【仮想通貨】PEPECASH(ぺぺキャッシュ)とは/特徴・購入方法・今後の将来性まで徹底解説!

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【仮想通貨】PEPECASH(ぺぺキャッシュ)とは/4chから誕生したカエルがトレンドマークの暗号通貨

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)とは、緑のカエルがトレンドマークの仮想通貨(暗号通貨)でアルトコインの一種です!現在時価総額ランキング150位ぐらいであり、高騰の影響から時価総額20億円まで急騰しました。(ぺぺキャッシュ(PEPECASH)の価格が100%以上高騰)

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)は、海外匿名掲示板である「4ちゃんねる」で、Counterparty(カウンターパーティ)というビットコインのブロックチェーンのプラットフォーム上で生み出されたXCPを元に作られた独自トークンです!

アメリカらしいキャラクターが特徴であり、日本の2ちゃんねるで作られた「モナコイン」の海外版だと言われており、国内仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)」のみでしか購入できないため、「Zaifトークン」や「モナコイン」の価格に連動することが多いです!

時間がなく全文の記事が読めないけど、今すぐぺぺキャッシュ買いたい!という方は、「Zaif(ザイフ)」に登録して購入しましょう!(国内ではここでしか購入できません!)

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の特徴

まず、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の特徴についてご説明していきます!

1.海外版モナコイン

PEPECASH(ペペキャッシュ)は、海外匿名掲示板である「4ch」から生まれた通貨で、カエルをモチーフにしたデジタルカード(トークン)を購入するために使われる仮想通貨です。日本でも「2ch」から生み出された「モナコイン(MONA」」と呼ばれる通貨があり、PEPECASH(ペペキャッシュ)は、海外版モナコインと呼ばれることが多くあります!

モナコインとは

そもそも、Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト「2チャンネル」のソフトウェアで、Mr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発された日本初の暗号通貨です、通貨単位表記は「MONA(モナ)」で、世界初のSegWitのActivateに成功しした暗号通貨として有名です!

2.レアぺぺと呼ばれるデジタルカード購入に使用される!

また、PEPECASH(ペペキャッシュ)の利用用途としては、レアペペカードと呼ばれるデジタルカードの売買に利用されており、rerapepedirectoryと呼ばれるサイトは、自作カードを売ったり、他の人が作ったカードを買ったりすることが可能です!アメリカの文化を踏襲したようなキャラクターばかりで、ウケ狙いで作られています!

また、独自のウォレット(https://rarepepewallet.com/)を持っていれば、デジタルカードを通貨のように所有・管理・閲覧することが可能です!

3.カウンターパーティー(XCP)から生み出された仮想通貨

また、PEPECASH(ペペキャシュ)やレアペペカードは、counterpartyのオリジナルトークン発行機能を用いてトークン化されおり、自由にユーザー間で売買することが可能です!

Counterpartyとは

Counterpartyとは、ビットコインのブロックチェーン上で展開されている、オープンソースの金融プラットフォームです。XCPと呼ばれる基軸通貨は Proof of Burn という仕組みでビットコインを破壊することによって作成され配布されました。現在発行済みの約260万XCPは、これにより保証されており今後増えることはありません。また、XCPを消費して、トークンと言われる独自通貨を発行することができ、幅広い目的に利用することができます。

なお、ビットコインのブロックチェーンを利用するため、実際に使用する(送金・取引する)にはビットコインも必要になります。

また、Counterpartyにはproof of burnというアルゴリズムがあり、一定期間が経つとBurn(バーン)する仕組みがあります。Burn(バーン)とは、発行された通貨の一部を利用できなくすることです、現在発行されている通貨のうち、3億枚がBurnされています。発行枚数が減るということは相対的に通貨一枚あたりの価格の価値があがるため、価格が上がりやすくります。

700 million pepecash (approximately) out of 1 billion created were given as dividends to those cards. The remaining 300 million or so were burned to this address: https://counterpartychain.io/address/1BurnPepexxxxxxxxxxxxxxxxxxxAK33R. To the best of my knowledge, the creator did not keep any pepecash that weren’t distributed to him via dividends.

Additionally, more Pepecash is burned ritualistically before events in the community, and half the submission fee (paid in pepecash) is burned as well. So the supply is constantly (slowly) declining.(bitcointalk.org)

 

概要

通貨コード(シンボル)PEPECASH(PEPE)
発行開始 2016年9月14日
承認アルゴリズム
発行上限701,884,009 PEPECASH
現在の流通量701,884,009 PEPECASH
ブロック認証サイクル
公式サイト公式サイトリンク
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト

PEPECASH(ペペキャッシュ)の買い方・購入方法

それでは、Zaif(ザイフ)を利用した具体的な購入方法をご説明していきます!

PEPECASHを購入する順番としては「アカウント口座開設」→「現金の入金」→「仮想通貨を選んで購入」という2つのステップで購入することが可能です!

購入する2つステップ

①Zaifに登録する

まずPEPECASHを購入するには、Zaif(ザイフ)に登録する必要があります。口座開設のやり方はこちらになります。

②PEPECASHを購入する

1. Zaif(ザイフ)の公式サイトへ移動して、「取引所はコチラ」ボタンをクリックをクリックします。

2. ビットコイン(BTC)取引所に移動するので、左上にある「BTC/JPY」タブをクリックします。そうすると様々な仮想通貨(アルトコイン)を選べるタブが表示されるので「トークンタブ」を押します。

3.トークンタブをクリックすると「PEPECASH/JPY」「PEPECASH/BTC」が表示されるので、日本円建てで購入シたい方は「PEPECASH/JPY」。ビットコインで購入したい方は「PEPECASH/BTC」をクリックします。

4. 「PEPECASH/JPY」で購入する場合は、クリックすると右に取引フォームが表示されるので、「レート」「数量」を入力して「買い注文」ボタンをクリックします。あとは取引が成立すれば、購入完了です!

【仮想通貨】PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の買い方・購入方法を徹底解説!

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の価格・チャート推移

ちなみに、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の価格はここ10ヶ月間で、最大100倍以上高騰しており、モナコインの高騰によって、「Zaif(ザイフ)」ユーザーが増加した結果、価格が高騰してるものだと思われます。

つまり、Zaif(ザイフ)の登録者数が増えれば増えるほど、価格は上がる可能性があると考えています!

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の高騰理由

2017年10月13日にPEPECHASH(ぺぺキャッシュ)は価格をあげて、2時間で8倍の10円弱まで高騰しました!理由としては、「モナコインの高騰に連動した」か、2017年の仮想通貨のホワイトリスト化された2つの要因が挙げられます!

1.モナコイン価格急騰

ビットフライヤーがモナコインの扱いを正式に開始したことで、2017年10月12日以降にモナコインは、その価値を高騰(急騰)させて、1日で4倍以上の390円まで上がりました。

それに関連してペペキャッシュの価格が上がったことを考えると、「モナコインが高騰した」→「Zaifユーザー自体が増加」→「ペペキャッシュの取引量が増加」→「ペペキャッシュの価格を見たユーザーが次々購入」→「価格が高騰」などの可能性があります。

2.ペペキャッシュが仮想通貨ホワイトリスト化された

仮想通貨の「ホワイトリスト」とは、改正資金決済法(仮想通貨法)で定められた「国内取引所で購入してもよい仮想通貨」のことで、その中にペペキャッシュが入っていたことも高騰理由として挙げられます。

また、そのリストに入っていることを「ホワイトリスト化」と呼びますが、国内では10月13日現在ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムなど16種類の仮想通貨がホワイトリスト化されています!

参考:時価総額20億!?PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の高騰理由とは?今後の価格が上がる可能性とは?

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の口コミ・評判

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のメリット・デメリット

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のメリット

1. 価格が安い

ぺぺキャッシュは、直近10ヶ月で100倍以上に高騰したといっても、まだ購入価格は3円ぐらいであり、まだまだ他の通貨と比較しても安いです。つまり、今のうちに購入しておけば、将来的に大幅な利益を出すことです!

2. Zaifのみしか扱っていない

上記に関連しますが、国内でまだ「Zaif(ザイフ)」のみしか扱っておらず、現在「Zaif(ザイフ)」は大幅にユーザーが増加しており、今後もネムを含む好材料が多いため、それに連動して価格が高騰する可能性もあるでしょう!

また、他の仮想通貨取引所が扱いはじめれば一気に急騰する可能性も否定できません!

3. コミュニティが強い

https://twitter.com/aria_minase/status/913683111749324800

また、PEPECASH(ペペキャッシュ)は、レアペペカードと呼ばれるデジタルカードの売買に利用されており、rerapepedirectoryと呼ばれるサイトは、自作カードを売ったり、他の人が作ったカードを買ったりすることが可能で、国内のモナコインのように遊び半分ですが強いコミュニティ(支持者)を持っています。

強いコミュニティがあると価格が上がりやすい傾向にあるため、良い傾向にあると思います!

https://twitter.com/_tomomin_/status/899278267365990406

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のデメリット

1.レアぺぺ売買以外で使う用途がない

ただし、現時点でPEPECASH(ぺぺキャッシュ)の使う道がデジタルカードの売買に利用するのみなので今後他の用途ができることを期待しています。

2.取引量がまだ少ない(スプレッド)

スプレッド(Spread)とは、「広がる」「差額」の意味で、仮想通貨取引で使用する「スプレッド」とは、買値(ASK)と売値(BID)の「価格差」のことですが、現時点でそこまで取引量が多いわけではないため、その点はデメリットと呼べるでしょう。

※スプレッドは実質手数料

スプレッドは、実質手数料と同じです。スプレッド差100円と1000円では、売買した際の利益が900円の差が生じます。つまり、1000円のスプレッドが合った場合「1000円-100円 = 900円」の手数料を払っていると同義です。取引手数料が安い場合でも、流動性が少なくスプレッドが大きい取引所は、回避するようにしましょう。

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のおすすめウォレット

1. Rare PEPE Wallet(レアぺぺウォレット)

まず、最も有名なPEPECASH(ぺぺキャッシュ)の専門ウォレットは、Rare Pepe Wallet(レアぺぺウォレット)で、こちらを利用すればデジタルカードを通貨のように所有・保管・閲覧することが可能になります!(こちらはブラウザのみ対応です)

2. Book Of Orbs

また、それ以外にも「Book of Orbs」というブロックチェーン上に創られたデジタルアセットの新しい形「ORB」(Ownership Revolution on the Blockchain)のコレクションとトレードができるアプリもあり、ブロックチェーンが実現した、複製不能でレアなデジタルアイテムを集め、あなただけのオリジナルコレクションを完成させることが可能です!

ORBの特徴

  • 1.真の所有権

    ブロックチェーン上の記録であるORBは、秘密鍵を持っているあなただけのものです。ORBはユーザーに真のデジタル所有権をもたらします。

  • 2.希少性

    ORBの発行量はブロックチェーン上で世界中誰でも確認でき、真に公平で希少性の高いデジタルアイテムが実現しました。

  • 3.分散トレード

    ORBはユーザー間で送受信できるだけでなく、ブロックチェーン上でP2P分散取引が可能です。自由にセキュアにORBをトレードし、自分だけのコレクションを完成しましょう

  • 4.拡張性

    オープンなブロックチェーン上に存在するORBは複数のサービス間で互換可能です。Book of Orbs上で集めたORBのポテンシャルは無限に広がっていきます。

Book of Orbsの特徴

  • 1.Book of Orbsであなただけのコレクションを完成させられる
  • 2.他のユーザーとブロックチェーン上で簡単に安全にトレードできる
  • 3.新しいカードやページも続々追加。その他のサービスとの連携など、可能性は無限に広がる。

参考:【仮想通貨】PEPECASH(ぺぺキャッシュ)を保管するおすすめウォレットとは?

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の今後の将来性

PEPECHASH(ぺぺキャッシュ)は、「短期間で価格を高騰させていること」「Zaifのユーザー増加」「価格が安い」「コミュニティが強い」などの観点からまだまだ価格を上げる可能性はあると考えています。

また「他の仮想通貨取引所の上場」や「利用用途の拡大」などのニュースが出れば、取引量も少ないため急激に価格が上がることもあるため、今の内に購入しておくことをおすすめします!

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)を購入するならZaif

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう