ビットコイン(仮想通貨)ウォレットとは?種類・メリット・デメリットを徹底比較!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ビットコイン(仮想通貨)のウォレットの作り方とは?

ビットコインや仮想通貨の取引をおこなうにあたって、ウォレットはとても需要なものです。

ウォレットは、仮想通貨を入れておく「財布(記録媒体)」のことを指します。

ウォレットには大きく分けて3つの種類があります。
下記が仮想通貨のウォレットの種類です。

  • オンラインウォレット
  • ローカルウォレット(オフラインウォレット)
  • ペーパーウォレット

ウォレットは一長一短で、自分自身に合うウォレットを持つことが重要になります。上記のウォレットについてメリットやデメリットも含めながら、詳しくご紹介しましょう!

※時間がなくて読めない方は、不正盗難サービスも提供しており高セキュリティの取引所である「Coincheck(コインチェック)」や「bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録しましょう!

1. オンラインウォレットとは?

オンラインウォレットとは、インターネット上、つまりオンラインでウォレットを管理仕組みになります。

オンラインでウォレットを管理する方法は、ウォレットの中でも最も手軽なウォレットといえるでしょう。

しかし、オン欄ウォレットにもメリット・デメリット

オンラインウォレットのメリット

  • ウォレットの開設や管理が簡単
  • 複数のデバイスからログインが可能
  • デバイスが破壊されても、ウォレットには影響しない

オンラインウォレットのデメリット

  • ハッキングされる可能性がある
  • インターネットがないとウォレットを使用できない
  • ウォレットを管理するサイトの「メンテナンス・破産」などに影響される

オンラインウォレットは安全?

「2段階承認設定」や「秘密のパスワード」を設定していれば、ハッキングされる可能性は圧倒的に低くなります。

オンラインのウォレットの最大の魅力は「デバイスが破壊されても影響がない」ことでしょう。「円」や「ドル」を通貨や紙幣で管理していると、紛失・盗難の恐れが常に付きまといます。

オンラインでウォレットを管理すると、デバイスが盗難されても、破壊されても全く影響がありません。

bitFliercheckcoinZaifといった、仮想通貨取引所にオンラインのウォレットは完備されています。

仮想通貨取引所の中でも、bitFlierのウォレットには保証制度があります。メールアドレスを抜かれるといったハッキングの被害にあって日本円を出金された場合、最大500万円保証してくれます。

また、Blockchainも日本語対応しているオンラインウォレットです。

ウォレットの鍵を自身で管理できるセキュリティの高さから、日本人ユーザーも多いようですよ。

「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の違いとは?

ちなみに、オンラインウォレットには、「ホットウォレット」と「コールドウォレット」が存在します。

ホットウォレットはオンライン上に存在するお財布、コールドウォレットはインターネットに接続しないお財布で、コールドウォレットに顧客のビットコインを入れておけばネット上の脅威から隔離することができます。

つまり「コールドウォレット」の場合、サーバーがハッキングされるといった外部からの攻撃を受けても、被害を避けることができるというわけです。多くの仮想通貨取引所は、95~98%をコールドウォレットに振り替えて管理をしています。

また、ビットコインコイン盗難事件で有名なのがマウントゴックスの事件ですが、こちらは内部の犯行であり、現在では取引所のガバナンスやコンプライアンスの姿勢も重要で、特定の人間が不正を働くようなことがない体制が求められます

「コールドウォレット」搭載のおすすめ取引所とは?

もし、コールドウォレットで安心にビットコインを保管したいと考えているなら国内取引所3社に登録しましょう!

2. ローカルウォレットとは

ローカルウォレットは、オンラインウォレットとは異なり、インターネット上ではなくデバイスで管理するウォレットのことを指します。

ローカルウォレットのメリット

  • ウォレットの会社に影響されない
  • インターネットがなくてもウォレットを使用できる
  • オンラインウォレットよりセキュリティが高い一面もある

ローカルウォレットのデメリット

  • ソフトが入ったデバイスが破損・ウイルス感染するとウォレットが消える可能性がある
  • ウォレットを使用できるデバイスが固定される
  • デバイスに大きめの容量が必要

ローカルウォレットは手間がかかる?

ローカルウォレットは、専用のソフトウェアをデバイスに入れる必要があります。その際、デバイスには既存の「ブロックチェーン(仮想通貨のシステム)」もダウンロードする必要があります。

全てのブロックチェーンをダウンロードする「完全型」と「簡易型」が存在します。

完全型のウォレットはダウンロードに膨大な時間と、容量が必要になります。Bit coreは完全型ウォレットです。

完全型ウォレットは手間がかかりますが、その分、オンラインの際は第三者が介入していた資産の管理も全て自分1人でおこなうことができる安心感もあります。

簡易型ウォレットにはAirbitzMyEtherWalletbreadwalletがあります。

サービスによっては、オフライン・オンラインを使い分けることができるものもありますよ。

また、ローカルウォレットには、ハードウェアを使用して管理する方法もあります。ハードウェアの場合、破損や盗難の恐れはありますがオフラインのためセキュリティは高いといえます。

ペーパーウォレットとは

ペーパーウォレットは文字通り仮想通貨という実体にないものを「紙」にして管理する方法です。

ペーパーウォレットのメリット

  • サイトやウォレット会社の影響を受けない
  • ハッキングの可能性がない
  • セキュリティが高い

ペーパーウォレットのデメリット

  • 印刷の手間がかかる
  • 盗難・紛失の恐れがある
  • 残高確認を自身でしなければならない

ペーパーウォレットを使う時はいつ?

ペーパーウォレットは完全に自分自身で「紙」として仮想通貨を管理するシステムなため、自身が納得のいくセキュリティの高い場所で管理することができます。

普段、運用する仮想通貨はオンラインウォレットに保管し、他はペーパーウォレットとして管理している人もいますよ。
オンラインウォレットに高額の仮想通貨が溜まれば、使わない分はパーパーウォレットにし、リスクを分散させると安心です。

bitaddress.orgは、日本語対応もしているペーパーウォレットの有名なサイトです。

仮想通貨のウォレット(財布)は普段使用している、銀行口座や鞄に入る財布とは性質が異なる側面があります。
仮想通貨のウォレットに慣れるためには、最も手軽で開設が簡単な「仮想通貨取引所のウォレット」がお勧めです。

ウォレットを作るなら取引所がおすすめ!

現在、ビットコインなどの盗難・紛失を避けたいなら取引所がおすすめです!取引所では、不正盗難など対して補填サービスも提供しています。

また、「取引所」に無料登録するだけで「コールドウォレット」が作れるので手間もかからず一番簡単にウォレットを作ることができるでしょう!

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

※ビットフライヤーの登録方法がわからない方は「ビットフライヤー口座の作り方」の記事を参考にしてください!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitflyer(ビットフライヤー)経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう