中国の大手仮想通貨取引所FCoinにXRP(リップル)が上場予定と発表/他にもIOTAなど7銘柄が上場予定

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

中国の大手仮想通貨取引所FCoinにXRP(リップル)が上場予定と発表/他にもIOTAなど7銘柄が上場予定

中国の大手仮想通貨取引所の一つであるFCoin取引所が、新たに8種類の仮想通貨の上場を計画していることを発表した。同取引所の公式WEBサイトによると、XRP(リップル)もこの8種類の仮想通貨に含まれている。

同取引所は間もなく上場する予定の仮想通貨を明らかにしている。上場リストにはRipple(リップル)に加えて、IOTA / MIOTA(アイオタ)、Aeternity / AE(エターニティ)、0x / ZRX(ゼロエックス)、Bytom / BTM(バイトム)、Zilliqa / ZIL(ジリカ)、OmiseGO / OMG(オミセゴー)、ICON / ICX(アイコン)が掲載されている。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

FCoinは元HuobiのCTOが立ち上げた透明性の高い取引プラットフォーム

FCoin取引所は、Huobi取引所の元CTO張健氏によって設立された中国の仮想通貨取引所だ。FCoin取引所は自身を、完全に透明性のある取引プラットフォームで、主流ゾーンと革新ゾーンの二つのゾーンを持つと説明している。主流ゾーンは価格変動の少ない仮想通貨を扱っており、革新ゾーンは価格変動が非常に高い仮想通貨を扱う。

今回の公式声明はまた、Ripple / XRP(リップル)に対する預け入れは6月21日(UTC+8)に開始すると述べている。XRP(リップル)関連の取引市場は、6月22日から主流ゾーンで開始される。IOTA / MIOTA(アイオタ)の取引市場も同様に主流ゾーンで開設される。ただし、IOTA / MIOTA(アイオタ)の取引開始は6月23日から、預け入れは6月22日からの受け付けとなる。

Aeternity / AE(エターニティ)および0x / ZRX(ゼロエックス)の取引市場は革新ゾーンで6月20日から開始されることも発表された。AE(エターニティ)と0x(ゼロエックス)に対する預け入れは6月20日から可能だ。同取引所はまた、Bytom / BTM(バイトム)、Zilliqa / ZIL(ジリカ)、OmiseGO / OMG(オミセゴー)およびICON / ICX(アイコン)の引き出しも6月20日から開始することを発表している。同取引所は6月18日からBitcoin Cash / BCH(ビットコインキャッシュ)ならびにLitecoin / LTC(ライトコイン)の引き出しを開始していた。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/06/21/chinese-exchanger-fcoin-announces-plans-to-list-xrp-and-seven-other-cryptocurrencies/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう