デジタル投資銀行CoinShares社のCEOダニエル氏が「仮想通貨市場は新たな高みにまで昇りつめる」と発言/現在における仮想通貨市場は約43円に成長

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

デジタル投資銀行CoinShares社のCEOダニエル氏が「仮想通貨市場は新たな高みにまで昇りつめる」と発言/現在における仮想通貨市場は約43円に成長

長年Bitcoin(ビットコイン)に対して強気な姿勢を見せている、JPモルガンのOBで、現在はデジタル投資銀行CoinShares社のCEOを務めるダニエル・マスターズ氏が、仮想通貨市場は新たな高みにまで昇りつめるだろうと予測している。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

マスターズ氏はブルームバーグに対し、

金融エコシステム全体の5%に当たる仮想通貨が生じたとしても、市場は今日よりもずっと大きくなるでしょう

と語っている。

CoinMarketCapによると、仮想通貨全体の時価総額は現在、約43兆円の規模がある。しかし、将来的に市場が成長する値に比べれば、現在の数値は大海の一滴に過ぎない、とマスターズ氏は予測する。

マスターズ氏は、Centra Tech社の35億円の詐欺など、偽のICOがトップニュースを飾り、「腐ったリンゴ」をメディアが多く取り上げていることから暗号通貨に対するネガティブなイメージが強くなっていると述べている。潜在的な詐欺を除外する「多段階のスクリーニングプロセス」を通じて詐欺を行えるのは、小規模ICOの3%未満に過ぎないと同氏は指摘する。

グローバル・アドバイザーズの最高投資責任者でもあるマスターズ氏は、1990年代にはJPモルガンのニューヨークのエネルギー取引業務を担当したあと、自身のコモディティ・ファンドを設立した。同氏は、Bitcoin(ビットコイン)の価格が$325(35,469円)から$800(87,308円)の間をさまよっていた2014年に投資を始め、一度も投資をやめたことがない。

マスターズ氏は以前、伝統的な金融サービスとデジタル新興企業の間に起こっている目に見えない「塹壕戦」があるため、JPモルガンのような大手投資銀行は、仮想通貨業界を最初は退けていたと述べている。

アナログ金融サービス会社とデジタル金融サービス会社の間では、私が「塹壕戦」と呼んでいる戦いが存在しています

とマスターズ氏は、2018年2月にBusiness Insiderに語っている。

アナログ金融サービス会社は仮想通貨業界には進出していません。彼らはコア通貨、つまり、Bitcoin(ビットコイン)やEther(イーサ)には、手を出したくないのです。彼らは仮想通貨業界自体に疑念を抱いています。多くの人は、仮想通貨業界は犯罪事業であり、ネズミ講や詐欺だと思っています

伝統的な金融機関は規則に縛られて改革に失敗した

ダニエル・マスターズ氏は、主要投資銀行の仮想通貨に対する集団的抵抗により、新興産業が伝統的な銀行業務を時代遅れにしてしまう恐れがあると述べている。

銀行は30年にわたって自らの栄光に胡坐をかいていました。私はもう諦めました。まるで1985年とまったく同じことを繰り返しているかのようです。(銀行は)いかなる方法、組織的、形式上の改革も全く行うことができず、今、そのつけを払っているのです

マスターズ氏は、伝統的な金融は規則に縛られ過ぎていて、「誰も仕事を楽しんでいない」と述べている。対照的に、分散化された、ほとんど規制がない暗号通貨業界は新鮮でエキサイティングで革新的だ。

伝統的な銀行が仮想通貨に対してはじめに抱いていた疑念にもかかわらず、デジタル資産は徐々に求心力を増している。CBOE(シカゴ・オプション取引所)とCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が最近Bitcoin(ビットコイン)先物取引を導入し、ゴールドマン・サックスもBitcoin(ビットコイン)取引デスクの立ち上げを検討していると伝えられている。

仮想通貨新興企業のためにウォールストリートを捨てる

同様に、ウォールストリートの伝統的な金融の仕事を捨てて、仮想通貨関連の新興企業に参加する投資銀行のベテランが急増している、とBTCManagerは報道している。

ペンシルベニア大学ウォートン校やスタンフォード大学など、多くの有名ビジネススクールでは、Bitcoin(ビットコイン)、ブロックチェーン、および仮想通貨市場などの授業の提供を拡大しているが、これは、特にベンチャーキャピタルからの社員募集が急増しているためだ。

この分野を学びたいと考えている人は大勢います

とウォートン校のケビン・ウァーバック教授はCNBCに語っている。

近い将来、ビジネスには本当に驚くべきことが起こるでしょう。そして5年後には、同様の講義を提供していない大手ビジネススクールは数えるほどになっているはずです

参照元

https://btcmanager.com/cryptocurrency-market-will-be-much-bigger-than-it-is-today-says-jpmorgan-alum/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう