アメリカの大手リサーチ会社が「1ドル以下で買える最高のコインはリップルという」結果を公表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

アメリカの大手リサーチ会社が「1ドル以下で買える最高のコインはリップルという」結果を公表

米国の大手企業であるワイス・レーティングが、コミュニティに対して「1ドル以下で買える最高のコイン」に対する投票を行った。案内は公式Twitterページを通じて行われ、フォロワーに対して世論調査に参加するよう呼び掛けた。

その後、同社は調査結果を発表し、Ripple / XRP(リップル)が1位に選ばれたことを公表した。公式結果では、5,726人のTwitterユーザーが調査に参加したことも明らかにしている。これはワイス・レーティングのフォロワーの約半数が参加したことを意味し、コミュニティの業界とRipple / XRP(リップル)に対する肯定的な感情を示している。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

世論調査は、ユーザーがリストアップされた仮想通貨の中から選択肢を選ぶ形で実施された。選択肢にはRipple / XRP(リップル)、Cardano / ADA(カルダノ)、Stellar Lumens / XLM(ステラルーメンズ)、IOTA / MIOTA(アイオタ)など人気の高い仮想通貨が含まれている。発表結果によれば、参加者の64%がRipple / XRP(リップル)に投票し、Cardano / ADA(カルダノ)に投票したのはわずか25%に過ぎなかった。Ripple / XRP(リップル)の主要な競合相手であるStellar Lumens / XLM(ステラルーメンズ)は8%で第3位となり、IOTA / MIOTA(アイオタ)には3%しか票が集まらなかった。

このような投票は、議論の的となっている仮想通貨Ripple / XRP(リップル)の、興味深い現状を示す指標となる。今回の結果から見えるのは、Ripple / XRP(リップル)が、この分野に関心のあるユーザーに広く知られ、好まれているということだ。ユーザーからの人気は、Ripple / XRP(リップル)の更なる促進と発展につながる可能性だろう。

ワイス・レーティングとは

ワイス・レーティングは、「高品質のアドバイザリー情報を、消費者、専門家、および機関に提供することを使命とする」大企業で、「利用者は金融サービス会社や金融商品などの、選択やモニターを行う」ことができる。同社WEBサイトに掲載されている公式情報には次のように紹介されている。「銀行、信用組合、保険会社の安全性に関心がある場合や、投資商品の選別やモニターを行いたい場合には、信頼できる情報源が必要です。4万件以上の株式、投資信託会社、上場投資信託(ETF)に対する投資評価、16,000件の銀行、信用組合、保険会社に対するの信用格付を通じ、お客様はかつてない範囲で興味のある企業や投資商品の情報を得ることができます」

参照元

https://ripplenews.tech/2018/10/14/weiss-ratings-announces-ripple-xrp-to-be-the-best-coin-to-buy-under-1/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう