NASDAQ(ナスダック)が仮想通貨取引所の開設を示唆/Gemini取引所との提携も発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

NASDAQ(ナスダック)が仮想通貨取引所の開設を示唆/Gemini取引所との提携も発表

NASDAQのCEOによれば、仮想通貨業界が成熟した暁にはNASDAQでのBitcoin(ビットコイン)をはじめとした仮想通貨の取引の可能性もあるそうだ。

NASDAQはいつか仮想通貨取引所になることを検討するでしょう

と水曜日にNASDAQのCEOであるアデナ・フリードマン氏はCNBCの番組「Squawk Box」で語っている。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ナスダックはGemini取引所との提携も発表

NASDAQや他の機関投資家にとって重要なのは規制だ。フリードマン氏はNAXDAQが取引所を追加するためには規制が欠かせないと述べている。しかし、同氏は、デジタル資産の将来については楽観視している。

しかし、フリードマン氏によると、取引所へ追加するには仮想通貨業界はまだ十分に成熟していない。仮想通貨は「アーリー・インプリメンテーション」の段階にあり、「大きなハイプ・サイクル」のただなかにある。

仮想通貨は存在し続けると思います。市場が成熟するのも時間の問題です

とフリードマン氏は言う。

それまでは、NASDAQは既存の仮想通貨取引所をサポートする。

水曜日にNASDAQはGemini取引所との提携を発表した。Gemini取引所は、Bitcoin(ビットコイン)の初期の頃からの投資家であるウィンクルボス兄弟(タイラー氏とキャメロン氏)が設立した仮想通貨取引所だ。2社の提携により、Gemini取引所はNASDAQの監視技術を利用できるようになり、取引所は公平な「ルールにのっとった」市場を顧客に提供できる、とCEOのタイラー・ウィンクルボス氏は述べている。

フリードマン氏は仮想通貨の将来を前向きにとらえているが、ICOに関してはあまり前向きではない。

私は、ICOは規制しなくても良いと考えています。ICOは証券の募集であり、そのように規制されるべきである、という米国証券取引委員会の見解は正しいと思います

参照元

https://ripplenews.tech/2018/04/27/nasdaq-ready-introduce-cryptocurrency-trading-regulated/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう