リップル社のCTOが最新のAMAセッションでxRapidの戦略的考察を共有

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

リップル社のCTOが最新のAMAセッションでxRapidの戦略的考察を共有

リップル社のCTOであるデイビッド・シュワーツ氏が、「Ask Me Anything」(以下、AMA)を行った。AMAはRipple(リップル)のコミュニティがTNW Answersを通して自由に質問を行えるセッションだ。このセッションの中で、シュワーツ氏はxRapidの戦略的な進展や、XRP(リップル)の価値の移転について、興味深い洞察を共有した。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

xRapidはリップル社が提供する3つの主力商品の一つで、現在はベータテストの段階にあり、今年末までにリリースされる予定だ。現在のxRapidの開発プロセスについて問われると、シュワーツ氏は「我々のゴールはxRapidのベータを今年中に終了させることです。最近のパイロットテストでは、金融組織が海外送金業者に通常支払っている高額な金額に対して、40%から70%のコスト削減が実現できたとの結果が出ており、我々も非常に興奮しています」と返答した。

コミュニティは、最近実現された、XRP(リップル)をサポートする3つの交換業者との大型提携についても質問を行い、シュワーツ氏は以下のような興味深い洞察を述べている。

xRapidが機能するためには、法定通貨の購入や販売を必要に応じて行えるような流動性が、XRP(リップル)と現地法定通貨の間に必要です。このような流動性の多くはすでにマーケットメイカーにより、有機的に提供されています。(…中略…)xRapidの導入は単純に、(おそらく)投機家のみとの取引に替わって、マーケットメイカーがXRP(リップル)を通じて流動性を確保しようとマーケットテイカーとの取引を増やすことを意味するでしょう。

もし必要であれば、リップル社はサードパーティーのマーケットメイカーを雇い、現行のマーケットメイクが不十分な場所で、さらなる流動性の追加も検討します

分散型の支払いシステムについて語る中では、シュワーツ氏は、この手法は、安価でシンプル、かつ迅速であると述べつつ、すべての支払い全体の実施が保障されるわけではないことも警告した。同氏は「この問題を高いレベルで解決し、マネーフローのレイヤーを限りなくシンプルにするシステムを設計できればと考えています。Lightningのアプローチとは真逆になるようなものですね」とこのテーマに関して締めくくっている。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/08/23/ripple-cto-shares-strategic-insights-into-xrapid-during-recent-ama-session/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう