中国が公式に仮想通貨ランキングを発表、Ethereum(イーサリアム)が1位に/ネオ(NEO)やスチームが躍進

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

中国が公式に仮想通貨ランキングを発表、Ethereum(イーサリアム)が1位に/ネオ(NEO)やスチームが躍進

中国が2018年5月17日に、政府としては初めてとなる、ブロックチェーンと仮想通貨のランキングを公式に発表した。このランキングは、中国政府が計画する、勃興したてのデジタル資産クラスに対する規制制定の第一歩だ。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

Ethereum(イーサリアム)が一位、Bitcoin(ビットコイン)は13位

中華人民共和国工業情報化部のWEBサイトに掲載されたレポートによると、アジアの大国は3つの要素に基づいて、28の仮想通貨を分析し、公式なランキングを発表した。3つの要素とは、基盤となる技術、プロトコルの独創性、そして適応性である。

結果は、スマートコントラクトのプラットフォームであるEthereum(イーサリアム)が、技術評価指標の総合評価129.4で仮想通貨の一位に輝いた。

Bitcoin(ビットコイン)は13位にランキングされており、技術点は低めの39.4、適応性は13.1だった。低い点数にも関わらず、仮想通貨のパイオニアであるBitcoin(ビットコイン)は独創性では最も高い点数を得ており、これはBitcoin(ビットコイン)がすべて(ブロックチェーンや分散型のムーブメント)の始まりになったこと、そしてそれを最初に実現した事実に基づいている。

ランキングは発表されたものの、ランキングの基準や方法は明らかにされていない。当局がどのような基準でこれらの数値をたたき出したかは推測するしかない。発表に続いて、ブロックチェーン技術に関する国のガイドラインが制定される予定で、国営の経済参考報によると2019年に完成することが期待されている。

関心の薄いアルトコインが高いランキングを得る

ランキングでは、中国政府が採用の将来性に目を付けた、人気の薄い仮想通貨が高い評価を得ていた。ランキング第二位には分散型のコンテンツ収益化ブロックチェーン・プラットフォームのSteem(スチーム)が入っている。Steem(スチーム)はEthereum(イーサリアム)よりも高い技術評価を得たが、適応性では低い評価となった。しかしながら、Steem(スチーム)はおそらく革新的なブロックチェーンのグラフェン構造のおかげで、副指数である「ベースとなる技術」で最も高い82.7を得ている。

【ツイッターの投稿】
CryptoManiac@HappyWithCrypto
2018年5月17日15:36
見逃した方のために。中国の中国電子信息産業発展研究院(CCID)が https://twitter.com/search?q=%24crypto&src=ctag で独自の格付けを発表しました。

3位にはLisk(リスク)が総合指数104.8、副指標はそれぞれ、技術指数64.4、適用性20.9、独創性19.5を得てランクインした。

4位には中国「独自」のブロックチェーン・ネットワークであるNEO(ネオ)がランクインした。NEO(ネオ)は常にEthereum(イーサリアム)と比較されている。親会社であるOnchain社は中国政府と近い。その評判にも関わらず、政府は同社の仮想通貨に高い評価は与えず、Ethereum(イーサリアム)と比較して非常に低い評価を下している。驚いたことに、NEO(ネオ)は「独創性」でBitShares(ビットシェアーズ)に続く2番目に低い評価を得ていた。

しかしながら、この自動化されたスマートコントラクトのプラットフォームは「適応性」では、26.6と、Ethereum(イーサリアム)の23.7を抑えて、最も高い評価を得ている。この評価点で3位に入ったのはQtum(クアンタム)で、もう一つの中国のブロックチェーン・プロジェクトが適応性の副指標で22.8を得た。

格付けに見る隠れた意味

世界的に見ると、中国のブロックチェーン・アプリケーションは最も多くの特許を申請している。しかし、今回のランキングを見ると、中国政府が必ずしも自国のプロジェクトを高く評価していないことが分かる。これは、中国がブロックチェーン技術の分野では遅れていることを示唆している。

しかしながら、この指標を毎月更新することで、中国政府はブロックチェーン技術開発の状況を完全に把握し、全体的にプロジェクトの進捗状況を追跡することができるようになる。

禅の境地にいる投資家やトレーダーは、「革新」の指標に注目するとよいかもしれない。BTCManagerの2017年1月の報道によると、仮想通貨のリターンの主な要因は革新の可能性だと研究結果が示している。

参照元

https://btcmanager.com/china-officially-issues-cryptocurrency-rankings-ethereum-bags-first-place/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう