Poloniex(ポロ二エックス)の登録・口座開設方法は?使い方・送金方法を徹底解説!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Poloniex(polo)とは?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【3ヶ月連続!】
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)
【3位】bitbank(ビットバンク)Zaif(ザイフ

▼おすすめ仮想通貨ランキングはこちら
仮想通貨おすすめ人気ランキング<将来性・時価総額>【注目!】

世界最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所

Poloniex(Polo/ポロ二ネックス)とは、世界最大級の取引量を誇る仮想通貨の取引所です。取引される仮想通貨は、ビットコイン(Bitcoin)だけでなく、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リップル(XRP)といった国内でもコインチェック等で購入可能なアルトコインの他、デジバイト(DGB)ゲームクレジット(GAME)といった国内の取引所では取り扱ってないコインも売買することができます。

コインチェックを始めオルトコインを取り扱っている取引所はありますが、国内取引所は手数料高い・取引量少ない・流動性低いといった理由から、本格的に仮想通貨への投資を検討している方はPoloniexの口座を作ることをオススメします。

Poloniexを使うメリット

取引できる仮想通貨の種類が多い

Poloniexを使うメリットとして最も大きいのは、売買可能な仮想通貨の種類が圧倒的に豊富なことでしょう。

国内でメジャーになりつつあるコインチェックでも、BTCを含めて12種類しか取引できないのに対して、Poloniexではなんと60種類以上の仮想通貨を取引することが出来ます。BTCやイーサといった既に流通量の多いコインは価格が高く、値動きが安定していますが、Poloniexで取り扱っている銘柄の多くは価格が安く、大化けする可能性を秘めているコインが多数揃っています。

流動性が高く、取引が成立しやすい

国内取引所でもオルトコインを購入可能な取引所は確かに存在しますが、流動性を確保する観点から購入相手が取引所であり、スプレッド(売買において取引所が定める差額)がかかってしまう分割高になってしまいます。

その点Poloniexは取引相手が同じ仮想通貨トレーダーであるため、売買時にとられる手数料だけで取引ができます。また、世界最大級の取引所であるために多くの人々があつまり、取引が成立しやすい土壌が形成されています。

また通常の交換(Exchange)だけでなく、レバレッジをかけた取引も可能です。

Poloniexの使い方

登録に際しての注意点

Poloniexは米国の取引所であるため、今後法律によって利用できなくなるといった影響があるかもしれません。取引や資産管理については、あくまでも自己責任でお願い致します。

Poloniexの登録方法

サイトにアクセスする

まずはPoloniexのサイトにアクセスしましょう。こんな画面が出ると思います。

「Create Your Account」からアカウント作成を始めます。

アカウントを登録する

必要事項を記入していきます。以下のフォームを埋めていけば大丈夫です。

First Name 名前(名)です。

Last Name 名字(姓)です。

Country 国です。日本(Japan)を選択して下さい。

Phone Number 電話番号ですが、記入する必要はありません。

Email 登録するメールアドレスを記入して下さい。

Password パスワードを設定しましょう。(半角英数字で8〜32文字)

Repeat Password パスワードを再入力して下さい。

記入が完了したら「Create Account」をクリックし、登録したアドレス宛に届いたメールに記載されているURLを開けばアカウント作成は完了です!

2段階認証を設定する

アカウントを作成したら、同時に2段階認証も設定しておくことをおすすめします。どの取引所でもそうですが、オンライン上に通貨を保存しておくとハッキングされる恐れがあるため、2段階認証を設定することでセキュリティを強化しましょう。

ログインしたら、右上のスパナのマークから「TWO-FACTOR AUTHENTICATION(2段階認証)」をクリックして下さい。

また、自分のスマートフォンにGoogleの二段階認証アプリをインストールしておいて下さい。

ダウンロードしたアプリでバーコードを読み取り、出てきた数字をCode欄に入力して下さい。数字は一定時間で切り替わってしまうので、予めパスワード等を記入しておくのがオススメです。

また、バーコード下にある「16-Digit Key」はアカウントのリカバリ等で使いますのでメモを取るなどして保管した方が良いでしょう。

本人確認を行う(オプション)

ここまで行えば取引は可能になりますが、本人確認を行うと$25,000/日まで取引を行うことが出来ます。行わない場合、$2,000/日に制限されてしまうので、必要に応じて本人確認を設定すれば良いと思います。

右上の人のアイコンから「My Profile」をクリックし、必要事項を記入して下さい。免許証やパスポート等、本人確認書類のコピーが必要な他、自分がその書類を持っている自撮りを撮る必要があります。

ここまででアカウントの開設は完了です。これから送金とコイン売買の手順を説明します。

Poloniexへビットコインを送金(入金)する方法。反映時間は?

それでは、作成したPoloniexのアカウントへビットコインを預け入れましょう。Poloniexでオルトコイン(アルトコイン)を売買するには日本円を使うことは出来ません。

取引は主にビットコイン(ETHやXMRでも可能だが、取引できる種類は圧倒的にBTCの方が多い。)を介して行うので、日本円からPoloniexへ送金(入金)したい時は一度CoinCheckやbitflyer等でビットコインを購入してからPoloniexのアカウント宛に送金(入金)する必要があります。

右上の「Balances(残高)」から「Deposits&Withdrawals(預入と引出)」をクリックします。

するとこの様にコインの一覧が出てくるので、BTCを探し、同じ段の右端にあるDepositsをクリック。

Poloniexに登録された、BTCのアドレスが出てくるので(画像は私のアドレスです)、そのアドレスをコピーして、送金元のウォレットや取引所からBTCを移します。入金が反映されるのは、支払った手数料にもよりますが、5分〜10分くらいを見積もると良いでしょう。

BTCを他の取引所やウォレットに送金するには、送り元が各々定める手数料がかかる他、1日の送金上限がある場合もありますのでご注意下さい。

左下の「Show QR Code」をクリックすると、アドレスのQRコードが表示されますので、コインチェックのアプリなどなら簡単に送金処理が可能です。

これでBTCの送金は完了しました。いよいよオルトコイン(アルトコイン)を購入しましょう。

Poloniexでコインを取引する方法

それでは、コインを買ってみましょう。左上の「Exchange」をクリックするとこの画面に移ります。

右側から買いたいオルトコインを選択します。赤い枠で囲われたのが購入原資となるコイン。これをBTCにして、青枠で囲われたオルトコインをクリックすれば、そのコインのチャートが表示されます。「Price」や「Volume」をクリックするとソートが可能です。

コインを選択したら、下にスクロールするとこのような画面に移ります。購入価格と数量を入力し、「Buy(購入)」を選択すれば買い注文完了です。

赤枠で囲われている、手持ちの仮想通貨の数量をクリックすれば、手数料を差し引いた売買可能数全額で売買することも可能です。

Poloniexでの取引にかかる手数料

Poloniexでの仮想通貨の購入にかかる手数料は以下の通りになっています。

Taker手数料:0.25%

Maker手数料:0.15%

Taker手数料とは板情報に載っている売買情報に基づいて、成行で売買するときの手数料で、Maker手数料とは板情報に指値注文を掲載して、取引が成立した場合の手数料です。国内のビットコイン販売所に比べると遥かに安いです。

終わりに

海外取引所は怖くない!

仮想通貨取引をはじめて行う人にとっては、国内の取引所が日本語でのサイトでサポートも充実しているためオススメですが、ポロニエックスには国内取引所以上に多くの通貨が取引できるというメリットがあります。

ある程度仮想通貨の知識が進むと、国内取引所で扱っていない有名な通貨もポロニエックスで取り扱っているケースが多く、魅力的な取引所と言えます。

私は気になる通貨があれば、基本的にポロニエックスで取り扱いがあるのかをまずはチェックし、将来性があるか、ある程度の取引量があるのかを判断して投資をしています。

 

★おすすめビットコイン取引所ランキングはこちら!←Check!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る