ビットコイン(BTC)とは?初心者でもわかるビットコイン入門!仕組み・買い方など徹底解説!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビットコインって何?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【3ヶ月連続!】
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)
【3位】bitbank(ビットバンク)Zaif(ザイフ

▼おすすめ仮想通貨ランキングはこちら
仮想通貨おすすめ人気ランキング<将来性・時価総額>【注目!】

ビットコイン(BTC)の価格は、年々上昇しておりビットコイン投資を始める人も多くなってきました。

2010年5月22日に「ピザ2枚=1万BTC」の取引が成立し、”貨幣”としての価値を持った「ビットコイン・ビザ・デイ」から7年。

ピザ1枚=1000円だと計算すると、2010年「1BTC=0.2円」だった通貨が、現在では「1BTC=40万円」と約2,500,000倍まで価値が上がっています。

また、ニュースなどで取り上げられることも増え、興味を持ってる人も少なからずいると思います!

しかし、ビットコイン(BTC)を買ってみたいと思っても、こんな疑問を持っていませんか?

ビットコインって詐欺なんじゃないの?

そもそも仕組みがわからないし、難しいんじゃないの?

しかし、そんな方でも大丈夫です!

今回は、初心者の方でも、簡単にわかりやすくビットコインの仕組みなどを説明していきます!

「時間がなく全文の記事が読めない!」「すぐにビットコインを購入したい!」という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「コインチェク(Coincheck)」で購入してみましょう!(オススメ!)

ビットコインとは

 

ビットコインとは「仮想通貨(暗号通貨)」の1つで、通貨やコインと言われてるように「お金」の一つです!

「お金」であるということは「円」「ドル」「ユーロ」などの法定通貨と取引することが可能で「通貨単位」も存在します。ビットコインの場合はBTC(ビーティーシー)と表記され、現在、日本円で「1BTC=40万円」で取引されています。

「仮想」から想像できるように、手にとって見える「円」「ドル」のように紙などで存在しているものとは違い、あくまで「仮想」でありインターネット上に存在し取引される「バーチャルな通貨」です!

ただし、インターネット上の買い物やデビットカードによる支払い(電気代など)にも対応している為、普通のお金の同等の価値を持っています。

ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインは「Suica」「PASUMO」「nanaco」のような電子マネーと同じように支払いに利用できますが、電子マネーとビットコインの違いは3つあります。

単位が「円」か「BTC」か

ビットコインは、電子マネーとは違い「独立した通貨」として存在しています。「Suica」や「 PASUMO」の単位はあくまで「円」であり、「円の代替通貨」として利用されています。
しかし、ビットコインの単位は「BTC」であり、「円」や「ドル」と同じく「お金そのもの」として存在しているのです。

世界中で利用できる

日本では、「Suica」や「Pasumo」のような電子マネーで支払いすることが可能ですが、海外の場合、まず日本発行の電子マネーで支払いができることはありません。

その点、ビットコインは、そもそも国境がなく、「世界中で一般的に使用されることを目的とした通貨」である為、海外でもビットコイン支払いに対応していれば使用することが可能です。

ICカードがあるかないか

基本的に電子マネーでは、ICカードが存在しています。電車に乗る際や、コンビニの支払いの際などICカードをリーダーにかざして支払います。しかし、ビットコインはICカードのようなものは、存在せず「ウォレット」と呼ばれるアプリを使用し、お店が「ウォレット」に金額を入力し、「アドレス」を習得。

そして、アドレスにビットコインを送金すれば支払いができます。

つまり、ICカードのような物理カードがなくても簡単に支払いをすることが可能なのです!

ビットコインとポイントの違い

ビットコインと「Tポイント」「楽天ポイント」などの一般的な仮想通貨は何が違うのでしょうか?結論から言うと「他者への譲渡が禁止されているか」「発行元が存在しているか」という点が大きく違う点です。

他者への譲渡・売買が禁止される

電子マネーやポイントなどは、原則として、他者への譲渡や売買が禁止されており交換価値(換金性)はありません。

また、ポイントに関しては利用先が決まっており、例え現金に交換するとしても「1ポイント=0.01円」など固定レートで取引されます。

しかし、ビットコインについては、円やドルと同じく利用先が決まっておらず、自由に売買することができ、譲渡なども可能です!また、為替と同じく価格は常に変動しており、ビットコインはとても貨幣的”な通貨なのです!

発行元が存在している

電子マネーやポイントというのは「特定の支払い先(Webサービスなど)」で利用先が決まっており、「Suica」ならJR、「楽天ポイント」なら「楽天」など発行元も決まっています。

しかし、ビットコインは、そもそも「発行元」という概念が存在せず、ビットコインに参加するメンバーの民主的な運営・信用の元になりたっている通貨となります!

ビットコインとクレジットカードの違い

MasterCardやVISA、JCBなどのクレジットカードは、基本的に使用した金額を一時的に建て替えてくれる仕組みであり、一言で言うと「借金」です。

しかし、ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)は、円と同じく”通貨そのもの”なので、支払いが承認されたタイミングで決済が完了します。

また、クレジットカードは利用者の「与信」に応じて、利用限度額が決定され、利用した額だけ「借金」として積み上がります。

しかし、ビットコインは”通貨”なので、借金のような枠はなく、ウォレット(財布)に入ってる金額以上の支払いはできません。

つまり、ビットコインはデビットカードに近く、支払いに使用した瞬間、銀行口座から代金が引かれる仕組みから「ビットコイン=デビットカード」と想像すると理解しやすと思います!

ビットコインの入手方法

ビットコインの入手方法は大きく分けて「取引所(販売所)で購入する」か「発掘(マイニング)」の2つがあります。

取引所(販売所)で購入する

ビットコインは、仮想通貨取引所と呼ばれる場所で購入するのが一番確実で安全な方法です!

仮想通貨取引所では、銀行で外貨(ドル・ユーロ)を買うような感覚で、簡単にビットコインを購入することがでたり、ビットコインを人に売ったりすることができます!

ビットコインをはじめとする通貨は、日本で本格的に扱われてから、歴史が浅いためトラブルが耐えない状況です!

トラブルを避けるためにも、ビットコインを買うのが初めての方なら、信頼できる取引所から、ビットコインを購入することをおすすめしています!

特に、個人的におすすめなのは「コインチェック」で、国内最大級の取引所で、登録が一番簡単であり、スマホアプリがものすごく使いやすいのでぜひ登録してみてください!

▼参考情報

コインチェック(coincheck)の口座の作り方

マイニング(採掘)する

ビットコインを入手する方法として、「マイニング(採掘)」という方法があります!

採掘という言葉は比喩であり、想像しにくいかもしれませんが、実際にやっていることは「ビットコインネットワークメンテナンス」のことです!

ビットコインは、送金ひとつひとつに「送金元の認証」「送金先の認証」「金額の確認」「二重支払い」など「送金が正しいか」チェックし、承認する仕組みがあります。

そして、「送信の記録」をブロックチェーンと呼ばれる取引データベースに追加する一連の作業を「マイニング(採掘)」と読んでいます!

また、マイニング(承認レース)は10分毎に行われており、見事1番はじめにマイニング出来た人に、報酬として「1回あたり12.5BTC支払われる」仕組みになっています!

しかし、今は承認作業が複雑になり、膨大なマシンパワーと電力が必要になるため、個人で参加するのは極めて厳しいので、取引所や販売所で手っ取り早く購入することをおすすめします!

初心者におすすめ!ビットコイン国内取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「コインチェック」です。

コインチェック」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェク登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一


コインチェックは、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

コインチェックの取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

コインチェック」は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗補填サービス

コインチェックは、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

▼コインチェックの登録はこちら!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!今なら、最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

※ビットフライヤーの登録方法がわからない方は「ビットフライヤー口座の作り方」の記事を参考にしてください!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitFlyer経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

▼ビットフライヤーの登録はこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

ZAIF(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

ZAIF(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

ZAIF(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

▼Zaif(ザイフ)の登録はこちら!

★おすすめビットコイン取引所ランキングはこちら!←Check!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る