LISK(リスク・LSK)の高騰理由とは!インド取引所上場など好要因を発表

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

LISK(リスク・LSK)の高騰理由とは!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【6ヶ月連続!】
【2位】Zaif(ザイフ)※【急上昇】取引手数料マイナス0.05%キャンペーン実施中!
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps) のLisk(リスク・LSK)。2017年8月20日から8月末にかけて、価格が一気に高騰しており、200円台から800円台へ、1週間で約4倍まで高騰しています!

結論から言うと、下記4点が高騰要因のようですが、その内容を細かくご紹介していきます!

  • 「インド取引所に上場」
  • 「リブランディング」
  • 「Lisk core 1.0のアップデート」
  • 「SDK(開発者用ツール)配布」

時間がなく全文の記事が読めないけどリスク(LISK )を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所で、一番手数料が安い「Coincheck(コインチェック)」で購入しましょう!(オススメ!)

Lisk(リスク・LSK)とは?

ちなみに、Lisk(リスク)とはに Max Kordek 氏 と Olivier Beddows 氏 が、 Crypti からフォークを行い開発した 、分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)です。

DAppsを用いたシステムとして有名なイーサリアムがあり、使用する言語やサイドキックの使用などLisk独自の特徴があり、今後の成長が注目されています!

①Javascript言語を採用

Liskは開発言語は、JavaScrpitを採用しており、世界中の数多くのエンジニアが使用している言語であるため、開発者を集めやすく開発が進みやすい特徴があります。

②サイド チェーンを用いたDapps構築プラットフォーム

Liskはサイド チェーンを用いたDapps 構築 プラットフォームであり、イーサリウムとは異なり、ユーザーがブロックチェーンにスマートコントラクトコードを書くのではなく、それぞれのDAppsでブロックチェーンを立ち上げ、そこにコードを書き込むという仕組みになっています。

そのため、ネットワークの拡張性や開発の柔軟性が増し、承認システムであるプルーフ・オブ・ワーク(proof of work/PoW)や、その代替となるプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)への変更も可能になり、またプラットーム負荷軽減と、ブロックチェーン処理速度向上が見込めます。

Lisk(リスク・LSK)が1週間で4倍まで高騰した理由とは?

今回、リスクが1週間で4倍まで高騰したのは、前述で述べた通り、下記4点が主な要因のようです。

  • 「インド取引所に上場」
  • 「リブランディング」
  • 「Lisk core 1.0のアップデート」
  • 「SDK(開発者用ツール)配布」

1. インド取引所に上場

8月24日にインドで新しく仮想通貨取引所である「BitBay」が開設されました。

取扱い通貨としては、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、モネロ(XRM)、ダッシュ(DASH)、ゲームクレジット(GAME)などがあり、そのなかでリスク(LSK)が扱われることが発表されました。

インドは、日本よりもペイパルなどオンライン決済が盛んな国で、特に「仮想通貨業界の中でも注目の市場」であり、取扱い通貨の中にリスク(LSK)が入っていたことが要因のようです。

2.リブラディングの発表

また、2017年9月にリスクが「リブランディング」をすることを発表しました。

リブランディングとは今までのブランドを再構築して、より効果的なブランドを立ち上げること」で、変化の大きい仮想通貨市場で、ビジネスと消費者間に起こるミスマッチを改善し、ブランドの方向性を修正することで、更に成長させることが目的のようです!

3.Lisk core 1.0のアップデート

また、CEOであるマックス・コーデックがインタビューの中で、2017年9月に【Lisk core 1.0】のアップデートを行うことを発表しました。これにより、リスクの大幅な改善が見込める可能性が出てたことも要因です。

4,「SDK(開発者用ツール)配布」

その他、リスクのプラットフォームを簡単に使える「SDK(開発者用ツール)の配布」を12月に実施することも発表してます。

こちらは、どこまで価格に影響してるかわかりませんが、SDK配布は、リスクがアプリケーション・プラットフォームとして利用されるようになるために重要な要因だと考えています。

今後もリスクの価格は高騰する可能性も

今回の発表内容を見ると、2017年9月~12月にかけてリスク(Lisk)は大幅な改革を行って行くようです。

つまり、上記が全て実現された場合、プラットフォームとしての大幅な成長が見込めるため、それに伴いLSKの価格も高騰していくでしょう。

数ヶ月の内に、1LSK=1,000円まで価格が上がりそうなので今後も期待して動向を追っていきましょう。

Lisk(リスク・LSK)が購入できる取引所はこちら

Coincheck(コインチェック)

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェク登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

コインチェックの登録はこちら!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin