中国最大手EC企業のアリババがサプライチェーンの向上にブロックチェーンを利用/成功すればアリババの全ECに導入も

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

中国最大手EC企業のアリババがサプライチェーンの向上にブロックチェーンを利用/成功すればアリババの全ECに導入も

阿里巴巴集団(以下、アリババ)が、商品が本物であることを確実にし、サプライチェーンの完全性を向上させるために、ブロックチェーン技術のイニシアティブを開始した

「Food Trust Framework」はグローバルなTmall(天猫)のイニシアティブで、アリババの国際的なインターネットショッピング・モールTmallにおける消費者信頼感を強化し、世界的な信頼感と透明性を確立することを目指している。

このイニシアティブは、独自のQRコードでのコーディングや、ブロックチェーン技術での製品コントロールを含む、基準と管理を具体化する。その目的は、輸送の最中に、製品が本物であることを証明し、記録し、配達することにある。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

食品会社の40%が現在の商業モデルでは食品偽装を検知するのは難しいと課題感を感じている

同イニシアティブは、オーストラリアのビタミン剤ブランドであるブラックモアーズ、ニュージーランドの牛乳ブランドであるフォンテラ、オーストラリア・ポスト(オーストラリア郵便公社)、ニュージーランド·ポストと共同で開始されたテスト・プログラムで、プライスウォーターハウスクーパース(以下、PwC)がコンサルタントを務める。

同プログラムは、Tmallを通じて国際注文されたブラックモアーズの匂いのない魚油製品や、フォンテラのAnchorブランドの乳製品を、中国に輸送する場合にも利用される。

成功すれば、「Food Trust Framework」はアリババ・グループの全オンラインショッピングサイトの国際的なサプライチェーン・モデルの基礎となるだろう。

この動きは、多くの成功を収めているアリババが、国際的な評判を獲得するために自社のプラットフォームに対する消費者とサプライヤーからの信頼感を向上させようしている試みの一部だ。

このイニシアティブは、アリババのライバルである京東商城(以下、JD.com)が昨年開始したプログラムとよく似ている。JD.comは、IBM、ウォルマート、清華大学国立研究所のeコマース技術研究所と共同でプログラムを開発し、中国での食品と安全性の追跡を向上させるべく「Blockchain Food Safety Alliance」(ブロックチェーン食品安全同盟)を立ち上げた。先月には、JD.comは農企業であるInterAgri社と、中国内で販売される食肉を追跡するためのプログラムも開始している。

オンラインショッピングが拡大するに従い、食品偽装の懸念も増加している。PwCによると、食品会社の40%が現在の商業モデルでは食品偽装を検知するのは難しいとしており、39% が自社商品の偽物は簡単に作れると感じている。

アリババ・グループTmall輸出入の総責任者であるアルヴィン・リュー 氏は次のように述べている。

食品偽装は国際的に重要な課題であり、特にサプライチェーンが複雑化するにしたがってさらに挑戦的に課題になっています。その解決策として弊社は、可視性を高め、消費者と商店主からの信頼を向上するために、サプライチェーンに関わる関係者を巻き込んで、調和して機能する世界有数の強固な構造を作り上げました

ブラックモアーズの最高業務責任者リチャード・ハンフリー氏は

ブラックモアーズは、サプライチェーンの可視性を高めるために最大限のことを行っています。また、弊社の製品は、販売前に30ものテストや検品を受けています

と語る。

弊社製品の対するお客様の信頼感を一定以上に保つために、技術やデータを利用する方法を探求しています。弊社の品質に対するコミットメントは配送センターで終わることはありません。我々は、オンラインでお客様が購入した製品にも信頼感を持っていただけるようにしたいと考えています

また、フォンテラ中国の社長クリスティーナ・ジュ氏は次のように述べている。

ブロックチェーンを含む新進気鋭の技術の潜在能力を利用することで、我々はサプライチェーンを通して食品の品質と安全性の基準作成の先頭に立ちたいと考えています

中国や他の市場で、消費者がオンラインで購入した食品を追跡したがっていることを承知しています。そのため、食品会社の評判を守り、消費者に価値や信頼感を提供できる、モデルとなるような国際的な枠組み作りを、弊社は歓迎します

参照元

https://ripplenews.tech/2018/05/03/alibaba-is-using-blockchain-to-improve-consumer-confidence-and-fight-food-fraud/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう