時価総額20億!?PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の高騰理由とは?今後の価格が上がる可能性とは?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

2時間で8倍以上価格が急騰!PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の高騰理由とは?

Zaif(ザイフ)」のみで購入できるPEPECASH(ぺぺキャッシュ)ですが、2017年10月13日に価格をあげて、2時間で8倍の10円弱まで高騰しました!

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)は直近10ヶ月で、価値を100倍まで上げており、時価総額ランキングは約150位、時価総額20億まで高騰させていました。

今回は、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の高騰理由と、将来性などについてご説明していきます!(高騰理由は、将来性などは後半に書いてあります!)

時間がなく全文の記事が読めないけど、ペペキャッシュを今すぐ買いたい!という方は、「Zaif(ザイフ)」に登録して購入しましょう!

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

PEPECASH(ペペキャッシュ)とは?

ちなみにPEPECASH(ぺぺキャッシュ)とは何かを、ご説明しておきます!

1.海外版モナコイン

PEPECASH(ペペキャッシュ)は、海外匿名掲示板である「4ch」から生まれた通貨で、カエルをモチーフにしたデジタルカード(トークン)を購入するために使われる仮想通貨です。日本でも「2ch」から生み出された「モナコイン(MONA」」と呼ばれる通貨があり、PEPECASH(ペペキャッシュ)は、海外版モナコインと呼ばれることが多くあります!

モナコインとは?

そもそも、Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト「2チャンネル」のソフトウェアで、Mr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発された日本初の暗号通貨です、通貨単位表記は「MONA(モナ)」で、世界初のSegWitのActivateに成功しした暗号通貨として有名です!

2.レアぺぺと呼ばれるデジタルカード購入に使用される!

また、PEPECASH(ペペキャッシュ)の利用用途としては、レアペペカードと呼ばれるデジタルカードの売買に利用されており、rerapepedirectoryと呼ばれるサイトは、自作カードを売ったり、他の人が作ったカードを買ったりすることが可能です!アメリカの文化を踏襲したようなキャラクターばかりで、ウケ狙いで作られています!

3.カウンターパーティー(XCP)から生み出された仮想通貨

また、PEPECASH(ペペキャシュ)やレアペペカードは、counterpartyのオリジナルトークン発行機能を用いてトークン化されおり、自由にユーザー間で売買することが可能です!

Counterpartyとは?

Counterpartyとは、ビットコインのブロックチェーン上で展開されている、オープンソースの金融プラットフォームです。XCPと呼ばれる基軸通貨は Proof of Burn という仕組みでビットコインを破壊することによって作成され配布されました。現在発行済みの約260万XCPは、これにより保証されており今後増えることはありません。また、XCPを消費して、トークンと言われる独自通貨を発行することができ、幅広い目的に利用することができます。

なお、ビットコインのブロックチェーンを利用するため、実際に使用する(送金・取引する)にはビットコインも必要になります。

PEEPCASH(ペペキャッシュ)の高騰理由とは

PEPECASH(ペペキャッシュ)が高騰した理由については、下記2点が挙げられます。

1.モナコイン価格急騰

ビットフライヤーがモナコインの扱いを正式に開始したことで、2017年10月12日以降にモナコインは、その価値を高騰(急騰)させて、1日で4倍以上の390円まで上がりました。

それに関連してペペキャッシュの価格が上がったことを考えると、「モナコインが高騰した」→「Zaifユーザー自体が増加」→「ペペキャッシュの取引量が増加」→「ペペキャッシュの価格を見たユーザーが次々購入」→「価格が高騰」などの可能性があります。

参考:モナコイン(Monacoin)の価格が高騰!ビットフライヤーが取扱い開始が急騰理由

2.ペペキャッシュが仮想通貨ホワイトリスト化された

仮想通貨の「ホワイトリスト」とは、改正資金決済法(仮想通貨法)で定められた「国内取引所で購入してもよい仮想通貨」のことで、その中にペペキャッシュが入っていたことも高騰理由として挙げられます。

また、そのリストに入っていることを「ホワイトリスト化」と呼びますが、国内では10月13日現在ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムなど16種類の仮想通貨がホワイトリスト化されています!

PEEPCASH(ペペキャッシュ)の口コミ

今後、PEPECASH(ペペキャッシュ)の将来性はあるのか?

上記で説明したとおり、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の価格の高騰理由は2つあることを説明しました。もし、今回の高騰理由が、Zaif(ザイフ)ユーザーが増加した結果」であれば、今後も価格が上がる可能性は大いにあります!

つまり、Zaif(ザイフ)の登録者数が増えれば価格が上がるならば、今話題のZaifトークン、COMSAの上場、モナコインの価格高騰につられて価格が上がることは大いにあるでしょう!

例えなくても、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の価格はここ10ヶ月間で、最大100倍以上高騰しているのは事実なので、今後の値上がりも期待できると思います!

国内でPEPECASHを購入できるのはZaifだけ!

最後にに、PEPECASH(ペペキャッシュ)を購入する場合は、国内取引所の「Zaif(ザイフ)」がおすすめなのでぜひ登録して購入してみましょう!

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

Zaif(ザイフ)でPEPECASH(ペペキャッシュ)を購入・売却する方法とは?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう