ビットコインFX(証拠金取引・信用取引)で稼ぐ方法とは?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ビットコインFX(証拠金取引・信用取引)で稼ぐ方法とは?

仮想通貨(暗号通貨)の取引をしていると、少ない元本で大きく取引したい!という方もいると思います。今回はそんな方の為に仮想通貨で証拠金取引(FX)が可能な取引所をご紹介していきます! 証拠金取引(FX)が可能なのは 「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)などになります。

今回gは、ビットコインFX(証拠金取引)とは何か?また、取引方法まで、ご紹介していきます!

ビットコインFXでは証拠金を預け入れ、10倍~最大25倍のレバレッジをかけて取引することが可能になります!各社呼び名な微妙に違うので注意しておきましょう!

ビットコインFX(証拠金取引・信用取引)とは?

FXという単語、皆さまも聞いたことがあるのではないでしょうか。FXとは簡単にお伝えするとレバレッジをかけて資金運用を行う投資方法のことを言います。

ちなみにFX取引を行うためには「証拠金」と呼ばれるお金が必要となります。要は元手ですね!この証拠金に応じて、その何倍もの金額で売り買いできる取引方法がFXです!!

FXという単語はForeign Exchangeという単語から作られた日本式の造語です。外国では「Forex Trading」と伝えるほうが伝わりやすいです。

一般的なFX取引の具体例を上げると、「日本円からアメリカドルへ両替して、その後しばらくして、両替したアメリカドルを日本円へと変える」と言う具合に各国の通貨を両替していくような取引になります。

FXは自分が持っている通貨の価値が上がると利益が出る仕組みになっています。例えば1ドル=100円のときに100ドル=10,000円買ったとします。このとき、ドルの価値が上がり、1ドル=120円になったとしましょう。

そのときにはじめに買った100ドルを売ると12,000円になり、差額の2,000円が利益となります。

※ここでは簡易的に説明するために手数料などの細かい費用は無視しています。

つまり、「これから価値が上がりそう」と思う通貨へ投資し、その通貨の価値が実際に上がれば利益が出るということです。ビットコインのFX取引とは、上記の例であげたドルがビットコインに変わるということです。この記事を読んでる方は日本円で投資をすることが多いと思いますので、基本的には円でビットコインを買い(もしくは売り)差額分を利益にする、といったイメージです。

そしてFX取引の一番の特徴は、「自己資金よりも大きな額の取引ができる」ということです。

この自己資金よりも大きな額を扱うことを一般的にレバレッジをかける、と呼びます。レバレッジが大きくなればなるほど、利益も損失も大きくなりうるということです。

しかし、大きなトレードをすればするほど、損失も大きくなり得ることは肝に銘じておきましょう。

通常のFXとビットコインFXの3つの違い

それではビットコインFXと通常のFXではどのような点が異なるのでしょうか。以下の3つが大きな違いになります。

  1. ボラティリティ
  2. 取引時間
  3. レバレッジ倍率

1.ボラティリティ

ボラティリティ(変動率)は価格の上がり下がりのことを言います。短期間で価格の上がり下がりが激しい場合、ボラティリティが高く、上り下がりが少ない場合はボラティリティが低いと言います。

bitFlyer FXのホームページの情報では、ビットコインのボラティリティは、米ドル/円(USD/JPY)の10倍、と書かれています。それだけ注目が激しく投資への参加者も増えてきているため、価格変動が激しいのです。

2.取引時間

通常のFXが平日5営業日、該当のサイトが稼働している時間にしか取引が出来ないのに対して、ビットコインFXは24時間365日稼働しています。これは中央集権か分散型台帳か、の違いでビットコインの取引はネットワーク上の全ての参加者がその管理者となっているため、いつでも取引が可能なのです。

3.レバレッジ倍率

レバレッジとは取引会社に自分のお金を証拠金として入れることで、その何倍ものお金を動かして取引出来ることです。

上記で取り上げたボラティリティとも関係してくるのですが、取引所で指定されているレバレッジの倍率とボラティリティの率を掛け合わせたものが最終的なレバレッジとして計算できます。

ビットコイン取引所でのレバレッジは10倍が最大のところが多くなっています。そのため通常のFXと比較した際の計算式を簡単にお伝えすると下記のような形式となります。

●ビットコインFX:レバレッジ10倍×ボラティリティ10倍(BTC/JPY)=10倍
●通常のFX   :レバレッジ25倍×ボラティリティ1倍(USD/JPY)=25倍

このようにレバレッジがとても大きくなるのが、ビットコインFXの特徴です。

ビットコインFXのメリットとデメリット

【メリット】

  • (1)利益、損失までの確定が早い
  • (2)レバレッジがかけやすい
  • (3)取引が24時間365日行える
  • (4)仮想通貨の種類が豊富にある。
  • (5)ビットコイン暴落時でも利益が出せる。

(1)利益(損失)確定が早い

ビットコインのメリットとしてはボラティリティが高いため、よくも悪くも利益(損失)確定の結果が出るまでの時間が短くなりがちです。1日で価格に大きな変動があるのも稀なことではありません。

(2)レバレッジがかけやすい

また上記で説明したようにレバレッジも大きくかけられるため、その利益(損失)の金額も大きくなりがちです。少ない資金で大きな額がかけられるのはとても魅力的な部分です。

(3)取引が24時間365日行える

FXを行う全員が専業のトレーダーという訳ではありません。中には土日しか時間が取れない、といった方もいらっしゃるかと思います。しかし通常のFXでは平日しかと取引が行えません。

一方、ビットコインはいつでも取引が出来るため、自分の時間が合うタイミングで、取引が出来ます。

(4)仮想通貨の種類が豊富にある

仮想通貨への投資はその種類が豊富な点も魅力の一つです。ビットコインのみならず、イーサリアム、リップル、NEMといったビットコイン以外の有力な仮想通貨もどんどん登場しています。まだ成長過程のそれらの通貨に投資できるのも大きな魅力でしょう。

(5)ビットとコイン暴落時でも利益が出せる!

ビットコインの証拠金取引(FX)の特徴としてあげられるのが、売りから入る「空売り」が可能なことです。上記のように、FXは差額決済なので先に高値で売って、安くなった時に買い戻して利益を出すことが可能です。

特に上記のような取引方法は、仮想通貨市場などが売り相場(暴落)した時に有効で、相場が上がった時だけでなく、下がった時にも利益を出せる可能性があることがポイントです!

空売りとは

空売りとは、市場から株(ここでいう仮想通貨)などを借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻す事で利益を得る投資方法の事です。空売りとは、空(持っていない)状態で売るという意味があります。英語では「ショート(Short)」と表現されます。

【デメリット】

  • (1)リスクが高い
  • (2)セキュリティ面
  • (3)ロスカットがある

(1)リスクが高い

言わずもがなですが、メリットとデメリットは表裏一体です。利益の幅が大きいということはその分、リスクも大きいということです。ボラティリティも高く、値動きも激しいため自身の取れるリスクを十二分に確かめ、投資する必要があります。

(2)セキュリティ面

ビットコインFXのみならず、通常の仮想通貨取引もそうですがハッキングのリスクは常について回ります。ただ各取引所、セキュリティの強化には力を入れており、補填制度も充実してきていますので、そういった制度を使い損失を最小限に回避できます。

(3)ロスカットがある

ロスカットとは損失が大きくなった際に取引所のシステムで強制的に決済を行い、それより大きな損失を防ぐことをいいます。(証拠金の金額に基いて、ロスカットの金額が決まります。)ビットコインFXはボラティリティが大きいため、どうしても損失が出てしまうケースがあります。更に値動きが激しいため、その金額が大きくなり強制的にロスカットされるケースもあります。

ビットコインFXの始め方

今回は国内最大手、ビットフライヤーでの手順を解説していきます。

1.ビットフライヤーに登録する

取引所にアカウントを作ります。基本的にemailやSNSで登録出来ます。5分程度で作成できますので是非この機会に作ってみてください。

詳しく知りたい方は「5分でわかる!ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法」を参考にして下さい。

 

2.証拠金を入金する

証拠金とはFX取引を行う際に必要になる元手です。この証拠金を基にレバレッジ出来る金額も決まってきます。
まずはビットフライヤーTOP左部の「入出金」のタブから入金を行いましょう。

ビットコインを購入するためには、取引所の口座宛に一度入金する必要がありますが、入金方法は「銀行振込」「クイック入金」の2つあります。

  1. 銀行振込(日本円)
  2. クイック入金(ペイジー)

ちなみに銀行振込とクイック入金には下記のような違いがあります。 銀行振り込みの場合は、通常振込手数料がかかり、また、クイック入金の場合は、ネットバンクからの振り込みやコンビニ決済、ペイジー入金が可能なのですがどれも一律324円の手数料が発生します。

項目銀行振込クイック入金
手数料振込手数料負担324円
最低入金金額なし制限なし
上限入金金額制限なし9,999,675円※
入金反映当日~即時

銀行振込(日本円)

まず、登録した銀行口座からの入金となります。「左メニュー」にある「入出金」をクリックした後、「日本円のご入金」をクリックすると、「日本円のご入金」画面が表示されます。

銀行口座は「三井住友銀行」か「住信SBIネット銀行」から選択できますが、どちらでも良いので日本円を入金します!

銀行振り込みからメリットとして手数料は各銀行手数料のため、クイック入金時よりも抑えられるケースが多いです。一方、デメリットとしては、反映に時間がかかるケースがあるため、即時売買したいときには間に合わないケースがあります。

クイック入金(ペイジー)

クイック入金とは24時間365日、好きなタイミングで即座に入金を行う方法となります。

現在、大きく4つの方法でのクイック入金が可能です。

(1)インターネットバンキングでの入金
(2)自分銀行、住信SBIネット銀行から入金
(3)銀行ATMからの入金
(4)コンビニからの入金

まず、「左メニュー」にある「入出金」をクリックした後、「クイック入金」をクリックすると、「クイック入金」画面が表示されます。

クイック入金画面に移動したら、「ご入金額フォーム」に、金額を記入し、次に4種類の入金方法の中から1つ選択して入金します。

クイック入金のメリットとして、24時間365日いつでも、即時に入金の反映が可能です。一方デメリットとして、現在、手数料が1回(1件)につき324円かかりますl

3.bitflyer LightningでFX取引を始める

 

その後、TOPページ左部の「bitflyer Lightning」の画面からFX取引が行えます。

4.取引を開始する

こちらがbitflyer Lightningを押した際の画面です。上メニューのBTC−FXをクリックするとFX画面に切りわかります。次に②のハンバーボーボタンを押して、左サイドバー画面を表示します。

ページ左のボタンを押すと、サイドバーが表示されますので、証拠金入金のために「入出金」リンクをクリックします。

「入出金」画面に移動したら、「証拠金」を入金するフォームがあるため「通貨」「金額」を決めて、証拠金入金ボタンをクリックすれば入金の完了です。

最後に、証拠金を入れたらトレード画面に移動して注文したいビットコインの数量・金額を入力して、「売り・買い」ボタンをクリックすれば注文は完了です!

 

ビットコインFXをするのにオススメ取引所

それではビットコインFXを行うのにオススメの取引所を3つピックアップしたいと思います。

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

※ビットフライヤーの登録方法がわからない方は「ビットフライヤー口座の作り方」の記事を参考にしてください!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitflyer(ビットフライヤー)経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

GMOコイン

おすすめポイント

  • 東証一部上場!GMOインターネットグループが運営する取引所!
  • 口座開設完了すると、20,000Satoshiプレゼント!
  • 入出金・取引手数料が無料!

ビットコイン国内取引所のGMOコインは、“GMOクリック証券”など、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨FX・売買サービスです。

GMOコインは、取引手数料・口座開設が無料であり、口座開設完了(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)すると20,000Satoshiプレゼントキャンペーンがあります。

おすすめポイント

公式サイトへ

※GMOコインの登録方法がわからない方は「GMOコイン口座の作り方」の記事を参考にしてください!

1.入出金・取引手数料が無料!

GMOコインの1番のメリットは、入出金時や取引時にかかる手数料が「全て無料である」ということです。

特に嬉しいのが「即時入金手数料が無料」である点です。即時入金は、銀行から入金をすると、すぐに口座反映される仕組みですが、手数料が無料なので「口座残高がないけど、今すぐ買いたい!」という時に、すぐにお金を入金して取引することが可能になります!

 

2. 口座アップグレードで「20,000Satoshi」プレゼント!

また、GMOコインでは口座プランをアップグレードするだけで、「20,000Satoshi」がプレゼントされます!

「Satoshi」って何?

「Satoshi」というビットコイン単位の大きさは、下記になります。

「1Satoshi=0.00000001BTC=1億分の1BTC」

日本円で言うと“約0.007円”です。つまり20,000Sahoshiとは、約140円がプレゼントされることになります!

ノーリスクで、ビットコインをもらえるので、かなり嬉しいキャンペーンです。

公式サイトへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう