ビットコイン(BTC)が暴落(急落)した時に利益を出す方法とは?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコイン(BTC)が暴落した時に利益を出す方法ってあるの?

ビットコイン(BTC)の価格が上がっている時は、そのまま保有いれば問題ないですが、暴落・急落した時に利益を出す方法があることを皆さんは知っていますか?

例えば、bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)GMOコインの証拠金取引(FX)・信用取引などを利用すれば、ビットコインが暴落した時でも「空売り」というトレード手法を用いることで利益を出すことが可能です!

今回は、ビットコイン(BTC)の価値が上がる仕組みから、最後に暴落時に利益を出す方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

※空売りで利益を出すためには、bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)などのアカウントが必要なので事前に登録しておきましょう!

bitFlyer無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

ビットコインの価値が変動する理由とは

ビットコインの価格は、株価と比べると常に乱高下しています。

仮想通貨に初めて投資してみたら価格があっという間に急落し、困惑した人も多いのではないでしょうか?

仮想通貨は「お金」と同じ

そもそも紙幣や硬貨でもない仮想通貨に何故、価値が生まれ、価格が上昇していくのかその仕組みについて説明します。

仮想通貨は暗号通貨と言われ暗号変換されたネット上の「お金」です。

しかし、開発している組織はありますが、どこの国にも属していません。

ビットコインの元となったブロックチェーンとP2Pという仕組みが、暗号通貨が価値のある世界通貨になった画期的な技術でした。

ビットコインによる「取引」は第三者によって「検証=マイニング」され、「取引台帳=ブロックチェーン」に繋げられ、二重払いや偽造を完全に防ぐ仕組みになっています。

ビットコインには発行上限枚数があり2100万BTCと決まっています。つまり、枚数が決められていることで金や宝石のように希少性が生まれます。また、世界中で広がったビットコインの需要が高まれば、価格が上昇します。

ビットコインの価格は需要と供給で決まってきます。もちろん誰もビットコインを必要としなければ、価格は下がっていきます。そうしてビットコインは世界中に広がり、価値が生まれました。

ビットコイン価格が決まる仕組みとは

ビットコインを含む仮想通貨というのは、取引所を通して仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」の価格(取引レート)で決定されます!

取引所って何?

取引所(または交換所)は、株式の売買と似ており、ビットコインを「買いたい人」と「売りたい人」を直接マッチングさせる場所のことです。

取引所での取引は、オークション形式が採用されており、「買い手」と「売り手」に売買価格を提示してもらい、最も高く買いたい人と最も安く売りたい人の価格がマッチした時に、取引が成立(約定)する仕組みを取っています!

ビットコイン価格は「各国の規制」「各国の通貨危機」「半減期」などの影響を受ける

上記の通り、ビットコイン価格は、株式取引やFX(外国為替証拠金取引)と同じように取引所によって決まりますが、下記の5つの影響を受けやすいと言われています。

  • 国の規制
  • 各国の通貨危機
  • ハッキング
  • 開発者コミニティの意向
  • 半減期

1. 各国の規制・ルールの影響

ビットコインはどこの国にも属さない“非中央集権体制”の通貨です。その為、どの国のコントロールも受けない国際通貨ですが、世界中で“貨幣”として認められるには、各国のルールが適応されます。

「ビットコインを通貨として認めるか」「税金をどうすうか」「取引制限を設けるか」など各国によってルールが異なり、取引量が大きい「中国」「アメリカ」「日本」「韓国」などのルールが変わると価格が暴騰暴落しやすいと言われています。

2. 各国の通貨危機の影響

また、ビットコインは2013年のキプロス危機、2015年のギリシャ危機のように国の財政破綻が起きると価格が高騰しやすい傾向にあります。

自国の通貨の価値が暴落した場合、資産を守りたい人達は、保有している自国通貨を円やドルなど他国の通貨に切り替えますが、その際、投資対象として、どの国にも属さない”ビットコイン”が投資対象として魅力であるため、ビットコインの買いが増加するため、価格が高騰しやすくなります。

※ちなみに、北朝鮮が日本にミサイルを発射するたびに、ビットコイン価格は上がる傾向にあります。

3. ハッキングの影響

また、ビットコインは事故・事件の影響を受けやすいことも特徴です。

2014年2月に当時最大級のビットコイン取引所であるマウントゴックス(Mt.GOX)が、ハッキング被害を受け、当時価格で45億円ドル相当のビットコインが盗難される事件が起きました。(以下マウントゴックス事件)

ビットコインやブロックチェーン技術そのものには問題はありませんでしたが、マウントゴックス事件のようなものが発生すると、”ビットコイン”に対する信頼が無くなるため価格が暴落する傾向があります。

4. 開発コミュニティの意向

ビットコインを支えるブロックチェーン技術は発展途上であり、試行錯誤を続けている最中です。

もし、技術的に欠陥・バグが見つかれば、大きな改善を見込めるようであれば価格が高騰します。

また、四半期に1回開催されるビットコイン・カンファレンスなどで、運用上のルール変更、テクノロジーの動向などの議論がなされ、そこで決まった内容がニュースも価格に影響を与えます。

5. 半減期の影響

「ビットコインの半減期」は、価格の大きな影響を与えます。

ビットコインは、マイナーと呼ばれる人達によって支えてられている通貨で、マイニング(発掘)とは、「承認作業」のことを言います。

マイニング(承認レース)は、10分毎に行われており、見事1番はじめにマイニング出来た人に、報酬として「1回あたり12.5BTC支払われる」仕組みになっています!

しかし、4年に1度起きる半減期は、マイニング報酬を半分にしてしまうため、価格が上がらないとマイナーのモチベーションが下がってしまいます。

その問題を解決すべく、“最低でも数十%はビットコイン価格を釣り上げる人達がいる”という期待値から価格が高騰する傾向にあります。

このように、ビットコイン価格の変動は、様々な要因が関わっています。もし、ビットコイン投資を始めるなら上記のようなポイントを抑えておくと良いでしょう!

ビットコインの価格変動が大きい5つの理由は?

ビットコインの価格は様々な要因で決まりますが、それ以外にも下記のような点で、暴騰暴落をする場合があります。

1.ストップ安・ストップ高がない

株式市場の場合、急激な相場変動を防ぐために“ストップ高・ストップ安”などの仕組みがあります。1日に変動しても良い変動幅を決め、株価の上限・下限の範囲を超えたら取引をストップします。

しかし、ビットコインはこの制度はなく、24時間365日開いている市場なので、変動幅が無限なのです。

2. 素人が多い

株式市場などは、機関投資などのプロが主な参加者です。しかし、仮想通貨市場は、プロの参入が少ないトレードが初めての素人が中心の市場です。

そのため、価格の暴騰・暴落が発生するたびに、それに釣られて、素人が過剰に反応してしまうため、価格変動が大きいと言われています。

また、急上昇する時は何かしらの出来事またはイベントがある時です。仮想通貨の名前が出始めた時は、マウンドゴックス事件などで「仮想通貨はハッカーに奪われるから危ない」というあやふやな情報が出回った時に急落しました。

3. 取引量が少ない

基本的に“取引量が少ない通貨”は価格変動が大きいです。

取引量が少ない場合、「〇BTCビットコインを買いたい!という人」に対して「売りたい人」が少ないと、買いたい量のBTCに釣り合うまで買い続ける必要があるため、価格が一気に高騰する場合があります。

4.ハードフォークが発生する時

た、2017年8月1日にビットコインのブロックチェーンが分岐し、ビットコインキャッシュが誕生する手前に、買いが殺到しました。

理由はビットコインを保有している人に、同じ数だけのビットキャッシュが配布されると無料で通知が来たからです。

その後、10月末のビットコインゴールドと11月中旬のSegwit2xの分岐があり、ビットコインの価格は右肩上がりになっています。そういった情報を予め掴んでいると、急上昇するタイミングが分かって来ます。

5.各国の規制などに弱い

013年12月、中国政府が国内銀行に対してビットコインの取引扱いを禁止するという通達でした。一部の取引所のサービスが停止し、中国で混乱を招き暴落を招きました。取引できないならと売りが殺到したと思われます。

2014年2月、マウンドゴックスが破綻し、当時最大級の取引所だっただけに被害にあった人も多かったそうです。その時に「仮想通貨は危ない」「怪しい」など仮想通貨に対してのイメージが広がり、売りが殺到し暴落しました。

2015年1月、欧州の大手取引所Bitstampのハッキング被害で、被害額が500万ドルにおよび、その影響で大きく暴落しました。2016年8月、香港の取引所BITFINEXのハッキング被害でも下落しました。

2017年に入ってからは、1月に中国でのビットコイン投資の制限がありました。また9月に中国でICOを全面禁止にした影響で暴落しました。このようにビットコインは取引所での事故や国政によって何度か暴落しています。

参考:仮想通貨市場が暴落した理由とは?中国ICO規制が理由

価格が急騰したら高い確率で暴落する

ビットコインは誕生してまだ10年経っていない新しい技術でもあり、価格はまだ国の通貨のように安定していません。

イベントがあり急上昇した後は、素人も多くプロが一気に売りで利確したり、空売りを仕掛けるため急落することも多々あります。それに加えて、その売りと価格の暴落を見た素人が焦って売りに入るため更に価格が急落するというサイクルが何度も発生しています。

ビットコインなど暴落時に利益を出すならFX

ビットコインの暴落時などは、bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインの証拠金取引(FX)を利用すれば利益を出すことが可能です!

なぜならFXなどは、実際にビットコイン自体の受け渡しをせずに、売買した時の差額に相当する日本円のみで決済する「差額決済取引」のことを指します!

実際にビットコインを購入した場合、ビットコインを自分のウォレットに受取、支払いに利用したり、友人に送金したりすることが可能ですが、証拠金取引(FX)の場合は「売買の差額だけ資産を動かす」だけなので、現物のように、実際にビットコインを使用するようなことはできません。

あくまで売買した時の差額のみを受け取れる仕組みになっています!

ビットコインの証拠金取引(FX)なら空売りが可能!

ビットコインの証拠金取引(FX)の特徴としてあげられるのが、売りから入る「空売り」が可能なことです。上記のように、FXは差額決済なので先に高値で売って、安くなった時に買い戻して利益を出すことが可能です。

特に上記のような取引方法は、仮想通貨市場などが売り相場(暴落)した時に有効で、相場が上がった時だけでなく、下がった時にも利益を出せる可能性があることがポイントです!

空売りとは

空売りとは、市場から株(ここでいう仮想通貨)などを借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻す事で利益を得る投資方法の事です。空売りとは、空(持っていない)状態で売るという意味があります。英語では「ショート(Short)」と表現されます。

ビットコインFX・信用取引でおすすめ取引所とは?

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

※ビットフライヤーの登録方法がわからない方は「ビットフライヤー口座の作り方」の記事を参考にしてください!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitflyer(ビットフライヤー)経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら

Recommend
No articles