リップル社の顧問弁護士が2年で退任/現在の係争には影響は出ない見通し

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

リップル社の顧問弁護士が2年で退任/現在の係争には影響は出ない見通し

リップル社の法務顧問であるブラインリィ・リール氏が、2年間務めた同社を退職したことが伝えられた。公式情報によると、リール氏は2016年11月からリップル社に勤めていた。リップル社は、リール氏が退任したとのニュースを、公式声明で認める形で発表している。

リップル社の公式発表には以下のようにある。

ブラインリィ・リール氏がリップル社を去ったことは事実です。同氏が素晴らしいチームを築くために行ったすべてのことに、弊社は感謝しています。同氏の今後の活躍を心より願いつつ、弊社も、この進化し続ける未完成な業界の中で道を切り開くべく、前向きに進んでいく所存です

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

リール氏は、リップル社入社前は電子商取引の巨大企業であるeBayで訴訟関連の専務理事を務めたのち、PayPalに特許のシニアディレクターとして勤務していた。

同社は現在、主に、違法な証券の募集を行う企業に関連する複数の申し立てに対して係争中である。そのさなかにリール氏が同社を離れることは、興味深い展開と言えよう。しかしながら、公式筋によると、「同社の広報担当者は、リール氏の退任が係争中の案件に影響を及ぼすかどうかについての質問には答えていない」ようである。

今年7月に報道されていたように、同社は米国証券取引委員会(SEC)のメアリー・ジョー・ホワイト元委員を雇用している。同氏はXRP(リップル)が証券ではないことを監督することを目的としていたと伝えられている。

この問題について公式筋は以下のように述べている。

リップル社は、XRP(リップル)が証券であることを長い間否定してきました。一方のSECは、この問題については公式にコメントしていませんが、高官はBitcoin(ビットコイン)とEthereum(イーサリアム)を現行の米国法の下で証券に分類すべきではないと述べています。なお、XRP(リップル)よりも循環価値が高い仮想通貨はBitcoin(ビットコイン)とEthereum(イーサリアム)のみです

参照元

https://ripplenews.tech/2018/09/09/ripples-general-counsel-leaves-company-after-two-years/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう