コインチェック(Coincheck)の本人確認方法|ハガキの受け取りまでの手順をやさしく解説!

coincheck

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

コインチェック(Coincheck)の本人確認方法|ハガキを受け取りまでの手順を解説!

コインチェック(コインチェック)の登録方法で、最もつまづくのが「本人確認」になります。

本人確認が完了しない場合、「日本円の入出金」および「仮想通貨取引」ができません。

本人確認するのとしないのでは何が違う?

本人確認するとしないのでは、使用できる機能に違いがあります。

  • 本人確認しない場合:ウェブサイトの閲覧が可能
  • 本人確認した場合:入出金や取引など、全ての機能を使用可能

つまり、ビットコインや仮想通貨の取引をするには「本人確認」必須なのです!

Coincheckでは「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(以下「犯罪収益移転防止法」)に基づき、郵送ハガキの受け取りによる本人確認を開始しています。

今回は、初心者がつまづきやすい「本人確認」について、登録からハガキの受取までの手順をご紹介していきます!

▼まだ登録が完了していない方は事前に登録しておきましょう!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

コインチェック(coincheck)の本人確認に必要なもの

本人確認の手順を説明する前に、事前に必要な書類などをご紹介しておきます!

1.SMS認証

まず、コインチェックでは、SMSを利用した電話番号認証が必要になります。そのため、電話番号がある携帯電話・スマホが必要になるので準備しておきましょう!

電話番号認証画面で、フォームに電話番号を入力し、送信されたSMS(電話番号宛のテキストメッセージ)に表示されている6桁の番号を入力すれば完了です!詳細は後ほど説明します。

【注意点】

  • 一度コインチェックで使用した電話番号は使えません。
  • 法人の場合は、携帯がなくてもお問い合わせで連絡すると都合の良い時間帯で対応してくれます.。(確認済み)

2.本人確認書類

本人確認書類(身分証明書)は下記のものが利用できますので1つはご準備ください。

▼有効な本人確認書類(下記どれか1点必要)

  • パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
  • 在留カード(裏面もご提出ください)
  • 特別永住者証明書(裏面もご提出ください)
  • 運転免許証(裏面もご提出ください)
  • 運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

身分証明書は、サイトからアップロードできます。PCやスマホに身分証明書の写真を入れておけば、簡単にサイト上に身分証明をアップすることができます!

3.IDセルフィー

IDセルフィーとは「提出された書類の顔が写っているもの」と「本人が写っている」写真のことです。こちらも事前に写真を準備しておけば簡単にアップすることが可能です!

4.法人の場合

法人の場合は下記の書類全てを提出する必要があります。ネットバンキングを利用してる場合、口座通帳はログイン画面のスクリーンショットでも対応してくれます。

  • 法人名義の口座通帳の表紙の写し
  • 登記簿謄本の写し(発行から6か月以内)
  • 担当者の身分証明書
  • 担当者のIDセルフィー

コインチェック(coincheck)の本人確認手順

1.登録フォームに「メールアドレス・パスワード」を記入

まずは、Coincheck(コインチェック)のホームページに行き、登録フォームに「メールアドレス・パスワード」、もし「Facebookボタン」で登録します。

※ここでは「メールアドレス・パスワード」で登録する方法をご紹介します!

「メールアドレス・パスワード」の記入が完了すると、メールアドレス確認画面に移動します!

この時、メールアドレスに「確認メール」が送信されてるので、メールを確認しましょう。

届いて居ない場合は「メールをもう一度送る」ボタンを押して、メール再送信を行いましょう。

2.メールを確認

次に、確認メールが届くので、メール本文に記載しているURLをクリックしましょう。これでコインチェックの口座開設完了です!

※パスワードは、紛失の可能性があるため、必ずメモで保存するようにしましょう!パスワードは再発行できますが、時間がかかる場合があるため面倒いです。注意しましょう!

3.本人確認の手続き

URLをクリックするとコインチェックのホームページに移動します。入出金や取引など全ての機能を利用するには「本人確認書類」を提出する必要があります!

とても重要な項目なのでチェックしましょう!

まずは、本人確認書類を提出するボタンを押して、「電話番号登録」「名前」「住所」の記入ページまで移動します。

本人確認するのとしないのでは何が違う?

本人確認するとしないのでは、使用できる機能に違いがあります。

  • 本人確認しない場合:ウェブサイトの閲覧が可能
  • 本人確認した場合:入出金や取引など、全ての機能を使用可能

つまり、ビットコインや仮想通貨の取引をするには「本人確認」必須なのです!

電話番号認証をする

「本人確認書類を提出する」ボタンを押したら「電話番号認証」をします。「電話番号」の欄に記載して「SMSを送信」するをクリックする、SMSで「認証コード」が送信されてきます。

その番号を「認証コード」の欄に入力して「認証する」をクリックすれば登録完了です。

※SMSが使用できない場合・・・・画面下にある「SMSを受信できない方はこちら」をクリックし、移動したページで電話番号を登録すれば、手続きが完了します!

4.本人確認書類の提出

次に、画面の支持に従って、本人確認書類の提出をしましょう!

「氏名」「住所」「性別」などを入力し、運転免許書やパスポートの本人確認書類をアップロードすることで本人確認をします。

登録情報を記入する

まずは、「氏名」「住所」「性別」「居住区」「ご職業」などの本人確認に使用する情報を記入します。

「住所」は、身分証明書をアップロードした後、ハガキを受け取るために必要なので、「現住所」「身分証明書」と同じ住所を記入するようにしましょう!

身分証明書をアップロードする

身分証明書は、サイトからアップロードできます。PCやスマホに身分証明書の写真を入れておけば、簡単にサイト上に身分証明をアップすることができます!

▼有効な本人確認書類(下記どれか1点必要)

  • パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
  • 在留カード(裏面もご提出ください)
  • 特別永住者証明書(裏面もご提出ください)
  • 運転免許証(裏面もご提出ください)
  • 運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

提出書類とご本人が一緒に写っている写真

まず、下記のように「提出された書類の顔が写っているもの」と「本人が写っている写真」のIDセルフィーをアップロードします。

写真をアップロードする方法は2つで、1つ目は「ファイルを選択する」ボタンを押して写真をアップする。2つ目は「カメラを起動」して身分証明書を持ったまま撮影してアップします。

すでに写真がある方は前者。写真がない場合は後者を選択してファイルをアップしましょう!

身分証明書の表の写真と裏の写真

続いて、身分証明書の表と裏の写真をサイト上ににアップロードします。

表面については「顔写真が写っている面。文字が読み取れるように書類全体を撮影」し、ファイルをアップロード。

 

全てのファイルがアップロードできたら、最後に「本人確認書類を提出する」をクリックし完了です!

登録は「メールアドレス・パスワード」で完了しますが、ビットコインの取引には「本人確認」が必須なので、必ず登録するようにしましょう!

5.【注意】ハガキを受け取ろう!

「氏名」「住所」「電話番号登録」「本人確認書類のアップロード」が完了すると、住所確認の為に、コインチェックからハガキが送付されてくるので確認しましょう。

ハガキを受け取れば、入出金や取引が可能になります!

参考:5分でわかる!コインチェック(Coincheck)の登録方法【本人確認・口座開設】

コインチェック(coincheck)のハガキが届く日数は?

コインチェックの本人確認が完了したら気になるのは「ハガキがいつ届くのか?」ということですよね。

基本的には登録から1週間以内に届くことが多いです。ただし、口座開設の申込が多い場合、コインチェックからの送付が遅れる場合があるので、はやめに本人確認を完了させておくことをおすすめします!

不在だった場合

もし、本人不在でハガキの受け取りができなかった場合は、「不在票」が投函されているので、再配達をおねがいましょう!コインチェック側からハガキが送られてきて1週間以内に受け取りができない場合、再度本人確認をする必要が出てくるので注意しましょう!

別住所への転送はできません

簡易書留での本人確認用ハガキは、本人以外受け取ることができず「転送不要」となっていますので注意しましょう。

コインチェック(Coincheck)の本人確認でできること

本人確認の前後で、コインチェックでできるが違ってくるので確認しておきましょう!

利用可能な機能

本人確認書類の提出をしていない場合サービスの閲覧とアフィリエイトの利用が可能
本人確認書類の提出が完了して、郵便を受け取っていない場合入金、売買のみ利用可能
上記全てが完了した場合全ての機能が利用可能

本人確認前

コインチェックのアカウントを作った場合、下記の2つの機能を利用することができます。「アフィリエイト」は本人登録せずとも利用可能ですが、本人確認を完了させないと入出金に制限がかかるため注意しましょう!

  • チャート閲覧
  • アフィリエイトの利用

本人確認後

本人確認が完了した後は、入手金および仮想通貨取引が可能になります!また、それ以外にもビットコインの送付・受け取りなども可能になります。

  • 日本円などの入金・出金
  • 仮想通貨の取引
  • 仮想通貨の送付・受け取り

2017年3月1日以前に本人確認が完了している人は?

2017年3月1日以前に本人確認を完了しているご利用者様には、Coincheckからの質問項目への回答の後、郵送ハガキの受け取りによる本人確認を実施致します。

以前提出した書類から住所が変更となっている、または有効期限が切れているご利用者様に関しましては書類の再提出が必要です。

(一部システム切り替えのタイミングにより、2017年3月1日以前に本人確認が完了しているご利用者様のうち、質問への回答が不要な場合がございます。下記に掲載しております、本人確認画面にてご確認をお願い致します。)

・以前提出した書類から 住所が変更となっている ご利用者様
→ 書類の再提出 + 質問項目への回答

・以前提出した書類の 有効期限が期限切れとなっている ご利用者様
→ 書類の再提出 + 質問項目への回答

・以前提出した書類の住所から変更がなく、かつ有効期限内のご利用者様
→ 質問項目への回答

コインチェック(Coincheck)に登録したら二段階認証を絶対しましょう!

Coincheck(コインチェック)を含む仮想通貨取引所では、近年、盗難事件などが発生しているため、「二段階認証」によるセキュリティ強化は絶対しなければなりません。

グーグルアプリを利用した「二段階認証」を設定すれば、ハッキングによる盗難被害のリスクはは、ほぼ99%以上回避できると言われています。

今回はiPhone・Androidアプリ「Google Authenticator」を利用した「二段階認証」の設定方法(解除)をご説明していきます!

どんなにスマホになれていない方でも、5分ぐらいで設定できるようになるため、ぜひ最後まで読んで設定しましょう!

二段階認証とは

コインチェック(Coincheck)のおける二段階認証とは、ご利用時のID・パスワードでの保護に加え、スマートフォンアプリ「Google Authenticator」と連携しセキュリティを強化する設定です!

二段階認証を設定することによりCoicheckサービスログイン時にGoogle Authenticatorに表示される「6桁の認証コード」の入力が必要となりますが、セキュリティが強化されるため仮想通貨取引所などでは絶対設定すべきものとなっています!

二段段階認証の設定方法

コインチェックでは、セキュリティ認証の強化にSMS認証、そしてGoogle社が提供する認証アプリ(Google Authenticator / iOS, Android)による2段階認証を採用しています。

どなたでも利用でき、悪意のある第三者からの不正アクセスを防止します。

以下、二段階認証の設定方法をご説明してきます!

二段階認証設定手順(7ステップ)

1.まずはサービスにログインして、左メニューの設定から「設定ボタン」を押して、上のメニューある「二段階認証」をクリックして二段階認証画面へ移動します。

2.「二段階認証」の画面に移動したら「設定する」というボタンを押します。

下の画像に「iOSアプリ」か「Androidアプリ」のGoogle Authenticatorというアプリリンクがあるので、事前にダウンロードしておくことをおすすめします!

3. 端末を決めて、「Google Authenticator」という名前のアプリをインストールしたら、ホーム画面に次のようなアイコンが表示されるはずですので、ダウンロードが完了したらアプリを起動しましょう!

4. Google Authenticatorのダウンロードが終わったら起動してQRコードを読み取りましょう。赤丸の中のプラスをタップして下さい。

5. 「バーコードをスキャン」選択するとカメラが起動します。 QRコードに向けることで読み込むことが可能です。6桁のパスコードが表示されたら読み取り成功です。

7. 最後に表示される6桁のパスコードを赤枠内に入力し、「設定する」を押しましょう!これで設定は完了です!

二段階認証についてもっと詳しく知りたい方は「コインチェック(Coincheck)で二段階認証を設定(解除)する方法」を参考にしてください!

 

本人確認を完了させて取引を開始しよう!

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

コインチェック(CoinCheck)に関する記事はこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう