フィリピンで人気の取引所Coins.phに XRP(リップル)が上場/同社は2020年までにユーザーを2020万人にする目標を発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

フィリピンで人気の取引所Coins.phに XRP(リップル)が上場/同社は2020年までにユーザーを2020万人にする目標を発表

フィリピンで人気の高い取引所、Coins.phが、Ripple / XRP(リップル)を追加したことを発表した。同社によれば、公共料金の支払手段としてXRP(リップル)が利用できるようになった。

同社の情報によると、同社は500万人以上のユーザーベースを現在抱えており、その顧客全員が今後は法定通貨の代わりにXRP(リップル)での支払いができるようになる。

以前にCoins.ph社の仮想通貨責任者であるコリン・ゴルトラ氏が、間もなく開始するRipple(リップル)の追加について語った際には、同通貨はAndroidのアプリでのみ利用できると述べるとともに、同社がまだ「データの収集を行い、XRP(リップル)のサポートレベルを検討」している段階にあると述べていた。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

2020年までに顧客を2,000万人以上に増やす見込み

Coins.ph社はフィリピンで人気の高いプラットフォームで、個人間のウォレット送金、支払いサービス、プリペイド携帯電話の料金追加、インターネット・ショッピング、送金サービスを提供している。同プラットフォームはブロックチェーン技術に立脚しており、電子通貨はユーザーに低価格な支払い方法を提供する手段となっている。この手法により、プラットフォームは従来の銀行業よりもフィリピン国中のユーザーに好まれており、同社は国内の顧客数をさらに増やして自社サービスの範囲を広げている。

Coins.ph社は、2020年までに同国内の顧客ベースを2,000万人以上に増やす目標を明らかにしている。この目標を達成するためにXRP(リップル)を主な影響力として利用する機会が同社にはある。

Coins.ph社は初期段階ではBitcoin / BTC(ビットコイン)を唯一の仮想通貨として利用していた。しかし、経営陣は間もなく市場の他の仮想通貨も検討し、採用するようになった。

リップル社も最近では、Wirex取引所やTransferGo社との提携に見られるように、今回のようなサポートをいくつか発表している。このような進展は、新たな提携先のより幅広い顧客が、XRP(リップル)を利用できる可能性を確約している。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/08/13/ripple-xrp-added-on-popular-philippines-exchange-platform/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう