ロシア連邦中央銀行が初の公式ICOパイロットを発表/ICO市場の将来性に高く期待

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ロシア連邦中央銀行が初の公式ICOパイロットを発表/ICO市場の将来性に高く期待

ロシア連邦中央銀行(以下、中央銀行)とズベルバンクCIBは、National Settlement Depository(以下、NRD)とロシアで初となるICO(Initial Coin Offering、仮想通貨技術を使った資金調達)の公式パイロットを行う。ForkLogが報じた。パイロットは、中央銀行のレギュラトリー・サンドボックスを利用して実施される。

報道によると、大手国有銀行のズベルバンクの投資銀行部門と目されているズベルバンクCIB社と、モスクワ証券取引所グループの一部であるNRDは、中央銀行とのプロジェクトの将来計画をほぼ完了している。プロジェクトは初期目標として今年の夏の終わりに開始予定だ。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

スベルバンクCIBはICO市場に大きな可能性を見出している

ズベルバンクCIBの社長であるイゴール・ブーランステフ氏は、同行がロシアのICO市場に大きな将来性を見出していると述べている。また、同行の顧客の相当数が現在、新たな資金調達方法に興味を示していると強調した。

今回の試験的なICOの実施を利用して、新たにトークン化されたオンラインサービスの開始も行うと報道されている。処理は、モスクワで最大の商業用講堂を運営するLevel One社が管理する予定だ。

NRDの代表であるエディー・アスターニン氏は、このプロジェクトの新たなトークンはルーブルでのみ販売すると述べている。また、トークンは認定投資家の取引にのみ提供される。

今週初めに、同国での暗号関連業界を規制する法律を、ロシア議会がようやく承認した。報道によれば、同法は仮想通貨やICOの対応策として、今年初めから検討されていたものだ。同法では、仮想通貨やトークンは財産と定義される。さらには、同国の認定投資家ではない個人の仮想通貨取引量を制限する権限を、中央銀行が持つと定められている。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/05/26/central-bank-russia-announces-first-official-ico-pilot/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう