仮想通貨のATM台数が608台から2917台に急成長/数年以内にブエノスアイレスに4,000台設置へ

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

仮想通貨のATM台数が608台から2917台に急成長/数年以内にブエノスアイレスに4,000台設置へ

608から2917、これは世界のATM台数の成長数である。この数字は今後も成長し続けるだろう。たとえば、Odisseyグループだけを見ても、数年内にブエノスアイレスに4,000台の仮想通貨ATMの設置を企んでいる。

仮想通貨ATMの世界での立ち位置はどのようなものだろうか。Coin ATM RadarのWEBサイトから報告書を見てみよう。

アメリカが第一位、イタリアはフランスをしのぐ

世界の仮想通貨ATM、2917台のうち、1721台がアメリカに設置されており、割合にして75.4%を占めている。そのうちの151台がニューヨークに設置されており、シカゴ(149台)と1位を競っている。アメリカの次にはヨーロッパが続き、世界の仮想通貨ATMのうち21.22%が旧大陸にある。

3位にはオーストラリアの160台、4位にはイギリスの124台と続き、5位にはチェコの46台が来ている。スペインとロシアはともに43台。スイスとオランダも同率(25台)だ。イタリア(23台)は、仮想通貨ATMを2台しか設置していないフランスよりも設置台数が多い。仮想通貨とブロックチェーンの主導国を目指しているにも関わらず、マルタには3台しか設置されていない。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

1448台でアルトコインを扱っており、平均的な手数料は8%で取引されている

Coin ATM Radarの統計は、世界で仮想通貨ATMがどのように展開しているかが理解できる重要なデータも提供している。

平均的な手数料は8%である。この数字は仮想通貨を購入できる1849台のATMと、販売が可能な795台に基づいて計算されている。ほとんどの仮想通貨ATMでBitcoin(ビットコイン)の取引ができ、分析によると99.8%が対応している。

全体のうち1448台はアルトコインを取り扱っている。Litecoin(ライトコイン)(1360台)、Ether(イーサ)(787台)、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)(279台)、Dash(ダッシュ)(279台)、そしてZcash(ジーキャッシュ)(39台)、Monero(モネロ)(32台)、Dogecoin(ドージコイン)(24台)の取り扱いもある。

Coin Atm Radarは続いて、仮想通貨ATMを製造・設置する業界の大手も取り上げている。

市場の33.46%はサンディエゴのGenesis Coin社が手掛けている。プラハに本社を置くGeneral Bytes社が28.08%のシェアで続く。General Bytes社はフロリダにも支店を構えている。3位はニューハンプシャー州マンチェスターで設立されたLamassu社(11.69%)で、またもやアメリカの企業が名を連ねた。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/05/06/updated-statistics-numbers-crypto-atm-world/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう