世界最大監査法人PwCが中国のブロックチェーン・サービス・プロバイダに出資/時価総額15位のVeChainへも注力か

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

世界最大監査法人PwCが中国のブロックチェーン・サービス・プロバイダに出資/時価総額15位のVeChainへも注力か

世界で最も大きい国際監査・コンサルタント企業の1社であるプライスウォーターハウスクーパース(以下、PwC)が、VeChain Global Technology Holding Limited(以下、VeChain社)の少数株主持分の取得を発表した。VeChain社は中国の技術的新興企業であり、ブロックチェーン・サービスを提供する。VeChain社は主に、偽造防止とサプライチェーン管理、Internet of Things(IoT)に特化している。

この分野の専門家によれば、PwCの今回の投資の目的は、近い将来にVeChain社のソリューションを自社インフラストラクチャへ統合することにある。同社のこの長期的な企業目的と今後の統合には、VeChain社の仮想通貨の利用が必要だ。VeChain社の仮想通貨を利用すれば、プラットフォームで適切な処理を実行できるのである。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

VeChain(ヴィチェーン)とは世界で15番目の仮想通貨

VeChain社のシステムを利用することで各製品にプライベートキーを作成できるため、配布プロセスを通じて製品のマッピングが可能になる。VeChain社もまた、PwCの投資からメリットを得られる。PwCの投資により、VeChain社は、現在同社がターゲットとしている香港や東南アジアなどの新しい市場に拡大することができる。

時価総額で言えば、VeChain(ヴィチェーン)は世界で15番目の仮想通貨である。さらには、VeChain Thor ブロックチェーン・メインネットが今年6月中旬にローンチ予定であることも発表されている。この発表から業界の専門家やファンは、VeChain(ヴィチェーン)の将来有望で興味深い将来だけでなく、同社からの今後のアップデートを心待ちにしている。

デロイト、KPY、KPMGなどと並ぶ世界最大の税務会計企業であるPwCは、業界でも新技術をいち早く取り入れる企業の1つとして有名だ。同社は、顧客の請求書決済にBitcoin(ビットコイン)の受け入れを公式に表明した、2番目の巨大専門職サービス企業でもある。最初に受け入れを表明したのはアーンスト・アンド・ヤングだった。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/05/06/pwc-invests-chinese-blockchain-service-provider/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう