米議員がICO規制の討論会にリップル社を公式に招く/市場でのリスクを議論か

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

米議員がICO規制の討論会にリップル社を公式に招く/市場でのリスクを議論か

米国オハイオ州のワレン・デイビットソン議員が、仮想通貨業界の大手企業や組織を招いてICO(Initial Coin Offering、仮想通貨技術を使った資金調達)の規制に関する大規模な討論会を行うと発表した。米国の当局者によると、仮想通貨業界の32人のリーダーが招かれており、リップル社、Harbor社、CMEグループ、Circle社、コインセンター、NASDAQ、インターコンチネンタル取引所(ICE)、Kraken社、ユニオン・スクエア・ベンチャー(USV)が公式に招待されている。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

公式情報によると、大規模かつ業界にとって非常に重要な今回の会議は、2018年9月28日に米国国会議事堂で開催されるという。さらに、議員の事務所が、この分野の規制の発展に関するアメリカ政府の更なる計画の最新情報に関してもシェアするという情報がある。政府の市場に対する新たな戦略やアプローチに関しても、招待された現場の専門家やリーダーとの一般会議で、さらなる議論が交わされる予定だ。

今年6月にデイビットソン議員は別のインタビューで、規制の発展や仮想通貨の分類の重要性について話している。

ICO規制の枠組みの欠如は、市場を危険で、リスクを伴うものにしています。これにより、投資家が、多くの不正ICOに引っかかってしまう可能性が出てきます。(…中略…)すべてのICO企業がKYC方針とアンチマネーロンダリング方針を実行すれば、市場の詐欺は減少するでしょう

さらに、デイビットソン議員は、仮想通貨の普遍的な性質と、適切な規制が現場で行われていないために、業界が犯罪者にとって好都合な環境になっていることを強調している。一方で同氏は、

仮想通貨は現金と比較した場合、追跡がしやすくなっている

とも述べてもいる。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/08/19/ripple-officially-invited-by-us-congressman-to-discuss-regulations-for-ico/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう