ニュージーランドとオーストラリアの中央銀行が間もなくRipple(リップル)を採用か

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ニュージーランドとオーストラリアの中央銀行が間もなくRipple(リップル)を採用か

6月27日、オーストラリアとニュージーランドの中央銀行が、ブロックチェーン技術と仮想通貨に対して興味深いコメントを行った。情報元によると、両銀行は仮想通貨に対しておおむね好意的だが、Bitcoin(ビットコイン)は効率が悪く、両銀行の業務には適していない可能性があるとの意見を表明している。

両銀行は将来的に独自の仮想通貨を発行する可能性も指摘した。この分野の専門家によると、両銀行がXRP(リップル)の採用を検討する可能性は高く、リップル社にとってはまたとない好機だと言う。情報元はRipple(リップル)の将来的な採用を示唆する、いくつかの重要な要素を上げている。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

銀行業務に適応できるのはリップルかステラのどちらかという見方

最初に、両銀行はBitcoin(ビットコイン)の非効率性をすでに指摘しており、Bitcoin(ビットコイン)の採用はないと言える。
次に、Ripple / XRP(リップル)よりも業務効率を高める能力のある選択肢は限られている。
さらに、マクロ経済の安定のため、中央銀行は世界中の銀行と関わる必要があり、世界中の銀行が受け入れやすい仮想通貨を採用するだろう。
情報元は、この観点から言えば、Ripple(リップル)と同等の品質や機会を提供できる唯一の仮想通貨はStellar(ステラ)だと述べている。両通貨は銀行業界に重点を置いており、いくつかの中央銀行も含む、世界中の銀行と提携を行っており

両国の中央銀行が2つの仮想通貨のどちらを選択するかは、今の時点では予測ができない。しかし、仮想通貨の採用が進んでいることは、誰の目にも明らかだ。主要経済国の中央銀行がブロックチェーン技術に興味を持ち、仮想通貨の採用を検討しているという重要な事実は、この新技術が世界の金融と経済に大きな影響を与えていることを示唆する素晴らしい証と言える。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/06/28/central-banks-new-zealand-australia-adopt-ripple-soon/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう