【GMOコイン】が、2017年11月1日(水)よりの通常スプレッドを800円→300円を発表!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【GMOコイン】「仮想通貨FX」の通常スプレッド変更(800円→300円)および取引ルール変更を発表!

国内仮想通貨取引所である「GMOコイン」は、2017年10月13日に、2017111日(水)メンテナンス終了時より、「仮想通貨FX」の通常スプレッドを800→300円に変更を発表。これによりGMOコインの更なる取引量の増加が見込めるようになった。

内容

いつもGMOコインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

GMOコインでは、2017年9月より「スプレッド300円DAY」を実施しており、お客様より大変ご好評をいただいております。
これを受けまして、2017年11月1日(水)メンテナンス終了時より、「仮想通貨FX」の通常スプレッドを800円→300円に変更いたします。

相場急変時やその他外部要因等により、流動性が著しく低下した時には上記に提示されたスプレッド以外のスプレッドとなる場合がございます。

またスプレッド変更に伴いまして、2017111日(水)メンテナンス終了時より下記の通り取引ルールに変更がございます。

【仮想通貨FX

最小注文数量(最小注文単位)

変更前:新規・決済ともに0.001BTC/

変更後:新規・決済ともに0.01BTC/

【仮想通貨売買】

最小注文数量(最小注文単位)

変更前:0.001BTC/

変更後:0.0001BTC/

ご注意事項

上記の取引ルール変更に伴い、現在お客様が「仮想通貨FX」にて保有されている各建玉のうち、0.001~0.009BTCに該当する数量のみ、強制決済をさせていただきます(2017111日メンテナンス時に決済)。

なお、0.001~0.009BTCに該当する数量の決済は、建玉の合計数量ではなく、各建玉に対して実施されますのでご注意ください。

例)

 建玉A 1.234BTC

 建玉B 0.006BTC

の合計 1.24BTCを保有の場合は、

 建玉A

  1.234BTCのうち、0.004BTCが決済対象

 建玉B

  0.006BTCのうち、0.006BTCが決済対象

となり、建玉A1.23BTC)のみが残ります。

0.01BTC未満を含んだ建玉を保有のお客様におかれましては、事前に建玉の決済をしていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう