世界大手小売業者ウォルマートが仮想通貨を利用したエネルギー消費量管理システム開発を開始へ

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

世界大手小売業者ウォルマートが仮想通貨を利用したエネルギー消費量管理システム開発を開始へ

アメリカの大手小売業者ウォルマートが最近、仮想通貨を利用した電力系統の開発に関する特許を取得したことを発表した。公式情報は米国特許商標庁の特許申請で公表されており、電力系統にはBitcoin(ビットコイン)に加えて他の仮想通貨も利用されることが確認できる。

情報源によると、この新たなシステムは、企業がエネルギー消費量を管理することを援助するだけでなく、公開された分散型トランザクション台帳を利用して電力系統の需要を調整することも可能になる。ウォルマートがこの特許の申請を行ったことは2017年12月に報道されていた。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

個人や法人の両方で電気などのエネルギーを購入することが可能

特許によると、個人宅と巨大企業の両方で、このブロックチェーン・ネットワークを基盤とするエネルギー消費デバイスを利用することが可能だ。個人も企業も、一定のBTC(ビットコイン)やその他の仮想通貨を、利用するそれぞれのデバイスに割り当てることができる。割り当てられた金額を用いて、それぞれのデバイスは公益事業提供会社からエネルギーの購入を行う。

各仮想通貨の単位は、エネルギーの単位や量を表していると言えるます。たとえば、1仮想通貨単位は1キロワットと同意義に設定した場合、プロバイダー・インターフェイス・モジュール131が月に合計800の仮想通貨を受け取ると、電力800キロワットを購入するために消費します

と特許申請は説明している。

この特許はウォルマートが最近申請した複数の特許の中の一つだ。巨大小売業者ウォルマートはブロックチェーン技術をサプライチェーン・サイクルに統合するための特許を求めている。情報源によると、それは

ブロックチェーン台帳に顧客の購入を記録するサービスで、購入の記録を利用して顧客が購入した物品を再版できる販売プラットフォーム

だ。ウォルマートは最近「スマート・パッケージ」という特許を配置している。この特許はブロックチェーンを基盤としたツールを利用しており、梱包の中身や、その環境、現在地や、その他の詳細を追跡するものだ。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/06/16/walmart-develop-crypto-powered-energy-consumption-management-system/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう