ビットコイン(仮想通貨)取引の指値注文・成行注文とは?

指値注文・成行注文とは?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【出川哲朗を起用した新CMスタート/ビットコインプラチナ配布予定】
【2位】Zaif(ザイフ)※【急上昇】取引手数料マイナス0.05%キャンペーン実施中!
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

▼注目ニュース!
【12月8日】世界で最も安全なコインで使いやすい仮想通貨を目指すTokenPay(トークンペイ・TPAY) プレセールが開始!【12月13日までトークン2倍ボーナス付き】
【12月12日】ライトコイン(LTC)価格が50%高騰/創業者チャーリー・リーがCBNCデビュー理由
Bitcoin.comのCEOロジャー・バー氏がビットコインキャッシュ(BCH)デビットカード発行を発表。

▼ハードフォークニュース!【12月12日午前中】
【12月12日】スーパービットコイン(SBTC)とは?12月12日のビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生!

▼公式ツイッター開始
最新仮想通貨ニュースなどを受取りたい方はこちら

ビットコインだけでなく仮想通貨(暗号通貨)取引の注文方法には大きく分けて「指値注文」「成行注文」という2つの注文方法があります!

取引所を利用する際は重要なポイントになってくるのでぜひ覚えておきましょう!

取引所とは?

ちなみに取引所とは何か?理解している方が少ないので、ここで振り返ってみたいと思います!

※参考記事を掲載特に取引所と販売所の違いはしっかり把握しておきましょう!

取引所とは、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせる場を提供してるサービスです。

「仮想通貨を買いたい!」と思っても、「売りたい人」が居なければ、仮想通貨を購入することはできません。

そこで取引所は、「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせ、取引できる場を提供する代わりに「手数料」を貰うことで成り立っています。

取引所での取引はオークション形式

取引所での取引は、オークション形式が採用されており、「買い手」と「売り手」に売買価格を提示してもらい、最も高く買いたい人と最も安く売りたい人の価格がマッチした時に、取引が成立(約定)する仕組みを取っています。

例えば、「1BTC100,000円なら売るよ!」という売り手と「いや1BTC90,000円じゃないと買わないよ」という買い手がいた場合、いつまで経っても取引は成立しません。

取引を成立させるには買い手が「100,000円でも良いから買う」か、売り手が「90,000円でも良いから売る」しかありません。

つまり、買い手・売り手のどちらかが相手の取引条件をのむこと初めて取引が確定します!

もし、買い手の需要が高ければ、価格は上がり、売り手の需要が高ければ価格は下がる仕組みをとっています !

 

指値注文とは?

それでは本題である「指値注文」「成行注文」の違いを説明していきます!

Coincheck(コインチェック)の買い板を例にあげますが、指値注文とは「この額で買いたい!もしくは売りたい」と注文を出すことことで、成行取引とは違い「すぐに取引が成立するわけではありません」

上記の画像のように、最も安い売り注文は「497,187円」になっていますが、赤枠の497,200円に売り注文を出した時は、すぐに売りが成立するわけではなく「497,200円買いたい!」という人が出るまで取引成立しません。このような条件付きの注文を指値注文と呼びます。

※指値注文は「今すぐに取引が成立するわけでなく、指定したレート」で注文を出すため、一度注文が板にのります。そのため「板を作る人  」として「Maker(メイカー)」と呼ばれます。

成行注文とは?

成行注文」という価格を指定しないで売買の注文を出すことで、「今すぐに取引を成立させる」注文方法です。

上記の場合、一番安い売りレートが49,817円なので、それ以上のレート(価格)で注文を出した場合、成行き注文が成立します!

成行注文」は現在の価格に関係なく、取引が成立する注文を出すため、「板を消費する人 = 板を取る人」としてTaker(テイカー)と呼ばれます。

合わせて覚えておきたい!Maker・Taker手数料とは?

上記のように注文方法には「指値注文(Maker)」と「成行注文(Taker)」の2つがありますが、両方の各注文方法では、手数料が違う場合が多々あります!

指値注文の手数料の場合は、maker手数料。成行注文の場合をtaker注文と呼ぶので覚えておきましょう!

  • maker手数料: 板に注文を並べる際の手数料
  • taker手数料: 並んだ注文を消費する際の手数料

つまり「maker手数料」は板を作った時の手数料で、「Taker手数料」はすでに並んだ注文を成立させるための手数料ということになります。

各取引所のビットコイン現物取引手数料一覧

下記のように、取引所によって手数料も違ってくるため、その点は注意して取引するようにしましょう!

取引所Taker手数料Maker手数料
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.01~0.15% 0.01~0.15%
Coincheck(コインチェック) 0.00% 0.00%
Zaif(ザイフ) -0.01% -0.01%

ビットコイン取引で最も手数料がやすいのはZaif(ザイフ)です。マイナス手数料は、ビットコイン売買が成立すると、取引額の0.01%がボーナスとして入る仕組みのことです。

指値注文のメリット・デメリット

指値注文は、自分が希望した価格で仮想通貨の売買ができるところで、現状価格の10~20%の売買価格で注文したりすると暴落暴騰時などに利益を出しやすくなります!特に、プロトレーダーになると様々なテクニカル分析をした後、指値で注文している場合が多く、指値注文が上手くなることが利益を出す最大の近道でdせよう!

その反面、希望額に到達しなかった場合、取引が成立しないため機会損失を生み出すことも多くあることも注意しましょう!

成行注文のメリット・デメリット

成行注文は注文後直ぐに取引が成立するため、「急いで買いたい時」「もしくは売りたい時」などにはメリットがあります。ただし、初心者の場合、暴落につられて成行注文を出して、必要以上に安値で売ってしまったり、逆に高値で買ってしまったりする場合が多くあります。

仮想通貨は、暴落暴騰などボラティリティ(価格変動幅)が大きい為、成行注文ばかりしていると損することが増えてしまいます。トレードは利益を出すことよりも、損しないことが最優先なので可能な限り指値注文するようにしましょう!

仮想通貨トレードで読んで起きたい記事はこちら

国内取引所ランキング!

【1位】Coincheck (コインチェック)

ビットコイン・仮想通貨の取引量No.1なら「コインチェック」がおすすめ!スマホアプリも使いやすく、取扱い仮想通貨種類も13種類と日本一。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【2位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら