リップル社幹部が「銀行はブロックチェーンを国際支払いに利用しないだろう」と発言/スケーラビリティと秘匿性に課題か

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

リップル社幹部が「銀行はブロックチェーンを国際支払いに利用しないだろう」と発言/スケーラビリティと秘匿性に課題か

リップル社のチーフ・クリプトグラファーであるデイビッド・シュワーツ氏が最近、ロイターのインタビュー取材を受け、銀行のブロックチェーン技術の利用について話した。情報元によると、シュワーツ氏は、銀行は国際支払いにブロックチェーンを利用しないと発言している。同氏は理由として、低いスケーラビリティとブロックチェーン技術の秘匿性の問題を上げた。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

十分なスケーラビリティと秘匿性に課題

シュワーツ氏はまた、銀行はブロックチェーン技術の大きな可能性をある程度認識しているものの、未だ充分なスケーラビリティと秘匿性が確保できていないと感じていると述べている。ブロックチェーン技術は取引の時間やコストを削減できるが、国際的な規模で銀行が採用するには時期尚早とのことだ。

シュワーツ氏は以下のように述べている。「弊社が多くのお客様から耳にするのは、取引の秘密を保持すること、毎秒数千の取引を処理すること、考えられうる限りすべての通貨や資産を扱えることが重要だ、ということです」

リップル社のカスタマーサービスのシニアVPを務めるマーカス・トリーシャー氏は、同社が「ブロックチェーンが強化する従来の支払い」を銀行に提供することを目的としたプロジェクトを開始したことを以前に発表している。しかしながら、銀行は「世界を丸ごとブロックチェーン上に乗せることはできない」としてこのイニシアチブを拒否しているようだ。

ロイターによれば、国際支払い向けに設計されたリップル社のxCurrent技術を、いままでに多くの銀行がテストし、採用している。この新たなソリューションは「将来的に銀行を分散型台帳にプラグインする」ことを可能にする。

5月には、リップル社はxRapidのパイロット・プラットフォームを発表し、異なる金融機関をイニシアチブで団結させていた。結果として、取引のコスト削減は40%から79%に上昇した。同時に、取引にかかる時間には劇的な改善が見られ、従来の平均2、3日から、わずか数秒にまで縮めることができている。

4月の初旬には、国際銀行大手のサンタンデール銀行が、リップルを利用したブロックチェーン支払いネットワークOne Pay FXのローンチを発表している。同行によると、大手金融機関での採用は初となる。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/06/15/ripple-representative-finds-banks-unlikely-to-use-blockchain-for-cross-border-payments/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう