「MONEXグローバル投資家サーベイ」仮想通貨への投資は日米約3%。市場規模拡大の余地あり

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨への投資は日米で約3%と少数

マネックス証券は、2017年5月29日から6月5日にかけて第23回「MONEX グローバル投資家サーベイ」を実施しました。調査は日本、米国、中国(香港)の個人投資家(有効回答は日本872人、米国122人、中国(香港)300人)を対象に実施され、結果として、日米では3%、香港では10%程度、実際に投資を行ってる人の割合がまだ低いことが判明しました。(第23回 MONEX個人投資家サーベイ「仮想通貨への投資状況やロシアゲート疑惑の投資への影響」)

【調査概要と回答者属性(調査方式:インターネット調査)】

<日本>
調査対象:マネックス証券でお取引をする個人投資家
回答数: 872 件  調査期間: 2017年5月29日~6月2日
<米国>
調査対象: TradeStation Securities, Inc.でお取引をする個人投資家
回答数: 122 件  調査期間: 2017年5月30日~6月5日
<中国(香港)>
調査対象: Monex Boom Securities (H.K.) Limited でお取引をする個人投資家
回答数: 300 件  調査期間: 2017年5月31日~6月2日

仮想通貨への投資はまだ少数。

近年、「ビットコイン」を含む「仮想通貨」への投資が話題になっているが、本調査で判明したことは、日米の投資家が既に仮想通貨に投資してる割合が3%程度であり、中国(香港)の投資家でも10%程度と投資を行ってる人の割合が低いこと。また、米国・中国(香港)の投資家の場合の2割は「仮想通貨を知らなかった」と回答しており、日本と比較してもまだ認知が低いことが判明しました。

仮想通貨市場が更に拡大する可能性あり

上記の結果から、まだまだ「仮想通貨」への投資は一般的なものではなく、現在の市場規模(約10兆)からまだまだ伸びる余地があると想定されます。FX(外国為替証拠金取引)の年間取引高が5,000兆以上であることから想定しても、まだ「仮想通貨」への投資は一般的なものではないでしょう。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin