ノルウェー中央銀行が独自のデジタル通貨を開発/貨幣制度に対するソリューションを探す

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

ノルウェー中央銀行が独自のデジタル通貨を開発/貨幣制度に対するソリューションを探す

ノルウェーの中央銀行であるノルウェー銀行が独自のデジタル通貨の開発を計画していることを最近明らかにした。情報源によると、新たな通貨は現金を補うもので、その主な目的は貨幣や貨幣制度に対する信頼感を確実にすることにある。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ノルウェー銀行総裁が世界中で貨幣制度に対する将来のソリューションが考慮され始めたとの見方

ノルウェー銀行の作業部会は、中央銀行の新たなデジタル通貨の発行プロセスの査定を行うと同時に、考慮すべき側面をすべて調査するために、研究を行っている。新たなデジタル通貨(CBDC)には次の3つの主要な妥当性を有する予定だ。

  1. 民間銀行の預金に対する信頼できる代替案の導入
  2. 新通貨は、現金を補うための適切な法定通貨となる
  3. 電子決済システムのための独立したバックアップソリューションとなる

ノルウェー銀行の総裁オイスタイン・オールセン氏は、世界で現金の利用を拒否する最近の傾向が、「効果的で強固な支払いシステムと、貨幣制度に対する信頼感」の将来のソリューションを考慮し始めた理由だとしている。

情報源によると、ノルウェー銀行は、CBDCの基礎は自行または他の金融機関の信用を提供する能力を妨げるものではないとしており、また、需要がある限り現金の発行を続けるという。

作業部会の研究の第一段階はすでに完了している。第一段階の結果として、作業部会は最初のサマリーを発行し、

ノルウェー銀行がCBDCを導入するイニシアチブをとるべきか、結論を下すには時期尚早です。CBDCの影響と社会経済的な費用対効果の分析は特定のデザインに左右されます。同様に、そのデザインはCBDCを導入する目的に左右されます

と述べている。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/05/22/norway-central-bank-develop-digital-currency/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう