時価総額は500億!?Zaif(ザイフ)トークンが高騰した理由とは

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

時価総額は200億!?Zaif(ザイフ)トークンが高騰した理由とは?

Zaif(ザイフ)トークンは、国内仮想通貨取引所であるZaif(ザイフ)が独自で発行してる通貨(トークン)で、CounterParty(カウンターパーティー)と呼ばれるビットコインのブロックチェーンのプラットフォーム上で生み出されたXCPを元に作られた独自トークンです!

最近では、Zaif(ザイフ)を運営してるテックビューロがCOMSA(コムサ)を発表したことをきっかけに高騰しており、2017年7月には0.1円以下で取引されていましたが、10月には、最大2.5円(25倍)まで高騰しており時価総額は500億円弱まで上がりました。

今回は、Zaif(ザイフ)が高騰した理由などをご紹介していきます!

※Zaifトークンの売買には、「Zaif(ザイフ)」の登録が絶対なので、まだお持ちでない方は記事を読む前に登録しておきましょう!

Zaifトークンとは?

Zaifトークンとは、国内で最も早くネム(NEM・XEM)やMONA(モナーコイン)の取扱いを始めた国内取引所のZaif(ザイフ)が独自に発行したトークンです。(通貨単位:ZAIF)

Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社は、2014年に設立された企業で、代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任してることで有名です。

最近では、2017年9月には「ジャフコから16億円の資金調達」を行っており、資本金も8億以上と豊富で、プライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」や、国内発ICOプラットフォームであるCOMSA(コムサ)などの開発もしています。

※トークンと仮想通貨の違いとは?

トークンとは、一般的にブロックチェーン上で発行された通貨のことで、ビットコインやイーサリアムなどのプラットフォーム上で発行された通貨の名称です。

ビットコインなどのブロックチェーン上で発行された通貨なので、独自のブロックチェーンやP2Pネットワークもありません。

仮想通貨には大きく分けて「カレンシータイプ」「アセットタイプ」の2種類があります。

  • カレンシータイプ:マイニング(採掘)で入手可能・発行元がいない
  • アセットタイプ :マイニング(採掘)で入手負荷・売買のみ・発行元がいる

「カレンシータイプ」で有名なのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)で、アセットタイプで有名なのが、Zaifトークン、XCP(カウンタートークン)、PEPECASH(ペペキャッシュ)などになります!

Zaif(ザイフ)トークンの発行枚数は?

Zaifトークンの発行枚数は、最大90億枚になっており、10月初期には1ZAIF(通貨単位:ZAIF)が2.5円まで高騰した影響により、時価総額は500億円まで急騰しました。

しかし、10月中ばからは価格は安定しており、1ZAIFは0.4~0.5円で推移。時価総額も80~100億円で推移しています。

Zaif(ザイフ)トークンの高騰の理由は?

Zaifトークンが、高騰してる最も大きな理由には、国内発ICOプラットフォームであるCOMSA(コムサ)が関係しています。

 

テックビューロはCOMSAプロジェクトは、10月2日からトークンセールを実施しましたが、Zaifトークン保持者には、このCMSトークン購入の際に様々な特典があり、その目的でZaifトークンを買ったことで高騰した背景があります。

※COMSAとは

COMSA(コムサ)とは、国内最大級のビットコイン取引所であるZaif(ザイフ)を運営するテックビューロが発表した「日本発ブロックチェーン導入を支援するICOソリューション」のことで、企業のICO(クラウドセール)による調達や、既存アセットのトークン化技術などを支援することを発表しました。

過去7ヶ月間のICOによる資金調達額は、ベンチャーキャピタルからの資金調達額を大幅に上回っている1Bドル(10億ドル、約1100億円)となっており「空前絶後のICOブーム」となっていることに加えて、COMSA(コムサ)ICO協議会委員のメンバーが圧倒的であることから、日本だけでなく世界中から圧倒的な注目を集めています!

COMSA(コムサ)とは何か?

有名エンジェル投資家もCOMSAに投資

また、Zaifトークンだけでなく、COMSAプロジェクト自体も世界的に注目されている通貨です。

2017年9月に「元コロプラ副社長である千葉功太郎氏が「ICO『COMSA』のプレセールに100万USドル相当のビットコイン投資」を実施したことを発表しており、今後何かしらの形でZaifトークンが使われる可能性は高いでしょう!

Zaifトークンの使い道とは?

Zaifトークンの使い道は、今のところトレード以外では利用されていません。

しかし、今回に関しては下記のような発表があったため、CMSトークン購入目的でCMSトークンが使われていました。

  1. Zaif口座からの振り替えでCOMSAのトークンセールに払込が可能。送金手数料なしでの迅速なCMSトークン購入が可能
  2. ZAIFトークンでCMSトークンの購入が可能。
  3. ZAIFトークン建てのCMSトークン購入者にボーナスを付与
  4. ZAIFトークンの取引高ランキングを開催で、最大で30,000CMSトークン付与(300万円分)
  5. ZAIFトークン保有量ランキングを開催

上記のように、Zaifトークンを利用してCOMSAのトークンセールに参加すると様々特典が貰えたため、価格が高騰していました。

今後、Zaif(ザイフ)トークンの価格が上がるのか?

Zaifトークン自体は、現状トレードかCOMSAトークン購入以外の価値は見いだせていません。しかし、Zaif(ザイフ)の成長、エンジェル投資家の参加、その他COMSAプロジェクトの発程により、何かしらの形でZaifトークンが使われる可能性は高いでしょう。

10月初期から、価格は低下していますが、過去の価格推移からも0.1円前後までは落ち込んでも、それ以下にはならないため、0.2~0.3円前後で購入しておくことをおすすめします!

Zaif(ザイフ)の登録が完了していない方はこちら!

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

Zaif(ザイフ)トークンの関連記事はこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう