IBMがステラ・ネットワークを基盤とした「World Wire」支払いシステムを公式に導入

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

IBMがステラ・ネットワークを基盤とした「World Wire」支払いシステムを公式に導入

IBM Blockchainがブロックチェーン技術を基盤にした「World Wire」と呼ばれる支払いシステムを公式に発表した。CryptoCoinSpyが報道した。IBMのWEBサイトでも紹介された同システムは、ステラ・ネットワーク上で稼働することが公式に確認されている。

情報元によれば、最近の開発に伴い、Stellar Lumens / XLM(ステラルーメンズ)も興味深い値動きを見せていると言う。また、情報元は、新たな支払いシステムにブロックチェーン技術とステラ・プロトコルを利用することにより、IBM Blockchainが金融機関に「数秒で清算および決済を完了する国際支払い」を提供することを可能にしていると述べている。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

「World Wire」の公式WEBサイト上の情報によると、同システムの利点には次のようなものが挙げられる。「より迅速な支払い処理(清算および決済を同時に完了)、コストの削減、効率の向上、支払いおよび資産タイプ毎のトランザクションの簡素化。世界最大級の銀行の97%がIBMの顧客ですので、新たなフラグシップ支払いシステムは、各銀行の既存客や顧客ベースに大きく取り上げられるでしょう。」

同時に、公式なフィードバックやコメントが共有されていないことにも注目すべきだろう。世界の中央銀行が仮想通貨の適法性に関して同じ意見ではないため、銀行は今のところ仮想通貨から距離を置きたがっている、という重要な側面も考慮すべきだ。中国やインド、ブラジルなどでは、仮想通貨は部分的、あるいは全体に禁止されており、明らかな制限が発生する。これは、ブロックチェーンを基盤としたB2B支払いが増えたとしても、資産としての法定通貨が必要になることを意味する。

「シンガポール金融管理局のような前向きな中央銀行が、社会全体の利益を考えて将来的にブロックチェーン技術を基盤とした支払いを容易にすべく、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を合法化することが期待されます。(…中略…)ブロックチェーン・ネットワーク(特にステラ・ネットワーク)上のCBDCの重要性は、どれだけ誇張してもし過ぎることはないでしょう。業界とブロックチェーン技術では得ることができない合法性を、CBDCがもたらすことができるのです」と発表は締めくくられている。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/08/31/ibm-officially-introduces-world-wire-payment-system-based-on-stellar-network/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう