【Zaif(ザイフ)】Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の対応についてのお知らせを発表

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

Bitcoin Goldの対応についてのお知らせ

国内仮想通貨取引所であるZaif(ザイフ)は、2017月10日25日に分岐が起こる可能性が高くなっておりますBitcoin Gold(BTG)についての対策方針を発表した。

 BTGにおける対応について

下記の可能性があるため、現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断いたしました。

・リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

また、弊社では付与の如何にかかわらず、分岐時点とされる491407block時点(2017年10月25日前後)でのお客様のビットコイン(BTC)残高のスナップショットを保持します。
BTGの付与をしないと判断した場合であっても、Zaifが保管以外の目的でBTGを移動(※1)したり処分して他通貨に交換するようなことはありません。

※1:BTGのリプレイアタック対策が不十分なことに起因する、こちらで意図しない移動についてはこの限りではありません。

 今後のBTGにおける対応について

弊社ではBTGに限らず仮想通貨の取り扱いにおいて、お客様資産の保全、市場環境、継続的運営、セキュリティ等の観点を考慮して取り扱い可否の判断をしております。
ただし、前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定です。
付与すると判断した場合は、前述のスナップショットに基づきお客様へBTGの付与を行います。

 今後ハードフォークが起きた場合の対応について

弊社ではお客様資産の保全、市場環境、継続的運営、セキュリティ等の問題を考慮し、通貨の取り扱い可否を判断しております。
今後も仮想通貨のハードフォークは、様々な通貨で発生することが予想されています。
ハードフォークによって新通貨が発生した際にも、弊社の判断基準に伴い取扱い可否を判断してまいります。

今後とも仮想通貨取引所 Zaifをよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう