ハリウッドで仮想通貨をテーマにした映画製作が開始/バックドラフトのカート・ラッセル氏が出演

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

ハリウッドで仮想通貨をテーマにした映画製作が開始/バックドラフトのカート・ラッセル氏が出演

ハリウッドで仮想通貨を題材にしたインディーズ映画が製作されている。同映画はカート・ラッセル氏、ボー・ナップ氏、アレクシス・ブレデル氏、ジェレミー・ハリス氏やルーク・ヘムズワース氏と言った有名俳優を起用する。Hollywood Reporterが報道した情報元によると、映画は『Crypto』(クリプト)と言う題名で、カーライル・ユーバンク氏とデヴィッド・フリジェリオ氏が脚本を書いている。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ニューヨークですでに撮影が開始されている

情報元は映画のあらすじも紹介しており、それによると、映画『Crypto』はボー・ナップ氏演じる若いアンチマネーロンダリング捜査官に関するものだと言う。捜査官は汚職と詐欺に関する捜査を行うべく、生まれ育ったニューヨークに舞い戻る。ラッセル氏はナップ氏が演じる捜査官の父親役を務める。

映画のプロデューサーによると、 『Crypto』は

映画『ザ・ファーム 法律事務所』のような雰囲気で、仮想通貨に焦点を当て、映画『ドラゴン・タトゥーの女』のようなどんでん返しがある、スリラー映画

になるとのことだ。

仮想通貨は世界中の消費者や起業家の注意を惹き、想像力を呼び起こしましたが、このようなニュアンスのわくわくする手法で、映画に用いられたことはありません

と、同映画のプロデューサーの一人であるジョーダン・イェール・ラヴィーン氏は述べている。

情報元によれば、この新たなインディーズ映画の撮影はすでにニューヨークで開始されている。公開予定日はまだ発表されていない。

専門家によると、映画『Crypto』は仮想通貨業界で最も有名な映画になる可能性があるとのことだ。2017年には、映画『ビッグ・リボウスキ』や『ノーカントリー』などで有名なコーエン兄弟が「シルクロード」(Bitcoin(ビットコイン)を中心とした闇市場)に関する映画を製作していると伝えられていた。

『Crypto』は仮想通貨を題材にした数少ない最近の映画の一つだ。仮想通貨に関する映画で有名なのは、大きな成功を収めたベトナムの『Bitcoin Heist』だろう。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/06/18/hollywood-film-movie-cryptocurrencies/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう