韓国の中央銀行がキャッシュレスな社会創生にブロックチェーンを利用/仮想通貨を研究する特別機関も設置

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

韓国の中央銀行がキャッシュレスな社会創生にブロックチェーンを利用/仮想通貨を研究する特別機関も設置

韓国の中央銀行である韓国銀行(以下、BOK)が、同国でキャッシュレス社会を創生する新プロジェクトに仮想通貨とブロックチェーン・アプリケーションの採用を公式に検討しているという発表を行った。

この情報は韓国の報道機関TokenPostが報じたもので、中央銀行は現在、完全に現金利用のない社会に向けて投資を行っていると伝えている。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

韓国銀行は仮想通貨を研究する特別機関をすでに設立している

報道によると、BOKは同行の「2017年の支払い報告書」でキャッシュレス社会の新たなパイロット・プロジェクトを公式に開始することを発表している。報告書には、ブロックチェーンおよび仮想通貨の可能な利用方法を探求する、同行の戦略が詳細に書かれている。

このパイロット・プロジェクトの枠組みの中では、顧客は毎日の取引のおつりを預金することができ、プリペイドカードやモバイルカードに入れることができる。この金額はコンビニエンスストア、ディスカウントショップ、百貨店などで利用することが可能だ。

BOKは、この新規プロジェクトの主な目的は、顧客への高い利便性の提供と同時に、現金の発行にかかるコストの削減にあると報告している。公式情報によると、韓国は物理的な通貨の発行に、2016年にはおよそ51億円の費用を費やしていた。

加えて、BOKは、仮想通貨を研究し、仮想通貨の類が韓国の金融システム全体にどのような影響をもたらすかを分析する目的で、特別機関をすでに設立している。新韓金融投資のカク・ヒョンス氏は新技術について公式見解を表明し、地下経済を解放する助けにもなり、ひいては税金にも同等の増加が見込めると述べている。

公式発表は、政府の計画通り、同国の物理的な金銭の漸次廃止を2016年に開始し、2020には完全なキャッシュレス社会になる計画を再確認している。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/05/03/central-bank-korea-use-blockchain-create-cashless-society/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう