに対する投資家の感情はゆっくりと確実に固まってきている。それを受け、一部のアナリストは、次の大物としてEther(イーサ)を挙げている。

2018年4月22日14:20(UTC)現在、Ether(イーサ)はPoloniex取引所で$631.72(68,191円)で取引されている。

参照元

https://btcmanager.com/canadian-exchange-starts-trading-ether-capital-shares/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう