シリコンバレーの名門ベンチャーキャピタルA16Z社が仮想通貨ヘッジファンドを間もなく開設

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

シリコンバレーの名門ベンチャーキャピタルA16Z社が仮想通貨ヘッジファンドを間もなく開設

シリコンバレーのベンチャーキャピタルAndreessen Horowitz社(別名A16Z社)は、独自の仮想通貨ヘッジファンドを開設するための道を切り開いている。大胆な開発は、80以上のアメリカ国内のICOと仮想通貨投資会社に送られた呼びかけから始まった。

A16Z社の共同設立者マーク・アンドリーセン氏は、仮想通貨部門に強い関心を示している数少ない機関投資家の一人だ。アンドリーセン氏は仮想通貨に慣れ親しんでいる。会社としてもコインベース、Chia社、Earn.com社に投資し、同氏自身も最近になってアメリカの仮想通貨取引所に参加し、発展を妨げるおそれのある米国証券取引委員会(以下、SEC)のデジタル資産の混乱した分類に抗議している。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

投資金融機関の1/5が1年以内に仮想通貨の売買を計画している

A16Z社の公式ページ上の社員募集要項によれば、カリフォルニア州メンローパーク事務所では「暗号資産」を担当する「財務・業務マネージャー」と「弁護士」を募集している。

弁護士の募集要項には仮想通貨市場の規制の複雑さを中心とした役割が詳述されており、A16Z社が規制の完全準拠に熱心であることが分かる。

同様に、財務・業務マネージャーに応募する候補者は、デジタル資産の評価と取引を行い、顧客に対して賢明な投資についてコンサルティングを行うという、非常に重要な役割を担う必要がある。

BTCManagerがTradelize社のCEOアントン・ザポルスキ氏にインタビューを行っている。Tradelize社は仮想通貨取引や仮想通貨投資を行う機会を簡単に得られるツールを提供している。ザポルスキ氏は、ブロックチェーンと仮想通貨関連の開発のためのイニシアチブを取っているベンチャーキャピタルファンドは、ブロックチェーン業界にさらなる牽引力を生むと考えている。

この1ヶ月は、ウォールストリートと仮想通貨にとって素晴らしいものでした。ジョージ・ソロス、VenRock社、さらにはAndreessen Horowitz社と続いています。これは、投資機会としてのデジタル資産の潜在的可能性を示しています

当然のことながら、成功しているアメリカ人投資家や機関投資会社の多くは、法的論争があるため仮想通貨への投資には積極的ではない。しかし、潜在的な高い報酬と力強い未来に惹きつけられた、積極的でリスクを取ることを恐れないファンドは仮想通貨に投資を行っている。

複数の伝統的なベンチャーキャピタルファンドは、Polychain Capital社やPantera Capital社などの仮想通貨ファンドに資金を投入することを選択しており、中にはリスクの高いICOに投資することを選択したファンドもある。報告書によると、ファンドは主にETH(イーサリアム)を基本通貨として使用しており、市場が買いになった際に他のアルトコインやICOにも手を広げている。

報告書によると、機関投資会社の5社に1社が暗号通貨取引の準備を整えている

トムソン・ロイターの報告書によると

投資金融機関の5分の1ほどが今後12ヶ月以内にデジタルトークンの売買開始を計画している。2018年に参加予定の機関のうち、およそ70%が3〜6ヶ月以内に売買を開始しようとしている

400人の回答を照合したこの調査では、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、そしてXRP(リップル)が、市場優位性と世評のためか、組織レベルで優位を占めていることが判明した。

2017年後半に、ピーク時には$20,000(2,184,410円)まで達しようとしていた、Bitcoin(ビットコイン)の有名な急騰の後、市場には大勢の関心が集まった。おそらく、これに最も魅了された分野は、伝統的な銀行業だろう。伝統的な銀行業では、1年で10%の収益は驚異的と考えられている。これとは対照的に、仮想通貨においては、トレンドのある市場で1時間に10%の収益をもたらすこともある。

参照元

https://btcmanager.com/silicon-valley-firm-a16z-to-open-a-crypto-hedge-fund-soon/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう