インドの主要銀行のKotak Mahindraがリップル社のxCurrentを採用/幹部が有用性を認める

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

インドの主要銀行のKotak Mahindraがリップル社のxCurrentを採用/幹部が有用性を認める

インドの主要な民間銀行であるKotak Mahindra銀行が、リップル社と共同で、同行の国際支払いの改善に取り組んでいることを発表した。リップル社のxCurrentによる決済ソリューションにより、同行の支払いにかかる時間は数分に削減できるようになる。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

Kotak Mahindra銀行の幹部がxCurrentの有用性を公式に認める

Kotak Mahindra銀行のチーフ・デジタル・オフィサーであるディーパク・シャーマ氏は、これについて

当行はお客様のために、銀行サービスを単純化し、増強すべく、新しい技術を取り入れています。xCurrentは全ての要件を満たしており、ブロックチェーン技術を利用して、透明性がより高く、効果的な国際支払サービスを提供することを可能にしてくれます。RippleNetへの参加もまた、当行の支払いネットワークを国際的に拡張し、RippleNetに参加する他のメンバーとの接続も可能にしてくれるでしょう

と公式に意見を表明している。

リップル社側からは、南アジアのマネージング・ダイレクターであるナヴィン・グプタ氏が、

支払いは国際的な問題であり、特に日常の少額な国際支払いを行おうとしている新興市場においては大きな問題です。Kotak Mahindra銀行はxCurrentを利用することで、送金為替受取りにおいて、個人顧客に段階的な変化を提供できます。弊社はKotak Mahindra銀行をRippleNetの他のメンバーに紹介し、同行の国際支払い提供を拡大できることを楽しみにしています

と述べている。

現在、リップル社のxCurrentの利用に成功している国際的な金融機関は25社あり、主に国際支払いにおけるカスタマー・エクスペリエンスの向上に取り組んでいる。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/06/28/leading-indian-private-sector-bank-adopts-ripples-xcurrent/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう