大手EC企業のアマゾンがマーケットプレイス、物流、法律機関を支援するビットコイン利用のシステムで特許獲得

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

大手EC企業のアマゾンがマーケットプレイス、物流、法律機関を支援するビットコイン利用のシステムで特許獲得

eコマースを牽引するアマゾンが最近、ユーザーがリアルタイムで仮想通貨の取引を閲覧できるストリーミングデータマーケットプレイスを設定する権限を認める特許を獲得した。

eコマースおよびクラウドコンピューティング企業アマゾンの、子会社であるAmazon Technologies社にこの特許は付与されている。この特許は、個人および企業がデータフィードを販売するためにアップロードできるシステムの詳細について書かれている。このシステムはサブスクリプションを通じてアクセス可能だ。

出願書類によれば、開発者は「リアルタイムのダッシュボードを構築し、例外を捕捉し、アラートを生成し、おすすめを活用し、そのほかのリアルタイムのビジネス上または運用上の意思決定を行うことができる」とされている。

アマゾンは、ウェブサイトのクリックストリーム、マーケティングや財務情報、製造、インスツルメンテーション、ソーシャルメディアなど、様々なユースケースの例を特許に載せている。しかし、最も重要なユースケースは仮想通貨市場だ。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

Bitcoin(ビットコイン)の追跡を可能にする複数のデータストリーム

仮想通貨の個々のデータストリームは、単体ではほとんど価値がないだろう。しかし、いったん取引データや他のソースからの情報と組み合わせると、「データストリームはより価値が高く」なるのだ。

特許には次のように書かれている。

Bitcoin(ビットコイン)取引を受け入れる、家電量販店やインターネットの小売店の集団は、Bitcoin(ビットコイン)アドレスと相関する配送先住所を有している可能性があります。家電量販店は、発送先住所とBitcoin(ビットコイン)の取引データを組み合わせて、相関データを作成し、結合データを結合データストリームとして再利用することができます

特許はさらに、法執行者に対するマーケットプレイスの潜在的な魅力についても述べている。

アマゾンによれば、このシステムで、法管轄の異なる地域にまたがる国際的なBitcoin(ビットコイン)支払いを受け取れるようになるため、法律機関も消費者になること可能性がある。さらに、システムは特定のBitcoin(ビットコイン)アドレスに対応するISP情報を有する取引データを使用している。そのため、「犯罪者」と注意書きされたアドレスを追跡することも可能になるかもしれない。

データマーケットプレイスはギガバイトあたりのすべての取引詳細を提供できるため、政府機関が閲覧する際には追加の情報は必要がない。

非分散型の数兆円企業としての優位性はあるものの、アマゾンがこのマーケットプレイスを実現すれば、分散型の物流や法制度を構築している他のブロックチェーンの新興企業との苛烈な競争が巻き起こるだろう。

特許の出願によって企業は特定の製品や機能の所有権を有することができるため、歴史的に、企業は特許で競合他社に対する競争優位性を獲得してきた。特許は通常、企業独自の販売計画に基づいて申請されており、特許はその企業に顧客を引き付ける材料になる。

2018年に発行される仮想通貨関連の特許が増えることは良い兆候であり、仮想通貨とブロックチェーン技術に対する政府の理解の向上を意味している。

アマゾンが仮想通貨取引のストリーミングを実装した場合には、多くの伝統的な企業がその例に倣うだろう。その市場の評価は数百兆円にものぼるはずだ

参照元

https://btcmanager.com/amazon-wins-bitcoin-patent-system-to-help-marketplaces-logistics-and-law-agencies/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう