Bithumb取引所がXRP(リップル)など10通貨の引き出しを再開/ETHやETCなど主要銘柄も再開へ

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

Bithumb取引所がXRP(リップル)など10通貨の引き出しを再開/ETHやETCなど主要銘柄も再開へ

世界最大級の仮想通貨取引所の一つで、韓国でも有数の交換業者であるBithumb(ビッサム)取引所が、上場済みの仮想通貨10種の引き出しならびに預け入れを再開すると8月4日に発表した。第一段階で再開する仮想通貨として、Bitcoin / BTC(ビットコイン)、Ethereum / ETH(イーサリアム)、Ripple / XRP(リップル)、Ethereum Classic / ETC(イーサリアムクラシック)、Qtum / QTUM(クアンタム)、Litecoin / LTC(ライトコイン)、Bitcoin Cash / BCH(ビットコインキャッシュ)、Monero / XMR(モネロ)、Zcash / ZEC(ジーキャッシュ)、Mithril / MITH(ミスリル)が発表されている。

取引高で世界12位となるBithumb取引所は、引き出しならびに預け入れの再開時間を、以前に発表していた8月4日11:00(KST)から19:00(KST)に変更したことも発表している。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

Bithumbは世界第12位で1日の取引量は140億円にのぼる

Bithumb取引所は以前に、サービス環境をより安定したものにすることを目指していると発表しており、そのために、再開第一弾の引き出しならびに預け入れ開始時刻をわずかに遅らせる必要があった。

ニュースにもなっていたが、以前にBithumb取引所は大規模なハックにあっており、仮想通貨で総額約33億円が盗まれる事態につながった。これを受けて、同取引所は一時的に、形式を問わずすべての預け入れや支払いを停止していた。しかし、同取引所は後に、実際に盗まれた金額が発表よりも少なく、実際の損失額はおよそ18億円だったことを明らかにしている。当時、Bithumb取引所は実際の損失額が当初の概算よりも少なかったのは「世界中の仮想通貨取引所や仮想通貨財団からの、継続した関与、助力、協力のおかげ」だと述べていた。

CoinMarketCapのレポートによれば、Bithumb取引所は現在、取引高で世界の仮想通貨取引所の12位にランキングしている。同取引所の公式情報によると、過去24時間の取引量は140億円にのぼる。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/08/06/major-crypto-exchanger-bithumb-reopens-withdrawals-for-10-cryptocurrencies-including-xrp-and-ltc/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう