SBI Ripple Asia社がMoneyTapアプリの電子決済等代行業者としての登録を完了

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

SBI Ripple Asia社がMoneyTapアプリの電子決済等代行業者としての登録を完了

2018年9月26日に、金融サービス提供大手のSBIホールディングスは、SBI Ripple Asia社が電子決済等代行業者としての登録を完了したことを発表した。電子決済等代行業者としての登録は、登録番号関東財務局長(電代)第2号として完了していることもあわせて伝えられた。

発表では、金融庁への登録を完了した業者は「日本国内で電子決済業を行える」ことを説明している。また、これを定める法律が銀行法などを改定する目的で2018年6月1日に施行されたことにも言及した。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

今回の進展は、SBI Ripple Asia社のスマートフォン向けアプリケーション「MoneyTap」の市場への参入が許可されたことを意味している。MoneyTapはリップル社の分散型台帳技術を利用した「次世代金融インフラへの架け橋」である。製品の公式紹介によると、同アプリは、迅速かつ安全で快適な、個人間の金銭の移動環境を作り出すことを目的としている。

今回の公式発表は以下の文言で締めくくられている。

SBI Ripple Asia株式会社は電子決済業者及びユーザーに対しても適切な情報を提供し、MoneyTapと提携する電子決済業者が将来的に適切に実施されるようにいたします。適切な契約の履行は、参加銀行の債務です。

弊社は、安全で使い勝手が良く、摩擦のない決済、および、キャッシュレス化を通じて、新たな産業を開発し、社会コストを減らし、生産性の向上を行ってまいります

SBI Ripple Asia社は、日本の銀行資産の80%をカバーする、巨大な日本の銀行コンソーシアムに参加している。公式メッセージによれば、同コンソーシアムに参加するすべての銀行がMoneyTapとの統合を行えるという。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/09/28/sbi-ripple-asia-receives-payments-license-from-japanese-regulator-for-moneytap-app/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう