SBIホールディングス:中小企業の資金調達をサポートする 「SBI CapitalBaseキャピタルベース」設立を発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

2017年10月12日にSBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)はこのたび、FinTechを活用しベンチャー・中小企業向けに資金調達支援プラットフォーム等を提供するSBI CapitalBase株式会社(以下、「SBI CapitalBase」)を設立を発表。

SBI CapitalBaseはベンチャー・中小企業における多様な資金調達ニーズに応えるべく、伝統的な「株・債券」を用いた手法から、最新技術を用いた「Initial Coin Offering(以下、「ICO」)・購入型クラウドファンディング」等のオルタナティブな手法まで、複数の資金調達手段サービスを提供することで、企業の成長ステージに応じた最適な資金調達をサポートいたします。また、M&Aプラットフォームの提供を通じてベンチャー・中小企業におけるM&A案件のアレンジもサポート。

これまでの非上場企業向け資金調達支援サービスは一部の投資家を対象とした限定されたものでしたが、SBI CapitalBaseは近年の成長著しいFinTech分野における中心的技術である「ブロックチェーン・ビッグデータ・AI」といった技術をベースに、投資家の裾野を拡大しつつ、オンラインで効率的なマッチングを実現させることでベンチャーエコシステムを活性化させ、新産業の育成を目指します。今後、株式会社SBI証券・SBIインベストメント株式会社・SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社を含むSBIグループ各社及び国内外のパートナーと連携し、顧客の開拓を行うとともに順次サービスを提供していく予定である。

【新会社の概要】

名称SBI CapitalBase株式会社
ロゴ
所在地東京都港区六本木1-6-1
代表者の役職・氏名代表取締役会長:北尾 吉孝
代表取締役社長:佐藤 隼人
事業内容1.インターネットを利用した資金調達支援プラットフォームの構築および運営
2.インターネットを利用したM&Aプラットフォームの構築および運営
設立年月日2017年10月11日
資本金300百万円(資本準備金を含む)
株主SBIグループ100%出資

以上

参考元:FinTechを活用しベンチャー・中小企業の資金調達をサポートする「SBI CapitalBaseキャピタルベース」設立のお知らせ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら