ビットコインを誰が最初に作ったの?日本人って本当?

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

ビットコインを誰が最初に作ったの?開発者が日本人?

ビットコインは、2008年10月に、ナカモトサイト(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文によって、提唱されました。

しかし、ナカモトサトシ(日本語名:中本哲史)が、本当に日本人なのかどうかは明らかになっていません。世界中で複数の人物が「自分がナカモトサトシである」と名乗りを挙げていますが、ビットコイン開発者であるという証拠がないのが現状です。

そして、そのわずか3ヶ月後、2009年1月9日にビットコイン理論を実現するため、オープンソースとしてソフトウェアが開発され公開され、ビットコインの最初の取引が始まりました。

ビットコインが”貨幣としての価値”を持った日

それから1年後の2010年2月に、ビットコイン最初の取引所が誕生し、2010年5月22日、はじめて現実世界でビットコインを使った決済が行われています。

※2010年5月22日は、ピザ2枚に対して1万BTCが使用されたことにちなんで「ビットコイン・ビザ・デイ」と呼ばれており、ビットコインが初めて”貨幣”として価値をもった日と言われています。

現在でも、ナカモトサイト(Satoshi Nakamoto)が誰であるのかは全く謎ですが、今ではそんなビットコインは、一般的なものになりつつあり、価格も高騰し続けています。

誰が何のために作ったわからないビットコインですが、今後もインターネット上だけでなく、様々な分野で、大きなな影響を及ぼし続けるでしょう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう