ビットコインのマイニング機製造で世界第2位のCanaan Creative社が世界初のマイニングテレビを開発

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ビットコインのマイニング機製造で世界第2位のCanaan Creative社が世界初のマイニングテレビを開発

Bitcoin(ビットコイン)採掘機器製造で世界第2位のCanaan Creative社(以下、Canaan社)が、Bitcoin(ビットコイン)を採掘するテレビを世界で初めて発売した。サウスチャイナ・モーニング・ポストの2018年8月2日の記事によれば、今回の採掘テレビの発売は、ブロックチェーン開発とIoT(モノのインターネット)の枠組みを支える、接続されたスマートデバイスの新世代構築の一環となる。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

スマートテレビとして1秒あたり2.8兆ハッシュの処理能力を発揮

Canaan社はこの新たなデバイスを「AvalonMiner Inside」(AvalonMiner搭載)と名付けた。デバイスはスマート・テレビとして販売されているが、その処理能力は1秒あたり2.8兆ハッシュあることも強調されている。Canaan社の最も強力な採掘装置は、毎秒11兆ハッシュを処理する能力があるが、AvalonMiner Insideはその装置のおよそ25%もの処理能力がある。

Canaan社によれば、このAIデバイスには多くの機能が搭載されており、通常のユーザーも、採掘者も好むものになっているという。たとえば、音声コントロール、Bitcoin(ビットコイン)採掘収益性のリアルタイム表示、娯楽コンテンツや物理的なプレゼントを採掘したBitcoin(ビットコイン)で支払うことができる、Canaan社のプラットフォームへの接続などの機能が搭載されている。

同社の新製品を好まず、人目を引くための話題作りにすぎないと言う人もいる。Bitcoin(ビットコイン)アナリストで、北京を拠点に活動するシャオ・レイ氏もその一人だ。同氏は、サウスチャイナ・モーニング・ポストに次のような意見を寄せている。「過剰に宣伝されているように思います。これらの企業が既存の主要なテレビブランドに採掘機能を組み込むことができれば、より大きな意義を見出すことができるでしょう」

今年5月のBTCManager の報道によると、Canaan社は1100億円の資金調達のために、香港でIPO(Initial Public Offering)を申請している。Canaan社は一般的には、Bitcoin(ビットコイン)を迅速かつ効率的に採掘するASIC採掘装置に電力を供給するグラフィックチップを製造することで知られている。同社は現在、Bitcoin(ビットコイン)採掘の世界市場において最大70%を管理しているBitmain社と熾烈なライバル競争を繰り広げている。

宣伝行為か、スマートなビジネス戦略か

Canaan社の広範な戦略を考慮すると、AvalonMiner Insideの発売は単なる宣伝行為以上のものである可能性が考えられる。同社は、ASIC採掘用チップの製造以上のことを行い、単一製品への依存から脱却していきたいと述べているのだ。

同社は、香港でのIPO申請書において、「単一なシステム製品の製造の拡大と収益性を維持しつつ、新製品を提供することができなければ、弊社の成長能力は低下する」と指摘している。

この目的のため、Canaan社は製品提供を拡大し、Bitmain社に対してさらに効果的な競争を展開しようとしている。同社によれば、AvalonMiner Insideは、次世代のブロックチェーンやAIに備えて、ユーザーベースを構築することを目的として発売する、数多くのデバイスの最初のものとなる。

価格競争をすることなく業界トップのBitmain社に迫れるかがポイント

Canaan社は、ASIC採掘チップ市場の約19.5%を占めるチップを生産するだけではなく、拡張されたブロックチェーンをサポートする全く新しい物理インフラストラクチャを構築したいと考えている。そのために、大規模採掘施設の力を削いで一極集中のリスクを取り除き、広範なデバイスをネットワークすることでより大きなブロックチェーンを作成しようとしているのだ。

別の言い方をすれば、Canaan社は、毎秒12兆ハッシュで動作するASIC採掘者を10,000人雇う代わりに、採掘能力のある1,000万台の「普通の」デバイスを作成したいと考えている。AvalonMiner InsideはASIC容量の25%しか動作していないが、それらを接続すれば強力なネットワークを作り出すことができる。同社はこれを達成することで、Bitmain社の堅固なASIC採掘と同じ土俵に立って不毛な価格競争を繰り広げることなく、Bitmainと競争することが可能となる。

サウスチャイナ・モーニング・ポストの記事によると、Canaan社は自社の製品を代理店に販売して顧客に販売させることで、この戦略を開始する予定である。

参照元

https://btcmanager.com/fancy-a-tv-that-mines-bitcoin-canaan-just-launched-one/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう