仮想通貨市場が暴落した理由とは?中国ICO規制が理由

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

仮想通貨市場が暴落した理由を知りたい!

ビットコインが登場した直前は、世界のビットコインの取引量1位はアメリカでしたが、2013年から2016年は、世界のビットコイン取引量1位は中国です。

中国は世界のビットコインの取引量の90%以上を占めている時期もありました。

2017年10月現在、世界の中で中国が占めるビットコインの取引量はたったの1%にまで減少していますが、現在でも中国人がビットコインのかなりの割合を保有していることには変わりありません。

【注目】ビットコイン暴落時で利益を出すなら空売り!

最後に説明しますが、ビットコインや仮想通貨の暴落時に利益を出すには「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などで信用取引・証拠金取引(FX)などで空売りするのが一般的です!

まだ登録していない方は絶対に登録しておきましょう!

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

なぜ、中国はビットコインが人気か

ビットコインの取引量は減少した中国ですが、ビットコインの人気が落ちたわけではありません。
なぜ、中国でビットコインが人気か。

中国でビットコインや仮想通貨が人気である理由は下記の3つです。

  • 中国の通貨の価値の下落
  • マイニングが活発
  • 送金が安くて速い

ビットコインが中国で人気である理由について1つずつ説明しましょう。

中国の通貨の価値が下落

2014年ごろに中国の通貨である「人民元」の価値が下落する、と中国では考えられました。

そのため、中国の通貨である人民元を多数保有していると「資産にダメージを受ける可能性がある」と、考えた投資家がリスクの分散として「ビットコイン」を利用したのです。

そのため、人民元の価値が上昇すれば中国人はビットコインを人民元に換え、人民元の価値が下落すればビットコインの購入が増えます。

中国の通貨である「人民元」と「ビットコイン」は密に繋がっていることがわかります!
このことは、ビットコインの価値の変動に大きな影響を与えることにもなります。

マイニングが活発

新規のビットコインを得ることができる方法の1つである「マイニング」。

中国ではビットコインのマイニングが盛んにおこなわれています。
マインニングに必要なものはコンピュータとコンピュータを稼働させる多大な電力です。

日本よりも比較的、電力が安いとされている中国ではビットコインのマイニングが盛んにおこなわれています。
中国がどれほどマイニングが盛んかはblockchain.infoをみるわかります。

このサイトにある円グラフはマイニングの勢力をあらわしています。
円グラフの大半を占めている「AntPool」や「BTC.TOP」は中国のマイニンググループです。

マイニンググループの上位が中国というたった1つの国がほとんど、独占している状態であることからも中国のマイニングが活発であることがわかります。

送金が安くて速い

ビットコインは中国の「人民元」と比べて送金が速く、安いことが特徴です。

日本では手数料の高さが気になりますが、世界の中では送金の「速さ」もまだまだ遅いところが多くあります。

中国の人民元も資本規制により送金が遅く手数料がかかるとされるので、ビットコインの送金の速さや安さが重宝されているのです。

現在の中国のビットコイン事情

201710月現在、世界のビットコインの取引量は中国はたった1%です。
一時期は90%まで世界のビットコインの取引量を占めていた中国がなぜ、1%まで取引量を落としのか。

それは、ビットコインへの取り締まりを中国が規制したからです。

2017年9月4日に中国が仮想通貨発行による資金調達「新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)」を全面的に禁止したことも影響しています。
参考:日本経済新聞 中国のICO全面禁止、広がる波紋 仮想通貨下落

中国がビットコインに与える影響

中国が仮想通貨に対して、規制をおこなうと仮想通貨自体の価値にも影響がでます。

2013年12月5日に、中国が取引に関して規制するまでは、1BTC=10万円だったビットコインが、取引の規制を受けて1BTC=6万円に下落しました。
割合にいうと、約40%も下落しています。

2017年2月に仮想通貨3大取引所が取引停止した際も、ビットコインは1日で「8%」も下落していました。

また、2017年9月14日に、中国の仮想通貨3大取引所の「BTCC」が中国の仮想通貨の取り決めを受け、取引を中止。
このとき、ビットコインは一時期1BTC=30万円以下にもなりました。

また、アルトコインも全体的に価値が下落しています。

ビットコインの価格の変動には、中国の影響が大いにあると考えられます!
そのため、ビットコインの価値の変動を予想する際に中国の動向も見ておく必要もありますね!

現在、ビットコインの取引量1位は日本

2017年に入ってすぐ、世界のビットコイン取引量1位は日本になりました。

中国はビットコインの保有量が多く、ビットコインへの影響力も大きく短期的なビットコインの価格変動に影響を与えます。
ですが、長期的に見るとビットコインへの影響はそれほど大きいものではありません。

ビットコインは長期的にみると、中国や国からの影響を受けず「ビットコイン自体に価値のあるもの」であり、安定的な資産であることが日本の取引量を増やしている要因にもなっているでしょう!

ビットコインの価値は、中国の影響を受けつつも安定的に保たれ、上昇していくと考えられます!

ビットコインなど暴落時に利益を出すならFX

ビットコインの証拠金取引(FX)や信用取引とは、実際にビットコイン自体の受け渡しをせずに、売買した時の差額に相当する日本円のみで決済する「差額決済取引」のことを指します!

実際にビットコインを購入した場合、ビットコインを自分のウォレットに受取、支払いに利用したり、友人に送金したりすることが可能ですが、証拠金取引(FX)の場合は「売買の差額だけ資産を動かす」だけなので、現物のように、実際にビットコインを使用するようなことはできません。

あくまで売買した時の差額のみを受け取れる仕組みになっています!

ビットコインの証拠金取引(FX)なら空売りが可能!

ビットコインの証拠金取引(FX)の特徴としてあげられるのが、売りから入る「空売り」が可能なことです。上記のように、FXは差額決済なので先に高値で売って、安くなった時に買い戻して利益を出すことが可能です。

特に上記のような取引方法は、仮想通貨市場などが売り相場(暴落)した時に有効で、相場が上がった時だけでなく、下がった時にも利益を出せる可能性があることがポイントです!

空売りとは

空売りとは、市場から株(ここでいう仮想通貨)などを借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻す事で利益を得る投資方法の事です。空売りとは、空(持っていない)状態で売るという意味があります。英語では「ショート(Short)」と表現されます。

ビットコインFX・信用取引でおすすめ取引所とは?

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

※ビットフライヤーの登録方法がわからない方は「ビットフライヤー口座の作り方」の記事を参考にしてください!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitflyer(ビットフライヤー)経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう