【意外と知らない】仮想通貨とトークンの違いとは!?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【意外と知らない】仮想通貨とトークンの違いとは

仮想通貨(暗号通貨)などを調べてると「トークン」という言葉を聞いたりしませんか?

トークンと仮想通貨は、似て異なるものです。

トークンは独自コインで、代替通貨のようなもので、一般的にブロックチェーン上で発行された通貨であり、ビットコインやイーサリアムなどのプラットフォーム上で発行された通貨の名称です。

ビットコインなどのブロックチェーン上で発行された通貨なので、独自のブロックチェーンやP2Pネットワークもありません。

また、仮想通貨には2種類あり、ビットコインは「カレンシータイプ」、Zaifトークンなどの通貨「アセットタイプ」と呼びます。

今回は、カレンシータイプとアセットタイプについて詳しくご紹介します!

※ 独自トークンを購入してみたいという方は、国内で最も独自トークンの取扱数が多い仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)」に登録してみましょう!(オススメ!)

Zaif無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

カレンシータイプ

カレンシータイプの仮想通貨はビットコインなど、採掘(マイニング)するタイプの仮想通貨を指し、以下2つの特徴があります!

  • 発行枚数が決まってる
  • 発行元が存在しない

ビットコインの総量は2100万BTCと決まっており、変更できません。

カレンシータイプの仮想通貨はあらかじめ、決まった仕組みの上で枚数の増加が決定されています。 ビットコインの場合は、2100万枚と、総量が決定しているビットコインも同様のシステムでできておりカレンシータイプの仮想通貨といえるのです。

あらかじめ総量が決まっており、人間の意志で発行枚数を増減できないことがカレンシータイプの仮想通貨の特徴です。

カレンシータイプの代表例

「カレンシータイプ」で有名なのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH) など

アセットタイプ

アセットタイプの仮想通貨にはZaifトークンやVALUといったものが含まれます。アセットタイプに関しては、2つの特徴があります。

  • 発行枚数が決まっていない
  • 発行元が存在してる

アセットタイプは、カレンシータイプとは異なり、発行者が存在し、発行者が自在に発行枚数の増減をおこなうことができます。

つまり、アセットタイプがカレンシータイプと全く異なる部分は「発行者が存在しており、発行枚数の増減を自在におこなえる」点です。

アセットタイプの仮想通貨でトークンを発行することができます。トークンを発行すると、トークンの発行元の市場価値があがるとトークンの価値も上昇します。

発行元はトークンを購入してもらうことで資金を得ることができ、購入者は発行元の市場価値があがると売却利益を得ることができます。

そのため、アセットタイプの仮想通貨はカレンシータイプの仮想通貨より、株式の性質が強いといえます。

アセットタイプの代表例

アセットタイプで有名なのが、Zaifトークン、XCP(カウンタートークン)、PEPECASH(ペペキャッシュ)などになります!

仮想通貨とトークンの違いは?

仮想通貨とトークンの違いは、ブロックチェーンの仕組みにあります。

ビットコインは、約10分毎に新たなブロックが生成され、ブロックチェーンに組み込まれていきます。

トークンは、ビットコインがブロックを生成しブロックチェーンに組み込んでいった既存のブロックチェーンでできており、新たに独自の技術を生み出す仕組みは持っていません。

つまり、トークンはビットコインのブロックチェーンを使ってできているといえます。

ビットコインのブロックチェーン技術は、2017年11月の現時点でも改ざんが困難で高いセキュリティを誇るため使用されています。

ビットコインのブロック1個に不正をおこなうことはできません。

ビットコインのブロックに不正をおこなうには、1番最初のビットコインの取引までさかのぼる必要があります。

手間暇を考えるとブロックチェーンに不正を考えるよりもブロックチェーンを利用して利益を得ることを考える方が簡単です。

トークンの種類

トークンにはZaifトークンにはじまり、様々なトークンが存在します。Zaif(ザイフ)では、国内で唯一複数の独自トークンを扱っている取引所で、Zaifトークン、 カウンターパーティ(XCP)、ぺぺキャッシュ(PEPECASH)、ビットクリスタル(BYC)など、8 種類のトークンを扱っています!

カウンターパーティー(XCP)から生み出された通貨

上記のトークンは、カウンターパーティーのトークン発行機能を用いて発行されています。

Counterpartyとは、ビットコインのブロックチェーン上で展開されている、オープンソースの金融プラットフォームです。XCPと呼ばれる基軸通貨は Proof of Burn という仕組みでビットコインを破壊することによって作成され配布されました。

現在発行済みの約260万XCPは、これにより保証されており今後増えることはありません。また、XCPを消費して、トークンと言われる独自通貨を発行することができ、幅広い目的に利用することができます。

なお、ビットコインのブロックチェーンを利用するため、実際に使用する(送金・取引する)にはビットコインも必要になります。

 

トークンを発行する意味は?

トークンは発行者も、トークンを購入した人も最終的に得をすることを目指した仕組みになっています。

例えば、Aグループがトークンを発行したとします。Aグループの支援者がトークンを購入します。

Aグループはトークンで得た資金で、活動の幅を広げ知名度・認知度をあげることでトークンの価値を上昇させます。

トークンの価値の上昇で、トークンを購入した支援者は売却利益をあげることができます。

Aグループがトークン発行者に向けてだけ限定サービスを展開することで、トークンの購入者は限定サービスを受けられるという恩恵もあります。

トークン購入者限定のサービスが好評で良い印象が世間に広がれば、トークンを購入する人が増えてAグループはさらに資金を集めることができます。

このような仕組みからトークンは「購入者が発行者を応援しながら得ができ、発行者も資金を得ることができる」という、双方に良い効果があるシステムであるといえます!

まずは、Zaif(ザイフ)に無料登録して独自トークンを安く購入してみよう!

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら