【ICO】高配当を実現!マイニング市場からBTCを健全化する注目プロジェクト『REGAIN』がICOを開始!トークンセール第2弾の参加方法なども解説

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【ICO】事前購入希望者が殺到の人気ICOプロジェクト『REGAIN(リゲイン)』のトークンセール第2弾の参加方法を解説!

ビットコイン市場の安定化をマイニング市場の健全化によって実現させることを目的とした『プロジェクトREGAIN』をご存知でしょうか?

プロジェクトREGAINはビットコイン初期時代からマイニングをしてきたASIC技術の専門チームで運営されており、このチームは世界最高水準のマイニングマシン「ASIC-HARDMiner3.2」を開発したチームでもあります。

本プロジェクトはそのチームがマイニング市場のシェアを80%以上獲得をし、ユーザー主導で行うビットコイン市場を安定化を目的に立ち上げたものであり、トークンセール第1弾も好評に終わった有望プロジェクトです!

今回は、プロジェクトREGAINが発行している独自トークンREGのトークンセール(クラウドセール)の参加方法をご紹介していきます!

※プロジェクトREGAINのICOトークンセール第2弾は、パブリックセールとして6月1日〜から始まります。先行登録を早めに済ませておきましょう!

プロジェクトREGAINトークンセール参加はこちら

プロジェクトREGAIN(リゲイン)の特徴

プロジェクトREGAINは2015年7月に元IBMのダン・アフレック氏が立ち上げたREGAIN社のプロジェクトです。マイニング業界の一線で活躍するASICの専門チームにより開発されたマイニングマシーンで通常より作業効率を大幅にアップし、すでにマインング業界で実績を残してきており、優れた開発力を持つプロジェクトになっています。

  • マイニングマシン業界の初期から活躍する技術専門家によるチーム
  • 1秒間に16.6兆回計算が可能な「ASIC-HARDMiner4-1」の開発完了
  • マイニングプールによる機材投資費用負担がゼロ
  • マイニングマシンの稼働率をリアルタイムで監視し、安定した稼働を実現
  • 管理用アプリケーションの導入により機能の追加や操作性の向上を遠隔で実現
  • 常に最新のマイニングマシンにバージョンアップしていくことで永続的な報酬の確保が可能

世界最高峰のマイニング技術を誇るチーム

プロジェクトREGAINはビットコインのマイニングが個人のCPUで出来た時代からASICを用いてのマイニングへと変わっていく中で、常に第一線で活躍していたメンバーがコアメンバーとして参画しています。

特にREGAIN社CEOのダン・アルフレック氏は、ASIC技術のパイオニアであり、REGAIN社を立ち上げる以前はAntpoolというマイニング市場でナンバーワンのハッシュレート率を維持するチームを牽引していました。そのダン氏がマイニングマシン業界に置いて数多くの実績を出したチームで望むのが今回の『プロジェクトREGAIN』です。

HARDMinerの特徴

HARDMinerは他社のマイニングマシンと比べて重要な「ハッシュレート」「消費電力」「冷却性」の全ての点で優っています。

他社ASIC-HARDMiner3.2ASIC-HARDMiner4.1
ハッシュレート14TH/s14TH/s16.6TH/s
消費電力1372W1020W1056W
冷却性ファン2個搭載ファン4個搭載ファン4個搭載

他社のハッシュレートで獲得できるマイニング報酬は14TH/sだと1台あたり月間約0.06BTCに対して、ASIC-HARDMiner4.1は16.6TH/sで月間約0.085BTCになります。また、2018年9月に完成予定の『ASIC-HARDMiner5.1』では18~20TH/sの処理能力を予定しており、他社の約2倍の報酬が見込まれます。今後、最大で30TH/sまではREGAIN社の技術的には開発可能と判断されています。

稼働率をあげる効率的な運営

REGAIN社のマイニングマシンは他社より優れたハードウェアですが、それだけではなくマイニングプールに設置したマイニングマシンの稼働効率を高く保つために以下の工夫をしています。

  • インターネット回線を利用してリアルタイムで稼働率を共有し、異常発生時のダウンタイムを最小に抑える
  • 管理用アプリケーションの機能追加や操作性の向上を全て遠隔操作で行い常に最新のマイニングマシンのバージョンアップ
  • 世界最先端技術の導入を行い続けることにより永続的な報酬の確保が可能

マイニング業界のシェア80%獲得を可能にする施策

マイニング業界のシェアを獲得するためにREGAIN社では高性能なマイニングマシンの開発実現により「報酬確保率アップ」と「電力コストの削減」を可能にしました。ですが、マイニングプールを運営するのには以下の機材投資が必要になります。

  1. マイニングマシンの代金
  2. マイニングマシンの設置代金
  3. マイニングマシンテスト期間にかかるコスト

これにより従来は資本力のある大手のマイニングプールが高性能マシンを買い占めて、小規模なマイニングプールは閉鎖に追い込まれていました。そこで、REGAIN社は全ての人に公平に導入できるように、マシンの販売ではなくマイニングマシンで得たマイニング報酬を「マイニングプールと50:50の関係で提供する」ことを実現しました。

これにより、機材投資費をゼロに抑えることが可能になり、小規模なマイニングプールでもマイニングマシンを提供することが可能になりました!

ロートマップ

プロジェクトREGAINのホワイトペーパーに記載されているロードマップに2018年以降のプロジェクト・機能のリリース予定が記載されています。

時期プロジェクトの内容
2018年3月マイニング業界シェア27%確保。ASIC-HARDMiner4.1稼働開始
2018年4月トークンセール第1弾REGトークン保持者配当開始
2018年7月マイニングマシン業界シェア40%確保。トークンセール第3弾開始
2018年9月REGAINモバイルアプリ公開。ASIC-HARDMiner5.1リリース
2018年10月マイニング業界シェア52%獲得。トークンセール第4弾開始
2019年1月当社独自ウォレットにてREG取引開始。マイニング業界シェア80%獲得。

REGトークンについて

REGAIN社から発行されるトークンは「REG」と呼びますが、REGはCorda基準に基づき、総発行数は65,000枚を予定しています。また、ICOで100%発行をし、全ての未割り当てのREGトークンはICO終了後にBURNされます。

REGトークン保有者には、REGAIN社のマイニング利益の60%が与えられます。そのほか、6%はハードウェアの開発費、8%はソフトウェア開発費、6%は最先端R&D費、20%はITのセキュリティとコンプライアンス、ライセンス規制、アウトソーシング費、会社運営に充てられます。

項目内容
プロジェクト名プロジェクトREGAIN
通貨名REG
発行枚数65,000枚
公式サイトhttps://project-regain.io/jp/
ホワイトペーパーhttps://drive.google.com/file/d/1NNG9t9rqUqFiyHFS4lN8LQTqLVk3Aysm/view

REGトークンの特徴・高騰する理由

REGトークンには下記のような特徴があり、ICO案件の中でも好条件なプロジェクトになると言われており、REGトークンは高騰すると言われています。

  • 配当の権利はスマートコントラクトにより確実に自動で実行される
  • プライベートブロックチェーンにより秘匿性が重視されている
  • REGトークンは独自ウォレットで管理される
  • 配当は独自ウォレットにBTCで支払われる
  • 1REGトークンあたりの配当は0.034BTC/月〜を想定
  • 配当日は月末日締めの翌日15日払い
  • 配当を得られる権利は、マイニング市場の著しい変化が起きない限り半永久的に与えられる
  • REGトークンの取引はICO終了後から可能

REGトークンのボーナス

5万ドル以上支援した人にはREGトークンの配当であるREGAIN社が受け取るマイニング利益60%のところ65%分の権利を有するボーナスが与えられます。

REGトークンのトークンセールの参加方法

REGトークンのトークンセール第2弾は6月1日より開始されます!TOPページの「いますぐ登録する!」から事前登録を済ませておきましょう!10,000RSC到達後、即終了になるので登録はお早めに!

※ICOに参加するかは自己責任ですが、このような機会にプロジェクトREGAINのような有望プロジェクトに参加してみることをオススメします!

プロジェクトREGAINトークンセール参加はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう