バルト三国でサムスンが受け入れる仮想通貨のリストに XRP(リップル)が掲載される

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

バルト三国でサムスンが受け入れる仮想通貨のリストに XRP(リップル)が掲載される

人気の高い家電製品大手のサムスンが、バルト三国における支払い方法として、公式に仮想通貨を受け入れることを発表した。ラトビア、リトアニア、エストニアからなるバルト三国の顧客は、リストに掲載された人気の高い仮想通貨を利用して、同社の製品を購入することができるようになった。同社の公式情報によると、支払い可能な仮想通貨は次の通りである。Bitcoin / BTC(ビットコイン)、Ethereum / ETH(イーサリアム)、Ripple / XRP(リップル)、Litecoin / LTC(ライトコイン)、Steem(スチーム)、Dash(ダッシュ)、NEM(ネム)。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

[exchang_toc]

リップルが通貨として実用性があることを証明

サムスンのような大手家電メーカーの支払い方法として公式に受け入れる仮想通貨のリストに、Ripple(リップル)が掲載されたというニュースは、XRP(リップル)に大きな価値を付与している。また、Ripple(リップル)が、Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)、Litecoin(ライトコイン)などの主要通貨と肩を並べているだけでなく、この分野で必要とされる条件を全て満たしていることも証明している。

さらに、サムスンの重要性や同社の市場における地位を考えれば、同社が本当に価値のある仮想通貨のみを選別したことは明らかである。主要企業がRipple(リップル)を採用することは、「Ripple(リップル)が分散型で、通貨としての実用性があり、広く受け入れられているという事実」を示していると言われている。

一方、サムスンの今回の公式発表の後も、リストに掲載された仮想通貨の市場価格にあまり変化は見られない。この分野の専門家によれば、仮想通貨がこのようなリストに掲載される主な利点は、ユーザーが当該仮想通貨をどのように捉えるかにある。サムスンのような大企業がこれらの仮想通貨の採用を進めることにより、顧客は当該仮想通貨をより信頼し、より認知するようになるのである。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/07/23/ripple-xrp-is-in-list-of-cryptocurrencies-accepted-by-samsung-in-baltic-states/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう